Farewell, dear my friend!

こちらでは住宅を子が受け継いで親を世話し、また次の世代に引き継ぐという習慣はない。子供は通常20才前後で家を出て独り立ちする。上の学校へ行く場合は親が学費の一部を補助することがあるが、ほとんどは奨学金や自分で働いて費用を捻出する。学生がアルバイトをしながら学業に励むのは普通の姿だ。一般的には親は年をとれば家を売り、年金などの資金でアパートや老人ホームに移り、余生をゆっくり過ごすことが多い。彼女もご主人とこの地を去ることになった。彼女はこのストリートの坂の下から上まで20世帯ほどを纏め、持ち回りのホームパーティや諸々の助け合いなど、ともすれば疎遠になりがちなお隣さんを団結させ、とても快適な生活環境を創り上げた。自分が10年前に近所へ越してきた際も暖かく迎えてくれ、安心感と共に今も楽しく暮らすことができている。 いつも手を振って朝夕笑顔で挨拶できる彼女が間もなく行ってしまう...
e0038420_436921.jpg

[M9-P]
by Scottts | 2012-01-07 05:49 | SUMMILUX 35/1.4
<< 街の情緒 街角の一こま >>