色温度の妙

追記: 「色温度の妙」というタイトルを付けたのは、この天井の高いホールのようなレストラン(バレー劇場の中にある)を上の階のカフェから見ると、先ず目の前にある数々の大きな(広角レンズのため少しサイズが強調され、より大きく写っている)オレンジ色の味わいのある照明笠が目に入り、空間を押しつぶすのではないかとさえ思った。 しかし全体を見るとそのような感じはなくむしろうまくバランスのとれた美しい3次元の風景だった。 上にこんな色重量があって空間の均衡をとるものはなんだろうと見ると、その重みを支えるように壁を連続に走る、より強いオレンジ色の椅子と背もたれがあった。 そして壁にかかる、バレリーナを抽象的に描いた絵が中間のクッションになり、天井と壁の押さえた発色が全体を引き締めている。 この色彩(色温度)使いの妙に感動を覚えた。 暖かく包まれ、明るさがあるけど落ちついた雰囲気の中で人々は軽々と動き料理を楽しめる、 実にすばらしい技だと思ったのでこのように名付けた。
e0038420_19438.jpg

[M8]
by scottts | 2011-06-06 01:10 | ELMARIT 28/2.8 | Comments(22)
Commented by bishamonjuku at 2011-06-06 10:03
ごきげんよう、塾長です。
昨日ビデオ撮影で知り合ったプロカメラマン氏も「ビデオもカラーデジタルもホワイトバランスが決め手です」と仰っていました。
私好みの色温度を見つける道はまだ長く険しいようです。
Commented by chousan-drybox at 2011-06-06 11:10
天井の雪洞/提灯の色とスパンワイズな壁に並んだシートの色、古代
の壁画を思わせる絵画。Incandescent lightが効いてますね。
Commented by minton at 2011-06-06 12:37 x
造形としてとても美しい場所ですね。
人が入ったときの美しさを計算されているんでしょうね。
Commented by ramble-leica at 2011-06-06 18:16
M9の色温度、オートも大分使えるようになって来た感じがします・・・
この温度、やわらかいいい温度を・・・
Commented by hishiayame at 2011-06-06 19:12
灯りのオレンジと壁側のシートのオレンジが
ポイントとなった写真のように見えるけれど
実は、シートの色「レッド」
or「マゼンダ」という
色温度の妙^^ちがうかな。
それにしても
パンフォーカスのなせる技なのか
灯りの大きさの割に人の小さい事。
それもまた面白い写真ですね。
Commented by tullyz2 at 2011-06-06 20:53
広角で撮った大小のバランスが面白いです。
目で見るとすべてオレンジなんだけど写真を撮ると
ちゃんと色が見えてくるとかでしょうか?
Commented by speedstar-dhy at 2011-06-06 21:00
構図がおもしろいですね。
そして微妙な色の差がとても印象的です。
女性の服の色も含めて。
Commented by bell73221 at 2011-06-06 22:41
すご~い大きなレストラン・・・
お客様が満員だったら壮観でしょうね
ナイフとフォークの交響楽が聞こえそうです^^
楽しくて、刺激的です。
Commented by scottts at 2011-06-07 03:55
こんにちは、塾長さん。ホワイトバランスですか、なるほどと思わすプロのお言葉ですね。私の場合これが自分が特に好きという
はっきりとした意識はないですね、その時の自分のコンデション(精神的、肉体的な)によって変わっています。
Commented by scottts at 2011-06-07 03:57
chousan-dry-boxさん、おっしゃるようにいろいろな色合い、光の具合が
とてもうまく配合されていて感動的でした。
Commented by scottts at 2011-06-07 04:01
mintonさん、そう思いました。この大きな空間に色、光、テーブルや椅子の形や位置、
内装も含めてこれほどうまく配置できるのは優れたアーティストですね。
Commented by scottts at 2011-06-07 04:03
ramble-leicaさん、M9は撮り慣れてこられたようですね。
このあたたかな色がほしかったので、設定をいろいろ変えて撮ってみました。
Commented by scottts at 2011-06-07 04:06
hishiayameさん、追記しましたように、ドンピシャの当たりです。それを撮りたかったのです。ありがとうございます。
広角は近距離の被写体をいれると面白いですね。
Commented by scottts at 2011-06-07 04:09
tullyz2さん、広角は近距離の被写体をいれると画像が楽しくなりますね。
写した写真を見ると肉眼で気付かずに感じていただろうことも分かることがありますね。追記しました。
Commented by scottts at 2011-06-07 04:11
speedstar-dhyさん、広角レンズの面白さですね。
そして色のバランスや調合がとてもうまく配置されていて感動しました。
Commented by scottts at 2011-06-07 04:15
bellさん、バレー劇場の大きなレストランですが、この空間に響く音を想像すると面白いですね。
ナイフとフォークの交響曲、私にも聞こえてきましたよ。楽しいですね^^。
Commented by evecookymama at 2011-06-07 05:39
scotttsさん
バレリーナの絵に私は注目、軽やかなステップが聞こえてきました。
↑の方のナイフとフォークの交響曲の合わせて・・
Commented by yuki at 2011-06-07 10:32 x
scottts さん、おはようございます。
 面白いシチュエーションですね。
  抽象画に釘ずけ。 バレリーナですか。
  画面上部の照明と下部の人達との視角、おおきさの差が絶妙です。
Commented by scottts at 2011-06-07 16:08
eveさん、ナイフとフォークの交響曲にバレリーナの軽やかなステップ、
ああすばらしい、目に浮かびます。
Commented by scottts at 2011-06-07 16:10
yukiさん、こんばんは。広角レンズの絵作りは面白いですね。
こうして広い場所を撮ると、特に特徴が表れて楽しいです。
Commented by Jun at 2011-06-08 00:36 x
白鳥の写真でバレエを想像したら、この写真は
バレエ劇場のレストランだそうで、連続でノックアウト
です。写真からもバレエの動きやリズムを感じます!
Commented by scottts at 2011-06-08 00:40
Junさん、タイミングがいいでしょう^^。
それらしいレストランのデザインがすばらしいですよねえ。
<< これからの事 取り残された白鳥 日本 >>