ジャクソン通りのカフェ 窓

e0038420_1321019.jpg

[M8]
by scottts | 2011-01-20 01:32 | ELMARIT 28/2.8 | Comments(24)
Commented by thejetmole at 2011-01-20 01:42
scotttsさんの街角スナップ、実にいいですね!
物語が見えてきそうだし、この作品も無言の会話が聞こえてきそうです
Commented by scottts at 2011-01-20 03:21
thejetmoleさん、画像の内容が様々で面白いですね。
この辺りはオールドタウンで落ち着いた雰囲気が好きです。
Commented by evecookymama at 2011-01-20 06:56
scotttsさん
↓のカフェと同じお店ですね。お店の中、ガラスに映る街の様子が同時に見える1枚・・アルミ製のテーブルの空席も物語に一役買いそうな写真です。ネ
Commented by at 2011-01-20 10:00 x
こんにちは。
ツァイガイストって、いうのでしょうか? 
テーブル、イスの質感、冷たそう。中のお客さんは、おしゃれで暖かそう。 いいですね~。
Commented by nontan91 at 2011-01-20 14:03
Zeitgeist、映画の題名からとったのでしょうか?
だとするとこのcafeが出来たのは2~3年前なのでしょうか。
二人の様子、窓に写る町の景色に惹かれます。
Commented by scottts at 2011-01-20 15:42
eveさん、そう、同じ店の入り口のすぐ横の窓です。 映る古い町の様子が見えますね。 外は寒いですよ。
Commented by scottts at 2011-01-20 15:52
bさん、こんばんは。 どう発音するのでしょうか、日本語訳ではツァイトガイストというようですね。
今の季節はこの椅子に座ると冷えてしまいそうですね。 やはり中がいいです^^。
Commented by scottts at 2011-01-20 16:01
のんたんさん、この店は10年以上前にオープンして以来アーティストを支援しているアートこだわりのカフェです。
光の具合で外の景色もよく見えますね。
Commented by tad64 at 2011-01-20 18:36
スコットさんお得意のお写真。ウインドーに写っている建物も又素敵です。
ジャクソン通りの雰囲気がこれで全てを物語っていますもの。
Commented by jun at 2011-01-20 19:28 x
どのスナップも映画のシーンのようで、
拝見しながらため息が出てしまいます。
お洒落ですね・・・・
Commented by tullyz2 at 2011-01-20 19:35
縦と横のラインにうまくいろんなものが配置されていて、
モンドリアンの絵画みたいな印象を持ちました。
撮影者の姿が反射していないのはうまいですねぇ。
やっぱりよく言われている「scottts透明人間説」は正しいのかも。
「時代の精神」って映画のタイトルなんですね。
ネットで見たらギャラリーみたいなこともやっているし。
scotttsさんの写真展は無いのかな・・・
Commented by hishiayame at 2011-01-20 21:08
一枚の平面の写真なのに
まるで3Dのような写真。
街の風景と時間
そしてカフェ憩う人たちの人間模様まで写す
透明人間scotttsさんのなせる技でしょうか。
Commented by kazu-m at 2011-01-20 21:33 x
デザイン的でもあり情緒的でもあり。
scotttsの撮られる写真は見れば見るほど奥が深いですね~
なるほど、透明人間であらせられましたか(^^)
Commented by ramble-leica at 2011-01-20 22:00
scotttsさん、得意のスナップ!
この雰囲気がなんともいえません。
Commented by yuki at 2011-01-20 23:30 x
scottts さん、こんばんは。
 いいですね^^。  
 ↓ のショットの 2分後ですね。
  ほんとうにいろんな物が写っていて見飽きません。
  右のいかした男性のしぐさもいいですね。
  ウインドウの白熱電球のマーク、おもしろいです^^。
Commented by scottts at 2011-01-21 03:14
タッドさん、こちらにいらっしゃった頃はこのパイオニアスクエア辺りもよく歩かれたでしょうね。
窓に映る風景がそれですよねえ。
Commented by scottts at 2011-01-21 03:16
Junさん、新しくおしゃれ、古くおしゃれがありますが、この辺りは古くてオシャレの方ですね。
歩いていると時代を遡ったように感じることが多いです。
Commented by scottts at 2011-01-21 03:22
tullyz2さん、縦横のラインがでましたね。 町も窓に収まってくれました。自分の姿が写ると邪魔なので、
女性の前に立ち溶け込みました^^。 透明人間、面白いです。 社会問題を問うドキュメンタリー的な映画もあったのですね。
このカフェはアートに関心が高いようです。 自分の写真のコンテスト出品や写真展などは経験がないのです。
Commented by scottts at 2011-01-21 03:27
hishiayameさん、画面のなかにあれこれといろいろ入っていて面白いですよね。
時間、人間模様まで感じていただけたら写真冥利につきますよ。自分の姿が写らないよう、女性の前に立ちました。
Commented by scottts at 2011-01-21 03:29
kazu-mさん、デザイン的、情緒的、、、、うれしいお言葉です。
なんやかんやと写っていて、楽しい写真になりましたか。
女性の前に立ち、影を女性の体の中へすべりこませましたよ^^。
Commented by scottts at 2011-01-21 03:31
ramble-leicaさん、古い町のカフェの雰囲気が出ていればうれしいです。
落ち着いた町で時間つぶしにいい場所です。
Commented by scottts at 2011-01-21 03:35
yukiさん、おはようございます。京都のたつみ橋界隈のように、ここはパイオニアスクエアと呼ばれる
シアトル発祥の古い地区でゆったりと時間が流れています。この店のロゴ、面白いですね。
店名と相まって、時代の流れを発信しているという意味ですかねえ。
Commented by shatome at 2011-01-21 19:31
女性は真剣(ちょっと憂鬱なの?)に、男性はリラックスしているように見えます。
その人その人の事情はさまざまなのでしょう。そして時間が流れているのでしょうね。
Commented by scottts at 2011-01-22 02:48
shatomeさん、この女性、ラップトップコンピューターをしながら時間を過ごしているようですね。
この空間の中ではそれぞれが自分の生活に関わる物事を考え、楽しむ人、悩む人など様々な時間なんですね。
<< 寛ぎの時間 ジャクソン通りのカフェ >>