静寂

ザーザーチャバチャバゴボンと川の流れる音。 暮色の中で襲ってくる孤独感はあの明かりから疎外された自分を愛おしく思うからなのだろうか... 間もなく川の音も闇に消えてなくなり、何もかもが夜のしじまに引き込まれていった。
e0038420_533838.jpg

[R-D1s]
by scottts | 2009-06-18 00:14 | ELMARIT 28/2.8 | Comments(26)
Commented by Jun at 2009-06-18 00:26 x
不思議な写真ですね。物語の絵のようです。
奥の光は森のお姫さまのお城のようですね。
空も川も雲も木々も全部印象的です!
Commented by nontan91 at 2009-06-18 00:46
凄いですね、この長時間露出は!
水の感じからすると30秒近くやってたのでしょうか、という技術的なものはどうでもよく
このシーンを選んで撮ったということがすごいです!
それにしても不思議でならないのは向こう岸の建物、なにがあるのでしょう?
レストラン?いや、種明かしはいいです、ただただこのファンタスティックな風景に
見とれていることにします^^
Commented by scottts at 2009-06-18 08:24
Junさん、日常で見ない景色は新鮮で不思議にみえることもあるんでしょうね。
スローシャッターで川の流れの描写もおもしろいですね。
Commented by scottts at 2009-06-18 08:29
のんたんたん、そのくらい長いシャッター時間だったと思いますよ。
向こうに明かりがあったので撮って見ようと思いましたが、他も結構きちっと写ってました。
川端に住宅が所々建っていますが、大きな家がおおいです。
Commented by yuki at 2009-06-18 17:47 x
scottts さん、こんにちは。
 非常に幻想的な情景ですね。 すばらしいです。

 久しぶりのR-D1sと三脚。
Commented by casta6c at 2009-06-18 18:02
とても美しい1枚ですねえ。
さすがDP・・・ちがった。^^;
Commented by tad64 at 2009-06-18 18:37
なんだか映画のワンシーンを見ているような素敵な画像ですね。
R-D1sと三脚ならではの画像なのでしょうね。↓のバラも含めて私の脳裏に
焼き付いて離れそうにありません。プロもびっくりでしょう!
Commented by tullyz2 at 2009-06-18 19:49
マジックタイムはいい写真が撮れるといいますが、こういう素敵な写真はなかなか撮れないです。
結構長い間R-D1を使っていますが、まだまだ能力を引き出してやれていないです。
もっといろんな撮影に挑戦しないといけないなぁと思いました。
Commented by eldora_dora at 2009-06-18 21:45
こんばんはぁ!
何が、物語の1ページを見てるような・・  頭の中に、写真とは別に、
明かりの奥で何が始まるかを、想像したくなりますね。。
写真も素晴らしいです♪
Commented by at 2009-06-18 22:05 x
こんばんわ。
幻想チックで、ハリーポッターの世界みたいな、
ピカソの青の時代のような、
素晴らしい、特A級の写真ですね。^^
Commented by chousan-drybox at 2009-06-18 22:15
以前音楽でお手伝いした芝居の「黄昏」を思い出してしまいました。
川ではなくゴールデン・ポンドでしたが。
三脚を持ち歩かないのでこういう絵は撮れそうにありませんが、きれいで
すねー。
Commented by yoshipass at 2009-06-18 23:50
こういった写真を拝見すると、三脚を持ってい歩かなくてはと思うのですが・・・^^;
素敵な写真ですね!
Commented by scottts at 2009-06-19 02:49
Yukiさん、おはようございます。 普段は三脚を持ち歩かないのですが、たまたま車に置いていました。
宵の頃の写真は色がおもしろいですね。 ありがとうございます。
Commented by scottts at 2009-06-19 02:53
casta6cさん、この時間の風景は魅力的です。
たまには他の機材のほこりも飛ばさないと^^。
Commented by scottts at 2009-06-19 02:56
タッドさん、宵の頃の写真は予期しない絵が撮れることがありますね。
目で見るのとはちがった色もでてきますし、おもしろいです。
有り難うございます、そこまで言っていただくと冗談かなと思ってしまいます。
Commented by scottts at 2009-06-19 03:00
tullyz2さん、カメラや機材はなるべく車に置いておくようにしています。 こちらは車移動が
主な行動手段ですからそれができますね。 とにかくあれこれ撮るように努めています。
Commented by scottts at 2009-06-19 03:04
eldora_doraさん、おはようございます。
私もこの明かりが気になり撮って見ようかと思いました。
なにか想像をふくらまされるものがありますよね。 有り難うございます。
Commented by scottts at 2009-06-19 03:06
bさん、おはようございます。 宵の時間は写真になると目で見るより不思議な絵がでてきますね。
そこからいろいろ想像を発展させるのはたのしいものです。 有り難うございます。
Commented by scottts at 2009-06-19 03:09
chousan-dryboxさん、そういうお仕事もされているんですね。
この時間は高級のカメラでないと手持ちで可能なシャッター速度には
ならないですから
固定するものがいりますよね。 有り難うございます。
Commented by scottts at 2009-06-19 03:13
Yoshiさん、普段は一脚ですが、車に三脚もおいていますのでこんな時間の撮影には丁度いいです。
有り難うございます。 Yoshiさんのように相当の距離を毎日歩かれるには
三脚の持ち歩きはつらいですね。 特製の肩掛けを作ってNaviくんに担いでもらうとか^^。
Commented by k7003 at 2009-06-19 04:54
scottts さんは怪人二十面相です。ある時は演出家、ある時は主役の俳優、またあるときは、映画館の観客・・・。♪
Commented by tamo at 2009-06-19 19:35 x
お伽の国にタイムスリップしたような、写真ですね!
妖精が現れそう!
Commented by scottts at 2009-06-19 22:22
NKさん、怪人二十面相ですか、明智小五郎ですね、いいですねえ。 七つの顔の男、
多羅尾伴内もいいですねえ。 とりとめもなく何でも写しています^^。
Commented by scottts at 2009-06-19 22:24
tamoさん、宵の写真は不思議な絵が表れることがおおくて
面白いです。 妖精ですか、もちろんいましたよ^^。
Commented by 音羽屋 at 2009-06-24 12:24 x
ああ、旅に出たい。
Commented by scottts at 2009-07-01 17:53
音羽屋さんは旅がお好きそうですね。
時には自分のいつもいる現実から離れるのもいいですね。
人生っていいもんだなあと思わせてくれることが多いです、私の場合。
<< 入り口 バラの輝き >>