義憤

e0038420_2351745.jpg

ここシアトルはアメリカインデアンのシアトル酋長の名前を付けている。 男はSeattle市をChief Seattle市(シアトル酋長市)と呼ぶべきだと悲しげに、怒りを露わに話す。 彼はシアトル酋長の部族出身のようで、崇拝する酋長をシアトルと呼び捨てにされるのが許せないのだ。 そしてシアトル酋長がいかに偉大な人物であったかを行き交う人々に向かって語る彼の斜め前方には、チーフ・シアトルの銅像があった。
[M8]



e0038420_81567.jpg

e0038420_824015.jpg

e0038420_831666.jpg

e0038420_84416.jpg

by scottts | 2010-08-23 00:09 | SUMMILUX 35/1.4 | Comments(16)
Commented by rollipop69 at 2010-08-23 00:38
こんばんは♪

scottsさんのスナップショットの真骨頂的なお写真ですね!
上にある写真どれをとっても、コメントと一致してて
この人の太く怒れる渋い(勝手な想像ですが)声が聞こえてきそう・・・。
Commented by scottts at 2010-08-23 08:03
rollipop69さん、こんにちは。 たまに腕を振り回してましたから写しているのが分かったらどうなるかと思いました。
彼の言い分もよく分かるような気がします。 声はご想像通りの声でしたよ。
Commented by nontan91 at 2010-08-23 08:30
やっぱりノーファインダーでしたか。
シアトルが酋長の名前だと言うのは初めて知りました。
確かにそうであれば、Chiefをつけてもいいのでしょうけど、
もうこれだけ長い間この名前に慣れ親しんできていれば
簡単には変えられないのでしょうが・・・
今回の写真はちょっと怖さを感じます。
Commented by hishiayame at 2010-08-23 09:30
5枚のショット
このかたの強い語りが凄く伝わって来ます!
本当にそう云っているのかは分かりませんが(笑
シアトルって酋長の名前だったんですね
知りませんでした、
Commented by yuki at 2010-08-23 11:50 x
scottts さん、こんにちは。
 ベンチに座っての、熱弁ですね。
   すべて、ノーファインダーとは・・・。  感ずいておられたかも^^。

 以前に、チーフ・シアトルの銅像を見せていただいたような・・・?
    シアトルの由来とか。
Commented by scottts at 2010-08-23 12:48
のんたんさん、これも1脚に乗っけて杖のようにしながら撮りました。 
こちら側に何人か立っていましたし、周囲は結構街の騒音がありましたから近くても気づかれなかったと思います。
地名ですから人の名前でも呼び捨てになってしまいますね。 彼はそれが堪えられないのでしょう。
Commented by scottts at 2010-08-23 12:51
hishiayameさん、この人はここによく来ているようです。 街の人にシアトル酋長のことを
よく知って欲しいようですね。 この土地もアメリカインデアンが多く住んでいたようです。
Commented by scottts at 2010-08-23 13:27
Yukiさん、こんばんは。 彼は話しに夢中でしたが、カメラは目の前ですからねえ。
一年ほど前にアメリカインデアンの話をしましたね。 とにかく彼らはプライド高い先住民です。
Commented by tullyz2 at 2010-08-23 20:36
そういう歴史があったのですね。
M8だとシャッター音が結構響くので気になりますね。
それにしてもノーファインダーでよくここまで撮れるものですね。
Commented by minton at 2010-08-23 22:03 x
日本の地名も、その生い立ちがあっての名前ってのがありますよね。
僕の住むところは田舎なので、面白いのがいっぱいあります。
苗字もそうですが、そこでなければ生まれない名ってありますものね。
Commented by scottts at 2010-08-24 08:18
tullyz2さん、そうなんですよ、ワシントン州は先住民の酋長や種族などから取った地名が多いようです。
ここは街の騒音がありますから、近くでも案外シャッター音が気になりません。 一脚を杖のようにして上から押しました、でも緊張しましたよ。
Commented by scottts at 2010-08-24 08:20
mintonさん、過去の歴史の中から付けた地名は多いですよね。
地名から歴史をたどるのも面白いかもしれません。 あ、それきっと面白いです^^。
Commented by Jun at 2010-08-24 09:57 x
スコットさんがインタビューしたのだと思っていました。
この一連の写真がノーファインダー(隠し撮り?)とは
信じられません。神業ですね。映画を見ているようです。
Commented by scottts at 2010-08-24 15:50
Junさん、こちら側に数人立ってました。 いろいろな表情やゼスチャーが撮りたくて
とにかくシャッターボタンを何度も押し続けました。 彼が気が付いていたかどうか分かりませんが。
Commented by kazu_seaside at 2010-08-25 23:14
つくづく思います。
僕は基本的に人を撮るということはしない人間でした。
scotttsさんの影響を受けて、ああでもないこうでもないと勉強しています。
僕にとっては、ご迷惑でしょうがscotttsさんは先生なのです。

本当に迷惑ですね(^_^;)ワンテンポおいてコメントしました。無視してください。
Commented by scottts at 2010-08-26 01:21
Kazuさん、被写体に「感じる」とき、カメラを向けます。 それが人であれば人間模様、
人生模様をなんとなく想像しながら、その人たちの雰囲気やその奧側が写真にでればいいなと思って写しています。
Kazuさんも最近は人のスナップもされてますね。 自然体でいいですね。
先生なんてとても恥ずかしいですが、なにかのきっかけになればうれしいです。
9月中旬、東京です。 メールしますね。
<< 木陰のあるベンチ 夏風景 >>