語り部

先日の「Rhythm」と同じ時に写したものだが、別の部屋の壁の象は草原の歴史を語ってくれているようだった。
e0038420_092589.jpg

[G1]



e0038420_8331026.jpg

by scottts | 2010-03-27 00:11 | SUMMILUX 35/1.4 | Comments(14)
Commented by shingai at 2010-03-27 13:13 x
無事帰られましたか!お疲れ様でした。
ちなみにフライトは何時間ぐらいなのですか?
Commented by Jun at 2010-03-27 14:33 x
動物園ではなく、普通の家なのですよね。
家に象の頭なんて信じられません。私なら
落ち着かなくて、草原へ返してあげたい!と
毎日思ってしまうかもしれません・・・・
写真としては影が絶妙で思慮深くて好きです!
Commented by scottts at 2010-03-27 15:28
shigaiさん、ありがとうございます。 短時間でしたが会うことが出来ましたね。 昨日帰りました。
気流の状態により飛行時間に差がでますが、今回はシアトル-成田が10時間半、成田-シアトルが8時間でした。
Commented by scottts at 2010-03-27 15:34
Junさん、まさか本物の剥製と思ってないでしょうねえ^^木彫りですが、よく出来ています。
頭から鼻の先まで1m半くらいある大きなものですよ。。
じっと見ていると本当に話しかけてくるようでした。
Commented by tullyz2 at 2010-03-27 18:27
お疲れ様でした。
別の部屋にもあるんですか^^ よほど好きなんですね、象さんが^^
木彫りとはいえ、こんな象と夜、対峙していたら落ち着きません^^
Commented by Jun at 2010-03-27 19:51 x
ヒェー!木彫りなのですか・・・・本物の剥製だと
思いました。写真の腕でしょうか・・・
こんなリアルな木彫りがあるのですね・・・・
Commented by nontan91 at 2010-03-28 00:32
しかし、絶妙な写りですね。
いったいこれだけ精巧な木彫りだといったいいくらするんでしょうか?
なんて考えてしまいます^^
Commented by scottts at 2010-03-28 08:18
tullyz2さん、まだ時差調整ができていません。 年々リカバリーが遅くなってます。
家全体がそんな雰囲気ですね。 アフリカは好きで年に数回行かれるので、
この方が落ち着くのでしょう。
Commented by scottts at 2010-03-28 08:34
Junさん、でしょう。 いやこの彫り物が実にリアルでした。
で、後ろ向いたら、、、来てました。 (写真追加)
Commented by scottts at 2010-03-28 08:36
のんたんさん、後ろ向いたらこんなのが来てました(追加)。
聞かなかったですが、これやっぱりハンドメイドだと思いますし、相当の値でしょうねえ。
Commented by yuki at 2010-03-28 11:51 x
scottts さん、おはようございます。
 作り物とは思いますが、迫力ありますね。
 本物の剥製だったら大変です。

 後からも迫ってきましたか? 象がよほどお好きなんですね。
Commented by scottts at 2010-03-28 16:30
yukiさん、こんばんは。 実によく出来てますね。
一刀彫りというわけにはいかないでしょうけど、アートですね。
暗いところで見たらどきっとします。 イメージで後ろにいるような。
Commented by oribeyaki at 2010-03-28 23:31
お疲れさまでした。
良い旅だったようですね。
「さよなら日本」は
少し涙が出て来そうです。
などと思っていたら・・・
いたずら好きですね〜^^:
Commented by scottts at 2010-03-29 00:22
oribeyakiさん、どうも。 時差も少しずつ回復しています。
私も涙もろい方で、あのような風景は写しながら胸が痛くなります。
そして、すぐずっこけるんです。
<< 街角 午後7時 さよなら日本 >>