五番街の五線譜

クラシック音楽には絶対音楽と標題音楽という二つの概念がある。 前者は作曲家の意図が純粋に音の構成で作曲された音楽、そして後者は物語などの描写性をもつ音楽でそれぞれの鑑賞の仕方があるようだ。 私の場合は絶対音楽の部類に入っている曲でも、聴く時の自分の環境や気分でイメージを膨らませて勝手に標題的表現を加え歌詞をつけてしまう。 これはクラシック音楽論の大家から見れば邪道な鑑賞の仕方らしいが、それが自分なりの楽しみ方だ。

私の撮る写真は標題音楽だろう。 光、影、構図、色も気に入ればそれがシャッターボタンを押す直接的動機だが、風景も街スナップもそこに物語を感じその場面を切り取りたくなるのが本意だ。 逆にそういった描写性を感じなければレンズを向けることはない。 ただこれはそこにある実際のストーリーとは違うかも知れない全く身勝手な内容を描写しようとしているので、写真に付けるタイトルやキャプションは時として見る人の自由な発想を限定してしまう。 写真の表現の自由性をなくさせてしまうことにもなるので、押しつけがましい説明を書くかどうか悩むことがある。 しかし撮ったのは自分の思惑なので、この気ままな想像を発表するのも許されることなのかもしれない。

特に今日のシーンの場合、この二人の表情は深く、その奥に隠されたストーリーを想像し、それを語りたい誘惑には勝てず下に記すことにした。 それがこの一瞬を切り取りたいと感じた動機だからだ。 勿論ファインダーからは暗い被写体を詳細に観察することも出来ず、写真を現像した後ゆっくりと彼らの表情を読み取るまでは具体的な思いはなかったが、感覚的にそれを感じてレンズを向けシャッターボタンを押したのだろう。
e0038420_3272659.jpg

[M8]




実はわたし..他に好きな人ができたのよ、ごめんね、と苦しそうな表情で告白しだした彼女。 あなたと付き合いだしてもう5年にもなるかしら、とても楽しかったしいろいろ教えてもらったし...本当に有意義な時だったわ。 今でもあなたが好きよ。 一生忘れないわ。 彼、無言。 私なんかよりもっとすばらしい人を早く見つけて幸せな人生を送ってほしいと心から願っているの。 彼、無言。

相手の反応をさぐりながら彼女はここを乗り切れば、彼より魅力的なあの人と明日からは大手を振って付き合えるのだと心から湧き上がる喜びと期待を隠すのに必死で、緊張して乾いてくる唇を湿らすのに何度もビールの瓶を口に運んだ。

一方、気落ちした感じで伏し目がちに話を聞いている彼の目尻が少しゆるんでいる。 彼女を逃がした不甲斐ない自分をあざ笑う自虐的な表情なのか。 いやそうではなく実は彼が同じように切り出したいと思っていた話を、彼女が先に始めたのだから彼にとってこれほど都合がいいことはないのだ。 ここは貸しをつくっておこうと、なんとなく優位にたった薄いほほえみだったのだ。 数ヶ月前、彼は結婚したいと思う新しい女性と密かに付き合いだしたのだから。
by scottts | 2010-12-19 03:35 | SUMMILUX 50/1.4 | Comments(22)
Commented by nori at 2010-12-19 09:18 x
本当の事を書きますが
写真を見た瞬間にボクも男女の深いドラマを感じ取りました
しかしこのように具体的に言葉にできるほどではありませんでした

それをテキストに仕上げるscotttsさんカッコ好いです
じつは女性がにはもうひとつウラが合ったりして^^

序文にもほれぼれ
少しでいいから今度爪の垢をくださ〜い
Commented by tullyz2 at 2010-12-19 11:12
二人の微妙な表情が勝手な妄想を膨らませますね^^
たまにどういう関係だろうと思うこともありますが、
ここまで書くことは無いですねぇ^^ 
外国の人のほうが表情が豊かゆえかもしれませんね。
Commented by scottts at 2010-12-19 12:49
noriさん、この写真はどうしてもいろいろな想像を発展させてしまうでしょう。 本当はどんなでしょうねえ。
もうすこしすっきりしたストーリーになればいいですが、これがストレートな印象です。 そう、まだ何か裏に潜んでいるかもしれません。
読んでいただいてありがとうございます。 すこしもたついた文章ですね。
Commented by scottts at 2010-12-19 12:52
tullyz2さん、やはりそうですよね。 なにか意味深な二人の表情はきになります。
もう少しハッピーな想像をしてあげたら良かったですね。 もっと楽しそうなストーリーを考えてあげてください。
Commented by tamo at 2010-12-19 16:47 x
スコットさんのコメントも写真と同じくらい
感性豊かで好きです!
今回のコメントは私は男と女の逆バージョンを想像しています。
Commented by ramble-leica at 2010-12-19 17:10
むん・・なるほど、そうだったんだ!
Commented by dysphagia at 2010-12-19 20:48
見る人にストーリーを妄想させる写真を撮ることができるのは素晴らしいことです。
写真を見れば感じますが、それを自分が撮れるかというと・・・
Commented by yuki at 2010-12-19 21:02 x
scottts さん、こんばんは。
 わたしは短編小説を先に読ませてもらいました。
 途中、どんな写真だろうなーと思いをはせながら・・・。

 読み終わって、うーん なるほど と、うなずいた次第です。
Commented by Hologon158 at 2010-12-19 21:57
見た途端、エドワード・ホッパーを思い出しました。
ははーん、ホッパーもscotttsさんと似た光景を見て、
似たような感興にかられて、絵筆を取ったんだな。
2人が何を語り合っているか、神のみぞ知るです。
写真は一瞬を切り取るものだけに、
その一瞬の表情から、2人の関係を読み取るというのは無理。
でも、写真になってしまうと、自由に想像の翼を羽ばたかせることができる。
だから、面白いですね。
この瞬間の表情では、男はもう退却の道を歩き始めていますね。
そう感じさせるのは、scotttsさんのマジック。
Commented by minton at 2010-12-19 22:57 x
写真にストーリーを感じるというのはいいことだと思います。
僕もそういう写真を撮りたいと思います。
人をいれることでそれは強くなります。
見る側もそこに自分を写しているのかもしれません。
Commented by nontan91 at 2010-12-19 23:24
あのですね、私の写真も標題音楽なのだと思うのですが、
実は絶対音楽的写真に限りない憧れを抱いてるのです(笑)
でも撮れないのですね、感情移入できるような写真が好きですが、
アブストラクトだって描いてみたい(笑)
このスコットさんの想像されるストーリーはいつも面白くて好きなんですよ。
ははあ、なるほどこういうふうにみれば面白いのだな、と妙に納得してしまいます(笑)
ヴィヴァルディの四季なんかも、それぞれにつけられた詩のおかげで
音楽を聴きながら、スープがコトコトなんていう情景が浮かんできますものね^^
Commented by scottts at 2010-12-20 04:01
tamoさん、ありがとうございます。 だらだらと書いてしまいましたが、そう言っていただけるとうれしいです。
う~ん男女の逆バージョンもありですねえ、いろいろなシチュエーションを想像してくださいね^^。
Commented by scottts at 2010-12-20 04:03
ramble-leicaさん、写真を撮る動機は様々で一定していませんが、そんな感じでカメラを向けることは多いです。
この男女の本当の物語はどんなでしょうねえ。 勝手に想像されて迷惑でしょうね。
Commented by scottts at 2010-12-20 04:07
dysphagiaさん、それをこうして書いてしまうと、見る人の興味が削がれることもあるでしょうから
今回のようなキャプションを付けるのもどうかなとも思ってます。 被写体からそれを感じればカメラもそれを写してくれると思います。
Commented by scottts at 2010-12-20 04:11
yukiさん、読んでいただいたのですね、ありがとうございます。 まったくもって勝手な想像で
この男女には失礼なことだったかもしれません。 というよりそれが真実でもここまで公に言っていいものか、と...
Commented by scottts at 2010-12-20 04:34
Hologon158さん、よくぞエドワード・ホッパーを持ち出してくださいました。 大好きな画家のひとりです。 
彼の絵は風景でも街でも人でもドラマが背景にありますね。 おっしゃる通り、その感興にそそられて絵筆をとったように思わされます。
レベルは違いますが、カメラを向けようとする発火点は同じようなものかもしれません。
写真になった後、そのストーリーがより具体的に組み上がる、或いは撮った動機とは違うドラマが立ち上がる時もあります。
それがまた面白いですね。
Commented by scottts at 2010-12-20 05:14
mintonさん、撮り方によっては真実をまげるように写ることもあるかもしれません。
ということで、報道写真ではなく小説の挿絵のような感覚で写真をとるようにしています。
Commented by scottts at 2010-12-20 05:19
のんたんさん、同じです、あの無機質な中からほとばしりでる美しい旋律やリズム、
絶対音楽のような写真がとれたらいいですねえ。 アブストラクトも興味があります。
ストーリーが描写されていると音楽でも写真でも聴きやすいし見やすいし、そこからの発想の展開も楽しいですし。
Commented by Jun at 2010-12-20 10:35 x
ドラマなんですね。スコットさんの想像力に脱帽です。
私は単純に「ナポレオン・ソロに似ているイケメンだ」と
思ってしまいました。男性の憂い顔も良いですね。
女性がイマイチなので振られて彼も秘かに嬉しい
のかもしれません・・・・
Commented by scottts at 2010-12-20 16:08
Junさん、二人の表情を見ているといろいろ想像してしまいますが、
少しいじわるなストーリーでしたね。 女性もなかなか賢そうだし魅力的、男性も優等生風ですよね。 さあこの勝負どうなりますか。
でも、結婚式に誰と誰を呼ぼうかなんて、実はハッピーな話をしているのかもしれませんよ。
Commented by k7003 at 2010-12-21 03:02
夜中にストーリーを読んでPC消して、ベッドに戻りましたが、この二人のドラマを自分なりに書き直して、寝付けず、悶々とすること1時間余り、また、起きだしてきて見直しています。そうか、男をそこまで深く読むか、scotttsさん。なるほど。さすがぁ。(^_-)-☆
Commented by scottts at 2010-12-21 07:18
NKさん、睡眠を妨げたようでごめんなさい。 今回はすこしひねくれた見方をしましたねえ、でもこの男性の微妙に含み笑いを我慢しているような表情が気になり、このようなストーリーに至りました。 その結論としては、両者がそれぞれ行きたい方向へ問題なく歩み出せるのですから、それでいいのかもしれません。
<< 街はずれのレストラン 冬枯れ >>