農家

e0038420_0213431.jpg

[M8]
by scottts | 2011-04-13 00:21 | ELMARIT 28/2.8 | Comments(20)
Commented by k7003 at 2011-04-13 01:52
中学生の頃、「泰西名画集」という本をアルバイトで稼いだお金で買ったとき、1ページめにあった上質アート印刷の「英国湖水地方」を思い出します。誰の作かは覚えていませんが、「泰西」の字が懐かしく。(@^^)/~~~
Commented by scottts at 2011-04-13 04:49
NKさん、なるほどその頃からアートに興味をもっておられたのですねえ。特に昔の西洋風景名画は静けさ、落ち着き、安らぎなどを感じさせる絵が多いですね。
Commented by ramble-leica at 2011-04-13 08:12
静かですね!小川のせせらぎと小鳥のさえずりしか届いてきません・・・
Commented by Jun at 2011-04-13 11:07 x
この家は廃墟ですか?アメリカはすぐペンキを塗りたくるので
このレトロな雰囲気が珍しくて素敵です。ちゃんと車にスコット
レッドがスパイスのように入っていてスゴイ!
Commented by scottts at 2011-04-13 15:07
ramble-leicaさん、天気は薄曇りで、より静かな風景でした。
たまにこのような田舎に来て深呼吸をするのはいいですね。
Commented by scottts at 2011-04-13 15:11
Junさん、どうなんでしょう、相当くたびれた感じの家ですが、中はぴかぴかだったりするかもしれません^^。
後ろに新しい家があるようですが、どちらも現役かもしれませんね。たまたま赤いピックアップトラックがとまってましたね。
Commented by evecookymama at 2011-04-13 17:29
scotttsさん
このおうちの風景を・・
大きな薪ストーブの上にのっているのは、これままた大きなお鍋にポークビーンズが「くつくつ・・」と煮えています。ママはパンの準備です。小さな子どもも大きなテーブルにお皿を並べています。「これはパパ、このお花のお皿はママ、この小さいのは僕・・♪」歌が聞こえます。パパは
新しい薪をくべています。のどかな家族の食事の用意ができました。
Commented by tullyz2 at 2011-04-13 18:51
絵になりますねー。遠くまで見える空も素敵です。
信州は高い山に囲まれているので、遠い空って無いんです^^
控えめな色のトーンがイギリス風にも思えます。
Commented by nori at 2011-04-13 18:53 x
あるんですね
しかもBSアンテナがあって現役にみえます
萌える木の芽や草に映えてscotttsさんが撮られると素晴らしい絵画になってしまいます
納屋では枯れ草の中で戯れる子供たち
お料理はeveさんにお任せでしましょう
Commented by sofia at 2011-04-13 19:53 x
大草原の小さな家、(小さくないけど~)
そんなドラマでしたっけ?ありましたね。
まさにそんな感じ。
どこまでも続く地平線がアメリカらしい^^。
Commented by minton at 2011-04-13 20:43 x
端正な風景ですね。
Commented by nontan91 at 2011-04-13 22:17
拡大して眺めていますが、いい家ですね。
部屋の数もちょうどよさそうだし、地下室もあるみたい。
納屋もついてて、いうことなし!私の別荘にします(笑)
Commented by speedstar-dhy at 2011-04-14 00:26
美しい風景ですねえ。ホントに絵画的です。
背景にたたずんでいる赤いクルマが気になります(*^_^*)。
Commented by Scottts at 2011-04-14 04:53
eveさん、その情景が目に浮かんできました。開拓時代は家族の結びつきが強かったでしょうね。
力を合わせないと生きていけなかった頃ですねえ。その時代に感じる平和な日々は、現代の我々にはない強い幸せのフィーリングがあったのでしょうね。
Commented by Scottts at 2011-04-14 05:00
tullyz2さん、少し沈んだ風景ですが、落ち着いた環境が好きです。
そうですね、ヨーロッパ的にも感じるフィールドと家ですね。アメリカの田舎は本当にだだっ広い平地が多いです。
Commented by Scottts at 2011-04-14 05:06
noriさん、ありがとうございます。薄曇りの光が平均的に風景を照らし、落ちついた雰囲気を醸し出してくれていますね。
こんな家を皆で買い取って、ペンキも塗り直して補修し冷たいビールとeveさんの準備したおいしい夕餉をいただきながら疲れを癒す、うん、そうしましょう。
Commented by Scottts at 2011-04-14 05:10
sofiaさん、こうしてアメリカは開拓されていったのでしょうね。その頃の雰囲気があちこちの田舎で感じられます。
こういう場所にくるとアメリカの広さに自分が消えてしまいそうに思えます。
Commented by Scottts at 2011-04-14 09:51
mintonさん、すっきりした広大な風景はこちらの気持ちもオープンになりますね。
時には心に風を通すのもいいものです。
Commented by Scottts at 2011-04-14 09:57
のんたんさん、それがいいです。買っちゃいましょう。希望者を募って共同持ち家、みんなで磨いて修復してお気に入りの別荘ですよ。
ここを拠点に草原を踏破しましょう。川で魚を採り野菜を収穫して、持ち回りの料理というのはどうですか。
Commented by Scottts at 2011-04-14 10:00
speedstar-dhyさん、薄曇りの光も柔らかくフィールドに降り注ぎ、平和な日々が過ぎてますね。
赤いピックアップトラックでここを思い切り駆け回ったら楽しいでしょうね^^。
<< ラッパスイセン郷 マリーナ Anacortes >>