DP1で写す黄昏

DP1もDP2も感じたままの風景を忠実に写し取ってくれる。 その風景を目の当たりにしているその時の心の動きまで描写に埋めてくれるこのカメラは、性能とかじゃなくて相性というか自分に合っているんだなあと思う。 まだ沈みきってない夕暮れの微妙な雰囲気は、風景の美しさと共に自分の人生の黄昏をも表現してくれているようだ。
e0038420_037217.jpg

by scottts | 2009-10-29 00:08 | DP1 | Comments(16)
Commented by nontan91 at 2009-10-29 00:43
そんな、人生の黄昏とか言わんでくださいよ~
あと50年くらいはがんばってください(笑)
そんなふうにスコットさんに言わせるくらいこのDP兄弟は感じたままを
忠実に写し撮ってくれますね、私ももうこれがポケットに入ってないとダメです。
Commented by scottts at 2009-10-29 01:15
のんたんさん、そうですね、まだまだがんばらないと。
小型カメラもいろいろ使ってきましたが、このカメラは性能とか技術とかとは別のレベルで
自分の感じたものをそのまま写し取ってくれるように思います。
Commented by k7003 at 2009-10-29 06:16
永遠のピーターパンとしてボクの励ましでもある scotttsさん、人生の黄昏なんて言っちゃあイヤよ。(*^^)v
遠景だけ淡く色付いているのが、イイ!
Commented by scottts at 2009-10-29 07:03
NKさん、いや~すみません、若い頃からギラギラ太陽より黄昏的な考え方や雰囲気が好きで
心は踊っていても沈んだフリをすることを楽しんでしまうようです^^。 お互いに
いつまでもピーターパンで行きましょうね。 黄昏名人のNKさんから学んだ撮り方です。
Commented by ramble-leica at 2009-10-29 08:10
いい色が出ていますね。
やはり、scotttsさんの色なんでしょうね・・・
Commented by top-to-toe at 2009-10-29 08:49
相性がいい一台があるってのはホントにいいですよね。
いい猟犬と一緒にハンティングしてるようなものですから。


私にとってはMZー3がそのような感じ(愛妻・相棒ですが相性がいいかはちょっとわからない。長年連れそってるからクセも何もわかるけど)ですが、
何せ博愛主義なので、相性悪いのを探す方が難しいです(笑)
Commented by scottts at 2009-10-29 15:40
ramble-leicaさん、赤くなる手前のこの薄い渋めの色はいいですね。
この頃合いの風景の色合いは好きです。
Commented by scottts at 2009-10-29 15:45
Saoriさん、とにかく軽く小さいので持ち歩くのも苦になりません。
そして思ったように写し取ってくれるので相性がいいのかなあと思いました。
自分の技術はともあれ、現像したときにこう写って欲しいと思ったような絵がでてくることが多いです。
Commented by tullyz2 at 2009-10-29 21:43
いい色してますねー。性能とかじゃなくて相性ってわかります。
大切なのは自分が納得できるかどうかってことでしょうか。
冬のイギリスって4時ごろこんな黄昏になって、そのまま9時ごろまで続くんですよね。黄昏からが長いんです^^
Commented by yuki at 2009-10-29 23:57 x
scottts さん、こんばんは。
 一瞬、モノクロームかと。
 わずかに残る空の色、ちょっとさびしいたそがれ時ですね。

 左の方にビル影が見えますが、シアトルの街でしょうか?
Commented by scottts at 2009-10-30 01:36
tullyz2さん、この時間の色は淡くていいですね。 相性がいいと感じるのは
向こう(カメラ)も自分を気に入ってくれているのだろうと勝手に決めているのですね^^。
イギリスでも仕事をされてたんでしたね。 淡く渋い色はイギリスの田舎的のイメージも
あるかなと思っています。
Commented by scottts at 2009-10-30 01:45
Yukiさん、おはようございます。
黄昏の薄い色はほとんどモノクロのようで沈んだ雰囲気ですね。
シアトル側に立ってますが、ビルはワシントン湖の対岸にあるベルビュー市(Bellevue)の街です。
私はあのビルから車で15分くらいのところに住んでいます。
Commented by yoshipass at 2009-10-30 14:56
scottts さんは、根っからのロマンティストですね。
キャプションも写真も(^^)
しかし、このカメラはよい色を出してくれますね。
でも、ボクがこのカメラで撮った感じとは全く違います。
個性が出ますね。
Commented by dysphagia at 2009-10-30 19:53
含蓄ありますね、そのお言葉。
やっとこ厄年の私は、そんな忠実な相棒を求め彷徨う旅は終わりが見えません。
Commented by scottts at 2009-10-31 00:22
Yoshiさん、ロマンティストでありたいと思いますが、なかなか。
現像ソフトがいいのか素直に気に入る色調をだしてくれます。
DP1の渋みがいいですね。
Commented by scottts at 2009-10-31 00:26
dysphagiaさん、これが相棒と思ったカメラは多いです。 カメラ屋さんのマーケティングや
写真をする人々の情報に右往左往していつも浮気をするんです。 このまま気が移らなければいいのですが。
<< 秋は絵描き屋 ゆっくり過ごしたウイークエンド >>