食事をする老人

e0038420_215861.jpg

[M8]
by scottts | 2010-12-25 02:15 | SUMMILUX 35/1.4 | Comments(24)
Commented by evecookymama at 2010-12-25 05:25
scottts さん
寂しい写真です。「人間生まれてく来るときは1人・・死ぬ時も1人」
私は、食事作りが大好きです。それも、夫に食べてもらい「美味しい!」
の笑顔がほしいから・・数年前親友がなくなり、残された、あのわがままなご主人もTVを相手に一人食事をされているようです。
思うのです。1秒でも、夫にさみしい思いをさせたくない。
だから、1秒だけ長生きしたいと・・
この老人にも、神のご加護がありますように。。。
ごめんなさい。写真をみてあまり寂しくなったので、それだけいい写真です。メリークリスマスscottts さん
Commented by scottts at 2010-12-25 05:49
evecookymamaさん、実に的確にこの写真を見ていただきました。
この老人の背後にある事情は言わなくとも、表現したかった描写を感じていただけてうれしいです。
そしてご主人を思われる深いお心に感動しました。 又、彼にもJoyの願いをお送り下さって、ありがとう。
Merry Christmas to you too!
Commented by Jun at 2010-12-25 10:34 x
メリークリスマス!
家族の中の孤独と、一人の孤独を考えさせられました。
私は横の椅子が気になって、テレビを見て一人で食事
する孤独よりも、不在の存在と仲良く食事をしているように
感じました。背中が寂しそうですけれどね・・・・
でもどうしてこの光景を撮れたのでしょうか。カメラを
意識していない自然なたたずまいに胸を打たれました。
Commented by scottts at 2010-12-25 17:10
Junさん、メリークリスマス! 
なるほど孤独もいろいろな状況がありますね。 独りになった暫くを克服すれば、本人の気持ち次第でその環境での
生活の立ち上げもできるようになるのでしょうか、そうあってほしいと思います。
Commented by nihon-burari at 2010-12-25 17:24
日本ブラリと申します。いつもページ拝見させて頂いています。
よろしければ当ページにもお立ち寄りください。
Commented by shatome at 2010-12-25 18:28
scotttsさん、こんにちは。
日本と違って子ども世代と同居しないといいますが、一人になってしまっては寂しいことでしょう。
以前ある人が「長生きしたっていいことないよ。知っている人が皆いなくなっちゃうんだから。」と言っていました。
時間を共有することの意味を考えさせられました。
Commented by yuki at 2010-12-25 20:17 x
scottts さん、こんばんは。
 寂しい写真ですが、わたしは温かみを感じます。
  撮り手のこころがかよっているからでしょうか?
  右の椅子が気になります。
Commented by tullyz2 at 2010-12-25 20:26
深い一枚ですね。
こういう写真を撮るチャンスにはめぐり合いません。
最近の日本の状況を思うといろいろと考えさせられる一枚です。
でもこの老人もクリスマスを喜んでいるのでしょうね。
長生きはいいものです^^
Commented by yoshipass at 2010-12-25 23:56
孤独な時間の流れを感じるか、ゆったりとしたご自分の時間を楽しむと感じるかは、
そのときの見る側の状況によるのかもしれませんが、背中のラインが・・・
Commented by nontan91 at 2010-12-26 01:37
いったいどういう状況なのかわかりませんが、
↑のyoshiさんと同じ感想を持ちました。
美しい瞬間を切り取ったようにも見え、寂しさの極みを見せつけられたようにも思え。
いろいろと考えを巡らすことのできる写真です。
Commented by scottts at 2010-12-26 02:07
nihon-burariさん、来ていただいてありがとうございます。
そちらにも寄らせていただきます。
Commented by scottts at 2010-12-26 02:12
shatomeさん、おはようございます。 そうですね、こちらは早ければ高校を卒業すると子供は家をでて自立しようとします。
その後、妻や夫に先立たれ独りになることは多いですね。 社会と交流をいろいろな方法でし、孤独感がないよう、
生活を楽しむ工夫をしますが、家ではひとりですからねえ。 でもそれが人生のプロセスと当たり前のことのように受け入れます。
Commented by scottts at 2010-12-26 02:15
yukiさん、おはようございます。 この老人の心の内は分かりませんが、いろいろ思わせるシーンですね。
おっしゃるように空席が気になりますね。 一人の生活を楽しんでおられるよう願いたいです。
Commented by dysphagia at 2010-12-26 02:38
寂しい背中ですが病的ではないですから、これが人生と思うしかないのでしょう。
自分は将来受容出来るのであろうか、今から心配です。
Commented by scottts at 2010-12-26 04:13
tullyz2さん、日本は長男が両親と同居して家を継いでいくという習慣がまだあるんでしょうか。
いつも賑やかでそれもいいかもしれませんね。 あるいは一人で新たな生活をエンジョイする生活スタイルを築くのもありですね。
Commented by scottts at 2010-12-26 04:17
Yoshiさん、おっしゃるようにその環境のなかで自分なりの生活を築き、
充実した毎日を送れるようにしなければなりませんね。
写真は淋しそうな孤独感もありますが、この老人の本心はどうなんでしょう。
Commented by scottts at 2010-12-26 04:23
のんたんさん、この写真は老人から孤独感を感じることもでき、或いはゆったりと自分の時間を平穏に過ごしているようにも見えますね。
どちらにせよ、何れ来るかも知れない様々な環境にスムーズに対応できるような心づもりと積極的な生活態度が必要であるということでしょうか。
Commented by scottts at 2010-12-26 04:29
dysphagiaさん、この写真からはこの老人の背景について様々な想像ができますね。 孤独の淋しさか、ゆったりと平穏な生活感か、
何れにせよ将来自分にも起こりうる生活環境の変化にスムーズに対応できる心の準備と楽しいリビング環境を築ける積極性を養いたいです。
Commented by dadamum at 2010-12-26 15:01 x
すぱらしい写真を拝見させていただいて本当にありがとうございます。
感動するぱかりです。韓国から....
Commented by scottts at 2010-12-26 15:11
dadamumさん、来ていただきましてありがとうございます。 また寄ってくださいね。
同じものかと別のを削除してしまいましたが、それでよかったでしょうか、すみません。
Commented by minton at 2010-12-26 15:31 x
写真に物語があるようなそんな写真。
そこに居合わせたscotttsさんは、どんなふうに撮影していたんだろうか。
そんなことを考えてしまいました。
Commented by scottts at 2010-12-26 17:18
mintonさん、いろいろ想像させられますね。 この老人の姿をネガティブにとるか、ポジティブにとるか、ですね。
この時は事前に距離を目測設定しておいて、構えて即シャッターボタンを押しました。
Commented by kennyj1016 at 2010-12-27 00:43
こんばんは
なんとも いろいろ考えが浮かびますが・・ シュールです。
TVドラマのWITHOUT A TRACE FBIとかThird Watchの一場面を連想しました。
Commented by scottts at 2010-12-27 02:25
kennyj1016さん、おはようございます。 日本でアメリカのテレビドラマが多く見れるようですね。
テレビをあまり見ないんで、日本からいい情報を聞いてビデオレンタルなどで見たりしてます^^。
この場面は様々な状況が伺われますよね。 厳しい現実の背景も想像出来ます。
<< Distance ワシントン湖西岸よりベルビュー... >>