アイススケートリンク

1936年のクリスマスにオープンしたロックフェラーセンターのビルの谷間にあるこのアイススケートリンクは、毎年10月から3月までオープンしているという。 この写真を撮ったのは丁度始まった10月だったが、高層ビルの間にぽっかりできたオアシスのようで、ふっと深呼吸ができる空間だった。
e0038420_137812.jpg

[M8] MANHATTAN, NY
by scottts | 2010-12-11 01:38 | SUMMILUX 35/1.4 | Comments(18)
Commented by tullyz2 at 2010-12-11 09:46
いいシーンをとらえてますよね^^ 
ブレ具合も素敵です。
街中にあるので見物人も多いのでしょうか。
久しぶりにスケートリンクでも見に行ってみようかな^^
Commented by yuki at 2010-12-11 11:07 x
scottts さん、おはようございます。
 70年以上前からあるのですか? 
 冬の間、6ヶ月もすべれるんですね。 すてきな計らいです。
  真ん中の二人にまず目がいきます。
   そして向こうの子供たちに。
   万国旗もいいですし、その下で見ている人たちも。 
    
Commented by scottts at 2010-12-11 11:26
tullyz2さん、摩天楼の真ん中のオープンスペースというのが何とも粋なはからいですよね。
やはりウイークエンドは混み合うようです、夜になると大人が多くなるでしょうね。 この場所だと仕事帰りにちょっと、というのも出来ますね。
Commented by scottts at 2010-12-11 11:32
yukiさん、こんばんは。 そうなんですね、随分昔からNYの人たちに親しまれてきたのですね。 料金はそんなに高くないようですから、
手軽に遊べそうです。 四方の上から覗けますから、囲いに寄りかかってほお杖ついてボヤッと見ているのも楽しいでしょうね。
Commented by nori at 2010-12-11 12:18 x
1936年からですか?

ときどき映画やTVドラマに出てくるスケートシーンを懐かしく思い出しています
クリスマスのシーンだったかもしれない
幾度か観たような記憶があります(*^o^*)
Commented by nontan91 at 2010-12-11 13:01
あ、これが有名なスケートリンクですね。
都会の真ん中にこんなものを作ってしまうというのがえらいですね^^
ここはでかいクリスマスツリーは設置されないんでしたっけ?
10月から屋外でこの氷を維持していくのは大変でしょうね。
Commented by scottts at 2010-12-11 16:33
noriさん、1936年は暗い日本の頃ですね。 軍隊の若い将校達がクーデターを試みた2.26事件が丁度この年だったと思います。
片やアメリカは優雅だったんですね。 映画のシーンにもよくでてきましたよね。
Commented by scottts at 2010-12-11 16:40
のんたんさん、いいですよねえ。 プレイしても見ているだけでも憩いの場所ですね。 そうです、11月30日丁度この正面の囲いの向こう側に
特大のツリーがライトアップされました。 このリンクの維持費用はどこから捻出するのでしょうねえ。
Commented by k7003 at 2010-12-11 22:11
ちょうど今頃は、世界一高いクリスマスツリーが立っているはずです。世界一の記録はもう破られてるかもしれないし、電飾も最近はレーザーなどを多用してこれ以上の華やかなものも、上海やトキオにあるかもしれませんが、やはり、ラブロマンスなどでここのツリーが映ると、ウルウルしてきますね。(^_-)-☆
Commented by tad64 at 2010-12-11 22:48
1987年のサンクスギビングの時にここを訪れたので凄く懐かしく拝見しました。
丁度この夕刻にツリーの点灯式があると警備員が薦めてくれたのですが
時間的に余裕が無く見れなかったのが今でも心残りです!
このリンクの左側の地下カフェでお茶しながら滑っている姿を眺めていた紳士(?)も今は古希を迎えつつあります。
Commented by Jun at 2010-12-11 23:06 x
お礼が遅くなりました!膝撃ちのイメージがやっと
つかめました。写真は本当に奥が深いのですね。
ありがとうございました!赤坂のTBSも真似して
スケートリンクをオープンしたそうですよ。
Commented by でか at 2010-12-12 01:46 x
結構寒そうに見えるんですが、
みんな薄着なんですね。
滑ってる人だけじゃなくて、
上で見てる人たちも。

滑っているそれぞれの人たちにドラマがあります。
群像劇ですね(^^)
Commented by scottts at 2010-12-12 11:59
NKさん、そうですね、歴史とドラマが積み上げた光景はツリーの大きさや豪華さに関わらず不滅ですね。
それはヨーロッパの街並みと同じですね。
Commented by scottts at 2010-12-12 12:06
タッドさん、そうですか、もうそれから20余年にもなるのですね。 印象が深いところは、
思い出があれこれ繋がってでてきますよね。 その紳士は古希でも米寿でも白寿でもやはり紳士のままですよ。 
Commented by scottts at 2010-12-12 12:11
Junさん、よかった、感じをつかんでいただけましたか。 そんな風に写しています。
そうですか、冬の間に日本へ戻れたらその赤坂のリンクへ行ってみますね。
Commented by scottts at 2010-12-12 12:17
でかさん、10月中旬前でしたが、氷上は気温が低いでしょうね。 体温が低いのか皮下脂肪が厚いのか、
今でも町でTシャツの人を見かけます。 人々を写すとストップモーションが様々で、後で写真を見ると面白いです^^。
Commented by minton at 2010-12-13 01:34 x
ここを日本の企業が買った時は、なぜか悲しい思いになりました。
映画の中にも出てきたこの場所は、やっぱりアメリカの象徴のひとつです。
Commented by scottts at 2010-12-13 01:53
mintonさん、バブルの頃ですね。 こちらに居ましたから、アメリカ人の日本経済に対する反感は大きく、肩身が狭くなったのを覚えています。
その後ほとんどのビルがアメリカ企業に戻ったのですが、逆の立場で六本木や西新宿、丸の内あたりのビル群が他国に買収されたら
日本の人たちは不愉快でしょうね。
<< ツリーに魅入る子供 Some snapshots >>