雨の野

小雨が降っていた。 濡れた草は既に冬を迎えているように所々枯れている。 そして間もなく朽ち、次の春に新しく生まれる芽の肥料になるのだろう。 その準備をしているのだと思うと枯れ草も愛おしく見えてきて、踏まないよう歩を進めた。 水を含んだ草や土の匂いが混じる野に身を晒して雨に濡れる感触は、まるでハーブシャワーで体を浄化されているようですっきりとフレッシュな気分になった。
e0038420_23584469.jpg

[M8]
by scottts | 2010-10-01 00:10 | ELMARIT 28/2.8 | Comments(18)
Commented by nontan91 at 2010-10-01 08:31
とうとうそちらもこんな季節になりなってきたのですね。
枯れた草が雨でびっしょり、倒れている様は、
今年雨が多く倒れてしまって稲刈りが出来なかったこちらの様子を
思い出します。
Commented by scottts at 2010-10-01 14:25
のんたんさん、こちらはこれから雨の日が多くなります。 
稲が雨で倒れている姿が想像出来ます。 そちらは過ごしやすくなりますね。 そして旬の食材が楽しみですね。
Commented by tullyz2 at 2010-10-01 19:45
今日の写真は妙に立体感を強く感じます。
色のせいかもしれませんが、だんだん秋も深まってきているのですね。
もうちょっとすると冬です。
夏が長かったので、秋は短いのかもしれませんね。急いで撮らなくちゃ^^
Commented by yuki at 2010-10-01 21:40 x
scottts さん、こんばんは。
 重たそうな鉛色の雲が立ちこめてますね。 雨が降っているのですか?
 自然は早や、冬を迎える準備に入りましたね。
Commented by kennyj1016 at 2010-10-01 22:55
こんばんは
天気の具合か厚い色味ですね。
こちらは先週の猛暑から一気に晩秋の陽気です、秋は1番好きな季節ですが・・ 今年は短そうで写真撮りに行きたい。^^
Commented by yoshipass at 2010-10-02 00:40
あ~!!凄い描写ですね。
ボクのELMARIT 28/2.8 と違う描写ですねぇ(笑)
絞りは、いくつでしょうか?
Commented by scottts at 2010-10-02 06:39
tullyz2さん、枯れ草のもこもことした立体感と雲の様でしょうか。
今年の秋は短くなるような気がします。 あっという間に色が変わっていくでしょうね。 冬の雪も撮って下さいね。
Commented by scottts at 2010-10-02 06:41
Yukiさん、こんにちは。 小雨ですが静かに大地を濡らしています。
秋の色を楽しむ時間がほしいですね。 美しくカラフルな季節ですもんね。
Commented by scottts at 2010-10-02 06:42
kennyj1016さん、こんにちは。 すこし重苦しくも思える雨の野ですね。
今年は色が変化するのが早いように思えます。 あっという間に冬が来そう。
Commented by scottts at 2010-10-02 06:50
Yoshiさん、ISO320で、1/3000、絞りは8だったと思います。
マニュアルでしたが空に合わせました。 もう少し濡れた雰囲気がほしかったのですが。
Commented by summilux55 at 2010-10-02 10:22
ずっしりした雲と草々が季節の変化を感じさせますね。
東京も雨ばかりです、、、。
Commented by top-to-toe at 2010-10-02 12:02
ただいまでーす!
Scottさん、イギリスの田舎風景よかったよー。
シアトルの写真見ててもいっつも思うのだけど、
やっぱりダイナミックな自然はいいですねぇ。沢山歩いて沢山撮りました。
羊や馬や牛に鳥。トラウトにリスに野兎。
見てるだけじゃなくて食べもしたけど(笑)

ところでナベ貞。彼の写真集見た事あります?
サックスもいいけど、写真の腕もいいですよー。彼の人間性がよく出てる気がします。
あんなおじいちゃん欲しい。(まぁ、本来は父親くらいの年齢ですけど。)
Commented by scottts at 2010-10-02 14:33
summilux55さん、早いスピードで秋が来てます。 あっという間に木々の色も変わりそうな気配です。
今年は台風は多く来なかったようですね。 雨が終わって美しい秋風景がみれますね。
Commented by scottts at 2010-10-02 14:36
Saoriさん、おかえりなさーい。 お元気そうですね。
いいですよねえ、イギリスの田舎。 堪能されたようですね。 写真楽しみにしてますよ。
ナベサダの写真集があるのは知りませんでした。 ぜひ見てみたいです。 偉大なアーティストが撮る写真、興味ありますねえ。
Commented by nori at 2010-10-02 21:37 x
やがて微生物の分解に身を委ね窒素肥料となる枯れ草に
愛情を注ぐscotttsさん、素敵です。
自然の浄化作用は、効果抜群ですぅ〜
Commented by dysphagia at 2010-10-02 22:28
本来は絵にならない季節なのに・・・ 素晴らしいです。
Commented by scottts at 2010-10-03 00:35
noriさん、いや~普段は辺り構わず歩くのですが、ふと小さな蟻がいとしくなったり、とかありますよね。
家でもできるだけ窓を開け、外気に触れるようにしています。 やっぱりその方が、暑くても寒くても気持ちがいいです。
Commented by scottts at 2010-10-03 00:39
dysphagiaさん、ありがとうございます。 一見複雑そうな描写でも雨で、枯れ草、空、そして薄い緑と濃い緑に
しっかりと境界線があって、見やすいシンプルな絵になってますね。
<< 通りの角にある小さなホテルのバー 湖畔に憩う >>