アリオーソ

ああ絵が歌っている。 情感の中でメロディと余りにも甘美に解け合うこの風景は、静かにゆっくりとクローズアップされ、ついに眼前から突き抜けて脳全体に広がり、瞼を閉じる。 そして自ら麻酔したようにただただ心地よくその印象に身をゆだね、雲の向こうの輝く世界へと導かれていく。
e0038420_13242624.jpg

[M8]   バッハ チェンバロ協奏曲5番第2楽章
by Scottts | 2012-01-21 00:00 | ELMARIT 28/2.8 | Comments(54)
Commented by pretty-bacchus at 2012-01-21 00:45
凄い!
Commented by Scottts at 2012-01-21 03:25
pretty-bacchusさん、そちらは雪なんですね、シアトルも20センチです。
明日出ますが、少しは暖かな日本を期待してたんですけどねえ。
Commented by k7003 at 2012-01-21 06:58
凄すぎて、どうしようもない感動です。
カンタータに神の摂理を感じる年齢を過ぎたボクにはアリオーソこそが。!
Commented by bishamonjuku at 2012-01-21 09:49
ごきげんよう、塾長です。
日々夢見心地で暮らせるよう、穏やかな精神でいたいと願っています。
Commented by sacra-fragola at 2012-01-21 11:42
こんにちは。
やはりElmarit28㎜1stがたたき出す雰囲気はすごいです。
解像し過ぎてもいけないし・・・
しかし、これはレンブラントや葛飾北斎の絵画と同じ効果を出していますね。
手前のオブジェが渦を巻き、次第にその中心へと見るものを誘って行く。
まさに、左脳を利用して右脳に訴えかける。
恐らくScotttsさんは計算していると思いますが・・・上手いです。
Commented by nori at 2012-01-21 12:29 x
あ!ここって正装の少年が居ませんでした?
絵にして歌わしちゃうscotttsさん とてもシブい
Bach "Air on G String"もなかなかいい感じですよ
Commented by yuki at 2012-01-21 12:42 x
scottts さん、こんにちは。
 風邪の具合はいかがですか?

  じっと見ていると、雲が左のほうに動いていくのです^^。

    チェンバロ奏者の グスタフ・レオンハルト が亡くなられましたね。

    
Commented by Scottts at 2012-01-21 12:44
NKさん、ありがとうございます。カンタータのような迫力はこの絵にはないですよね。
遠慮がちにひっそりとアリオーソあたりが似合ってますね。そうですね、我々もそれでいきましょう^^。
Commented by Scottts at 2012-01-21 12:45
塾長さん、こんばんは。環境がなかなかそうはさせてくれないことが多いのですが、
せめて受け入れ体勢は常に持っていたいですよね。
Commented by Scottts at 2012-01-21 12:52
sacra-fragolaさん、こんばんは。やはり写真は雰囲気をどう写しとれるかですね。ありがとうございます。
なるほど左脳から右脳へとは鑑賞のプロセスをとても面白く表現されましたね。私のスタイルはまったく感覚的なものなんですよ^^。
Commented by Scottts at 2012-01-21 12:58
noriさん、よく覚えていらっしゃいました。あの時に撮ったものなんです。どうしても音楽とくっついてしまうんです^^。
そうですね、G線上のアリアも合いますね。バッハの透明感のある旋律がいいですね。ありがとうございます。
Commented by Scottts at 2012-01-21 13:01
yukiさん、こんばんは。風邪はおかげさまでほぼ回復しました。明日日本へ出発できそうです。
雲が動いていますか、すばらしいです。そのように絵の中に感情を込めていただけるのはうれしいです。巨匠がいなくなっていくのは淋しいですね。
Commented by hishiayame at 2012-01-21 14:08
曲を流しながらこの写真を見ています

そちら側から聞こえてくる音楽
このタイムトンネルをくぐり抜けて
私たちをそちらの世界へ導いているかのようです
Commented by ue at 2012-01-21 14:34 x
写真がまるで耳の穴になっていて、そこを覗けば安らかな安住の地が,脳内に広がっているようですね。
Commented by cobag2 at 2012-01-21 15:09
Scottts さん、私の様な凡人にはこのショットは凄過ぎます!
見れば見る程吸い込まれて行きます。
そしてやがて思考が止まり・・・・・・、
我にかえります^^;;
Scottts さんの執念を感じます!


Commented by Scottts at 2012-01-21 15:49
hishiayameさん、あ、その見方をしていただきたかったんです^^。ありがとうございます。
見ている場所は離れていても、同じ先へ行き着いてみんなと会えるような気がしてきました。
Commented by Scottts at 2012-01-21 15:54
ueさん、それ面白いです。そして脳内には人それぞれの安住の場所がありますよねえ。
一休みしてまた出かけることもできますね。いいですよ、それ。その安住の地というのは。
Commented by Scottts at 2012-01-21 15:58
cobag2さん、い~え、たまたまこのような被写体にめぐり逢えてそう感じただけのことですから。ありがとうございます。
じっと見つめていると自分が現実の世界から遊離していくように思えますよねえ。執念ですか、案外淡泊なんですよ^^。
Commented by summilux_asph at 2012-01-21 17:50
以前は別名でお世話になっていましたが、今回は引っ越ししたので「はじめまして」

額縁系は楽しいですよね。でもこれはカタチが良いですね。
こういう被写体に巡り会える行動が尊敬です。
Commented by shatome at 2012-01-21 22:35
こんな写真が撮れるいや撮ろうと思われるScotttsの想像力が凄いです。
以前はバッハのリュート作品をよく聴いていましたが、最近はとんとご無沙汰でした。
おっと、また耳の奥で音楽が鳴り出しました^^
Commented by mono_color_8 at 2012-01-21 22:52
一枚の写真から広がるイメージは凄いですね。。。
クラシックの世界は存じ上げませんが
少し入り口が見えるようなそんな写真です!
Commented by speedstar-dhy at 2012-01-21 22:59
写真の表現力の深さをあらあらためて知ることが出来ました。
素直に感動です(*^_^*)。
Commented by tullyz2 at 2012-01-21 23:34
きれいな夕日ですね~。
こういう景色をみているとクラシックが頭の中に流れてくるというのがよくわかります。
映画監督になった感じですね。ちょっと前にケン・ラッセルの「マーラー」を見直したのを思い出しました。
風邪は治りましたでしょうか。ご無理をなさいませんように^^
Commented by surgeon24hrs at 2012-01-22 00:05 x
おはようございます。

これは遊具かなにかから覗かれたのでしょうか。洒落たFrame in frameですね!

昨夜はわが町にSt. Petersburg Orchestraというのが来たので、家族そろって行って来ました。
Commented by yoshipass at 2012-01-22 00:29
音楽と、 Scotttsさんのことばと、写真との融合。
どうしてこのような素晴らしい表現が!
Commented by Scottts at 2012-01-22 00:43
summilux_asphさん、どうも。m9pでまとめたのですね、すばらしい。どしどし撮ってください。
ここも行き当たりばったりですが、視点を変えると面白いですね。
Commented by Scottts at 2012-01-22 00:46
shatomeさん、ありがとうございます。被写体は限りなくありますね。
そうですか、バッハの曲は相性が良くて心を穏やかにしてくれるBGMでよく流しておきます。耳に残りますよね。
Commented by Scottts at 2012-01-22 00:49
mono_color_8さん、自分の状態や、時によって違うものが浮かんできますね。気分次第です。
クラシック音楽もいろいろありますが、写真に合うのはあまり主張が強くない控えめのトーンがいいですね。
Commented by Scottts at 2012-01-22 00:51
speedstar-dhyさん、ありがとうございます。
被写体によっていろいろな感覚をわき出させてくれますね。そんな表現ができたらうれしいです。
Commented by Scottts at 2012-01-22 00:58
tullyz2さん、こんな茜色はとても静かな風景を演出してくれますね。そうですよね、こういうのはメロディ付きです^^。
彼の代表的な映画ですね。まだ見てなくて、はっと思い出しました。見なければ。風邪はほぼOKです。ありがとうございます。今日日本へ出発です。
Commented by Scottts at 2012-01-22 01:04
surgeon24hrsさん、おはようございます。美術館の前にある石のオブジェなんです。面白いでしょう^^。
いいですねえ。由緒あるオーケストラですよねえ。一度生で聴いてみたいです。きっとロシアの作曲家の演目だったのでしょう。いいなあ。
Commented by Scottts at 2012-01-22 01:05
yoshipassさん、このような被写体の前に立つときっと誰でも耳元で音楽が鳴りだすでしょうね。
そして想像力をかきたててくれます。ありがとうございます。
Commented by trial05 at 2012-01-22 01:19
こんばんは~。
絵が歌ってる・・・確かに。。。アートチュックなスピーカーのようです♪
始めに、あれ、ここは以前、アルプスの少女のペーター少年(笑)が
ドレスアップして座っていた所だッ、と思いました。
印象的なペーター少年(笑)フォトでしたね!
Commented by trial05 at 2012-01-22 01:26
Scotttsさん、お時間のあるとき、このリンク先見てください。
<目の毒なので出来る限りアクセスしないよう気をつけているサイト。>(笑)
と、ブログで紹介されてました。
http://ondori.exblog.jp/14447691/
仙台で時々個展されてる方で、昨年、念願かなって、大阪でオリジナルプリントを拝見した方です。
Commented by LEFTEYEZ_saori at 2012-01-22 01:38 x
曲線フレームがいいですね。

あとね、バッハ大好き。
心が洗われるー。
Commented by evecookymama at 2012-01-22 06:42
Scotttsさん
バッハ・・チェンバロ・・いいですね~繊細な音に、Scotttsさんの写真とのコラボ。朝早くみたかいがありました。
Commented by Jun at 2012-01-22 19:50 x
しばらく写真に見入ってしまいました。
この写真が合成ではなく、自然に生まれた景色を
切り取ったものとは信じられませんでした。
アリオーンを聞きながら見ると最高ですね。
Commented by Scottts at 2012-01-23 07:52
Trial05さn、おはようございます。あ、風景の歌がスピーカーから流れてくる、いいですね〜。
そうなんです、よく覚えていて下さいましたね。正にその場所で同じ頃に撮ったものですよ。
Commented by Scottts at 2012-01-23 08:13
Trial05さん、教えていただいてありがとうございます。
訪ねてきました。コメントを残してきましたが、視点は違えどとても好きなフィーリングの写真です。
Commented by Scottts at 2012-01-23 08:17
さおりさん、こんなフレームも面白いですよね。
バッハで心が洗われるとは言い得て妙ですね。さおりさんの写真もバッハが合いそうですね。
Commented by Scottts at 2012-01-23 08:19
Eveさん、東京、寒いです。そちらはもっと気温が低いんでしょうね。
見ていただいていて、そして感じていただいてありがとうございます。
Commented by Scottts at 2012-01-23 08:22
Junさん、ありがとうございます。
うまく丸い額の中に静かな風景が収まってますね、音楽と共に見ていただいたのですね
Commented by minton at 2012-01-23 18:32 x
日本に来られてるんですね。
お会いしたいなあ。
僕は明々後日東京です。
シアトルから来れば東京は暖かいのではと思うのですが、また風邪召されませんように。
Commented by borderlines at 2012-01-23 22:08
お帰りなさいませ。m(_ _)m
東京は28日に出張で行くんですが、寒いですか。暖かくして行きます。
穴の中の光の回り込みがElmarit28㎜にうまく捉えられてますね。ボ
ケ具合が絶妙です。
Commented by Scottts at 2012-01-23 22:32
Mintonさん、昨日東京に着きました。いいですよ、お互いにうまく予定が会えばいいですね。木曜日でしたら午後8時以降、お茶でもご一緒できます。
金曜日は朝食か11時まででしたら大丈夫です。少し気温は上がるようですね。ありがとうございます。
Commented by Scottts at 2012-01-23 22:36
borderlinesさん、ただいまです。今日は冷たい雨、みぞれだったかも、が少し降りましたが明日から天気は回復して気温も少しあがるようですよ。
Commented by thejetmole at 2012-01-24 01:05
炭水化物、ちょっと禁ですか
でも、少しは、イイでしょ・・・・
でも、少し・少しが、、、旨い旨いと、積み重なって・・・
炭水化物好物の、自分です^^);

なかでも、讃岐うどんは、口内快感が、店々によって異なる快感で、、、^^)/
四国に、お出での時は、連絡下さい
讃岐うどんの名店、穴場巡りを、運転手付き(自分ですが)で、案内させて頂きます
Commented by Scottts at 2012-01-24 07:13
thejetmoleさん、断つといっても完全にとはいきませんね。でも主食としては食べてないんです。
改善できて血糖値のコントロールができるようになれば大いに食べます。その時は讃岐うどん名店、穴場巡りの運転手をお願いしますね(^-^)/
Commented by mnine at 2012-01-25 15:18
出遅れました、ご無沙汰しております。
この写真素晴らしいです。暗闇から覗く穏やかな景色、遥か向こうに見える光芒。ああ美しいです。
Commented by swingphoto at 2012-01-25 21:53
写真に音楽を添えるって素敵なことですね。
私も、以前から考えているのですが
中々うまくいきません。
やはり、著作権がネックになりますね。
自分で演奏できればいいんですが、、、
Commented by bell73221 at 2012-01-28 07:59
すてきな朝のひとときをありがとうございます、scotttsさんのたおやかな写真を拝見しながら音楽を聴いていたら、朝からセンチメンタル・・・^^
Commented by Scottts at 2012-01-28 21:14
mnineさん、こんばんは、東京は寒いですね。面白い額縁になりましたね。
光の向こうに行って見たくなるような風景でした。ありがとうございます。
Commented by Scottts at 2012-01-28 21:23
swingphotoさん、そうですね、音楽が主張し過ぎてもいけませんが、BGMと共に写真を見ると表現が深まりますね。
ビジネスで使っているというのでもありませんからあまりシリアスに考えていませんが、どうでしょうねえ。
Commented by Scottts at 2012-01-28 21:32
bellさん、こちらこそありがとうございます。そうですね、とても気持ちが休まりますね。
これから活動しようとする朝に見る写真には合わないかもしれませんね(^_^)
<< 冷たい風 イースト・ロイストリートの午後 >>