インディペンデンス・デイ

タタタタタタ~ンズド~ン...独立という栄光を祝う、まるでバルカン砲のような耳をつんざく連続した破裂音と閃光が一瞬で空に消えていった後、その静寂たる深い闇に目の焦点を合わすことができない。 そして掴み所のない遣り切れなさを感じるのだ。
e0038420_15221322.jpg

[M9-P]
追記: この花火の写真はCai Guo-Qiang氏の爆発アートの趣があると、NYのEikoさんからメールをいただいた。 ウエブサイトで写真、動画などいろいろ見てみた。 一瞬作り出されそして消えてしまう爆発アート、昼と夜との違いはあるが自分が感動した同じものがそこにあった。
by Scottts | 2012-07-06 00:00 | SUMMILUX 35/1.4 | Comments(24)
Commented by tullyz2 at 2012-07-06 00:41
これも一脚での撮影でしょうか。
きれいに撮れるものですね。とても立体的な煙が魅力的です。
日本の花火に比べるとシンプルですが、そこに外国を感じますね。
Commented by trial05 at 2012-07-06 00:45
日本の花火と比べると・・・ ドドーーンと爆発音が聞こえてきそうな迫力です!^m^
Commented by ue at 2012-07-06 01:28 x
これは爆発ですね。東洋の花火ではないですね。
朝鮮、ベトナム、湾岸戦争、9.11、さらにバブル崩壊・・・とアメリカの歴史を称賛するには酷な表現です。
Commented by Scottts at 2012-07-06 01:57
tullyz2さん、仰向けに寝てカメラを鼻の上にのっけてファインダーを覗きながら撮りました^^。
日本の花火のようなのも、ありましたがこれが気に入りました。町内会のお祝い花火です。
Commented by Scottts at 2012-07-06 02:03
trialさん、住んでいる地区のお祝い花火で規模は大きくないのです、
上がるのがそんなに高くなくすぐそこで、音が凄く空き腹に音波で胃の両面がくっつくほどでした^^。
Commented by Scottts at 2012-07-06 02:11
ueさん、東洋の花火のようなドドーン..パッと花が開くのもありましたが、これが好きでした。そうですね、独立の影にどれだけの犠牲があったのでしょう。
それを勝ち取ってくれた人達への感謝の気持ちも込められていますね。そうしながら時代が進むのはどこの国でも同じなんですね。
Commented by k7003 at 2012-07-06 05:48
後の闇に目の焦点を合わすことが出来ない、やりきれなさ、、、同じ思いを持つボクです。言葉を与えてくれて、ありがとう。(-_-)
Commented by Scottts at 2012-07-06 09:06
NKさん、栄光の背後には何らかの犠牲が存在することがおおいですね。
そんことを考えると...単純に祝って、闇を見ようとしない方がいいのかもしれません。
Commented by cobag2 at 2012-07-06 09:12
もう暫くになりますが Big Island でカミさんと独立記念日を経験しました。
やはり海上で凄まじいばかりの花火にビックリした事を思い出してます^^; (楽しかった^^)
と同時に西洋人に「わび」「さび」のかけらもない事に気ずいた出来事でした。
SUMMILUX 35/1.4 は Scottts さんの所為でもはや私には「神レンズ」になりました!
Commented by speedstar-dhy at 2012-07-06 20:39
7月4日はやっぱりアメリカ国民にとっては特別な日ですよね。
アメリカ在住時、毎年はなやかなイベントが行われていたのを思い出します。全米が思いを一つにする日に打ち上がる花火も特別ですね。
Commented by Jun at 2012-07-06 22:34 x
花火がこんなに綺麗に写真になるのですね。
一瞬の芸術を見せてもらえて嬉しいです。
Commented by momoto0 at 2012-07-07 00:00
 花火もですが空の色に惹かれました。 Deep Purple  ^^
日本の建国記念日を思うと、Identity(帰属意識)はだいぶん違っているように思います。
日の丸をあげるだけでも反対する方がいらっしゃいますから

Commented by sacra-fragola at 2012-07-07 00:20
どうも日本で見る花火・・・そう昼間の花火・・・そんな感じでしょうか?
summilux35㎜1stの奥深さを感じます。
あ~欲しい!
Commented by Scottts at 2012-07-07 03:22
cobag2さん、それはさぞダイナミックだったでしょうねえ。そんな雄大な海上花火も見てみたいです。
特にアメリカ人は「わび」「さび」を理解する人は少ないですね。でもおおらかさはすばらしいです。おお「神レンズ」ですか!持つのに重く感じでしまいます^^。
Commented by Scottts at 2012-07-07 03:29
speedstar-dhyさん、おっしゃるようにこの日は愛国心をふるいたたせて、アメリカ国民のまとまった大きな力を感じさせますね。
公的以外は花火禁止(火事事故が多いので)の州もありますが、子供はそれが楽しみで朝から興奮^^、一日中あちこちでポンポンと音がしてました。
Commented by Scottts at 2012-07-07 03:32
Junさん、こちらも開く花もありますが、日本の大輪には見劣りしますのでアメリカ風のを撮りました。ありがとうございます。
これから日本の美しく繊細な打ち上げ花火の写真を見るのを楽しみにしていますよ。
Commented by Scottts at 2012-07-07 03:34
momoto0さん、そうですね、レンズを透すとこんな色になるんですね。わたしも好きな色です。
日本とアメリカは独立や建国の歴史の成り立ちも異なるのでしょうけど、国民が一つになって素直に先ずは祝うというのはいいものですね。
Commented by Scottts at 2012-07-07 03:40
sacra-fragolaさん、ああそうですね、日本の昼間花火はこんなでしたねえ。音と煙を見て、夜が楽しみでわくわくしていたのを覚えています^^。こちらもいろいろな形や
色の日本風の花火もありますが、これがズバンと腹から背中に抜けるような感覚で好きでした。この後きらきらと光ってきれいでした。どうぞお一つ^^。
Commented by yoshipass at 2012-07-07 20:03
日本の花火は比べれば繊細ですが、パワーや迫力、しゃにむに向かってくる力強さはこちらに軍配ですね!
国民性とまでは言いませんが(笑)所変われば品が変わりますね。
Commented by minton at 2012-07-07 22:58 x
花火の音が聞こえてくるようです。

僕の住む地域ではこの時期から晩秋まで、ほぼ毎週末に花火があがります。
Commented by Scottts at 2012-07-08 06:17
Yoshiさん、こちらにもぱっと開く花の大輪もあるのですが、日本の打ち上げ花火ほど完璧なものはありませんね。
間近だったからか、迫力は相当なものでした。花火というよりまるで爆発のようなすごさはありましたね^^。
Commented by Scottts at 2012-07-08 06:20
mintonさん、いやきっとそちらまで音は届いているはずです^^。
毎週花火の宴会ですか、いいですねえ。しっかり夏を楽しめますね。
Commented by eureka_kbym at 2012-07-08 21:53
花火の絵、ああ夏なんですねえ。
そう思うほど、日本人の花火のイメージは=夏なんですが、そちらもそうなんでしょうか?

それを35ミリで撮影されるのもすごいな、と思いました。
Commented by Scottts at 2012-07-09 01:59
eureka_kbymさん、そうなんですね。こちらもやっと夏のような天気になってきました。日本と違うのは空気がドライになります。独立記念日が終わると「夏」の気持ちです。
森のシルエットを入れたいので広角にしました。この場合は低い位置で上がりますので35mmでも十分花火が大きく入りますね。
<< 束の間のファンタジー 干し草を収穫する農場 >>