取り残された白鳥 日本

通常2月~4月にはシベリアへ帰るという。 既に群れは北帰行に旅立ち、何かの理由で一羽残ってしまった白鳥。 皆からはぐれて淋しかろう。 頑張って夏に耐え秋を越し、仲間が戻るまで生き残ってくれ。
e0038420_1511253.jpg

[M8]
日本での写真はここまでで、また以前のように隔日の更新になる。 短い滞在だったが、仕事の合間にM8、X1の試写も含め623回シャッターボタンを押した。 掲載できた写真は約3%だから歩留まりとしてはいい方かな。
by scottts | 2011-06-04 15:37 | SUMMILUX 35/1.4 | Comments(24)
Commented by yoshipass at 2011-06-04 16:10
おお!素晴らしい!!!
面倒な露出ですが、絶妙。

ボクのセレクトは、最近いい加減なのですが、知合いの写真家に「フィルム3本に1カット、つまり1/100あれば、御の字」とよく
言われたものです。
Commented by tullyz2 at 2011-06-04 16:30
和を感じる一枚ですね。
白鳥、軌跡、波。シンプルなのがとても味わい深いです。
最近は鳥インフルエンザのせいで白鳥はどこでも冷遇されています^^
Commented by bishamonjuku at 2011-06-04 16:37
ごきげんよう、塾長です。
愚息の写真もご覧下さり、ありがとうございました。

私も九州の田舎で一人強く生きていきます。
出来ることなら、より多くの波紋を広げながら。
Commented by minton at 2011-06-04 18:07 x
軌跡がなんとも美しい。
こんなふうに残るんですね。
モノクロにしたくなったお気持ち、十分伝わって来ました。
Commented by chousan-drybox at 2011-06-04 18:12
白鳥のトレースがいかにも寂しさ・孤独感を感じさせますね。
Commented by evecookymama at 2011-06-05 05:47
scottts さん
白鳥の軌跡がなんだかさみしさを余計に表しているようですね。
ホント・・ひとりはさびしい~
scottts さんも、日常に戻られるのですね。たまの日本、満喫されましたか?いつでもおかえりくださいね・優しい日本は待っていますよ。
Commented by scottts at 2011-06-05 08:29
Yoshiさん、ありがとうございます。白鳥が露出オーバーにならずにすみました。カラーにしたら無理だったと思います。
1%ですか、分かるような気がします。プロですと選択のレベルが比べものにならないほど高いのでしょうね。
Commented by scottts at 2011-06-05 08:32
tullyZ2さん、そう見ていただければよかったです。シンプルな構図は深みが難しいですね。
ああ、かわいそうに、鳥インフルエンザを運んできてしまうんですね。
Commented by scottts at 2011-06-05 08:34
塾長さん、こんにちは。息子さんの写真もいつかまとめて見たいです。
そうですね、どうぞ美しく広い波紋を作りながら進んでください^^。
Commented by scottts at 2011-06-05 08:38
mintonさん、軌跡もはっきり写ってくれるかなと思いましたが、少々力のない筋が撮れましたね。
そうなんですよ、これは白鳥の白以外は多くの情報はいりませんからモノクロでよかったですね。
Commented by scottts at 2011-06-05 08:41
chousan-dryboxさん、弱々しい軌跡が寂しそうですよね。
暑くなれば動きが更に鈍くなるでしょうから、エサをしっかりとれるかどうか。
Commented by scottts at 2011-06-05 08:43
eveさん、この軌跡が力強く一直線でしたらいいのですが、なんだかよたよたしている感じ、もう弱ってきているんでしょうか。
やっと現地のペースに戻りましたよ。日本があまり遠くならないうちに行きたいです。
Commented by k7003 at 2011-06-05 08:43
哀しいですね。でもさ、哀しみからこそ美が生まれるのです。と、納得しています。美しいショットです。
Commented by speedstar-dhy at 2011-06-05 08:45
このはかなげな水面の軌跡がとても味わい深いですね。
水面の表情が物語ることっていろいろあるのですね。
Commented by scottts at 2011-06-05 08:47
NKさん、哀しい美しさはゴージャスな美と異なる優しく細いものなんですね。ありがとうございます。
Commented by scottts at 2011-06-05 08:49
speedstar-dhyさん、この弱々しい軌跡がなければ、この写真がどんな表情になっていたのでしょう。
ちがうストーリーを語ることになっていたかもしれませんね。
Commented by ramble-leica at 2011-06-05 10:01
何か歩んで来た人生のようで、今は其の実積のも下、ゆったりと、そして優雅に大海を進んでいるようで気持ちがいい・・・
Commented by scottts at 2011-06-05 15:28
ramble-leicaさん、この白鳥のことですか。そうですね、あわてずさわがず、
まいペースということでしたら、いいですが。
Commented by Jun at 2011-06-05 23:06 x
白鳥の湖を想像させます。映画のブラックスワンを見て、
母と娘の葛藤や自分の殻を破るということを考えさせられ
ました。この白鳥もブラックスワンになるのでしょうか・・・
Commented by yuki at 2011-06-05 23:21 x
scottts さん、こんばんは。
 滞在中の仕事の合間に623回のシャッター、 すごいです^^。
 
 雨が降っているのでしょうか? 何となく寂しい情景です。
 カラーでも、ほとんどこんな感じでしょうね^^。
Commented by scottts at 2011-06-06 01:04
Junさん、ブラックスワン、良かったですね。この白鳥も何かあって孤立したんでしょうね。
来年は北国に帰れればいいのですが、この夏を越せれるどうか。
Commented by scottts at 2011-06-06 01:07
yukiさん、おはようございます。そうですね、思ったより多くシャッターボタンを押してました。
雨は降っていませんでしたが、風が強めに吹いてました。カラーでもこの風景は同じでしょうね。
Commented at 2011-06-06 08:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by scottts at 2011-06-06 09:43
鍵コメさん、ありがとうございます。今回は多く撮ることができました。
日本を見る目はまだ日本文化で育ったままで何を見ても奇異には感じません。と思っているのですが。
<< 色温度の妙 気と絆の狭間 日本 >>