優空間

このレンズがSUMMILUX35mmのような繊細な線を描くのはこれが初めて。いったいどうしたの、なにが違うの、そうかきっとこの風景を見てレンズの気持ちもとても優しくしなやかになったからなんだ。
e0038420_1724854.jpg

[M8]
by Scottts | 2012-12-12 00:00 | SUMMILUX 50/1.4 | Comments(36)
Commented by k7003 at 2012-12-12 06:16
「優空間」というタイトル、いただきま〜す。(^_^)v
ボクのプアマンズライカに付いている SUMMILUX であることに、わ〜い(^^)/

Commented by Scottts at 2012-12-12 07:31
NKさんのそのライカでSUMMILUXが同等以上のパフォーマンスができることを実証されていますね。
Commented by ue at 2012-12-12 08:39 x
人の目は年齢とともに衰えますが、このようにきっちり解像してくれると嬉しいですよね。
遠くの並木が枝毛のようも、羽毛のようにも感じられます。
Commented by Scottts at 2012-12-12 13:30
ueさん、器質的な機能は年と共に衰えますねえ。でも味わいを見抜く目はきっと育ち続けますから、
年月と共にその個性が認められる手作りレンズのように、価値は高まるのかもしれませんね。
Commented by cobag2 at 2012-12-12 13:41
先ほどヨドバシ.コムで「M9 登場後も未だ色褪せない M8/M8.2」
を読み終えたところです。
同じセンサーでありながら8と9では描写傾向が違うとありました。
もしや同じレンズでも描写表現が違うのではないかと・・・・?
Scottts さんの一連の M8 ショッツを拝見し、ヨドバシの記事を見るにつけ
M8が猛烈に欲しくなってきた今日この頃、しばし R-D1 で頑張ります(笑)
Commented by tullyz1 at 2012-12-12 18:51
私はなんとなくノクチを持ち出すことが多いのですが、
風景を撮るときには変に誇張されることがあるので
今年は久々にこのレンズを持ち出してみました。
素直にその場の雰囲気が撮れていいレンズですよね。
Commented by bishamonjuku at 2012-12-12 19:16
カメラとレンズと心と視線と指先とが一体になった時の写真ですね。そんな瞬間を求めて私もカメラを提げて出かけます。
Commented by sacra-fragola at 2012-12-12 19:39
こんばんは。
私は少し前に売りに出してしまいました。
ちょっと後悔しているんですが、変わりにAsph.が来たので良しとしましょう。
レンズも時と場合に依って、写り方が違うんですかね?
人間らしくて面白い話ですね。
Commented by eureka_kbym at 2012-12-12 22:05
遠くにある木がしっかりと存在感を出している気がします。
ライカのレンズはその歴史に彩られた様々な絵を描くことができるものがあって、垂涎の的です。まさに絵筆を変えるかのごとく。
しかし絵筆に例えられるほどはお値段が・・・・。自分の撮り方だとまさにライカが一番なのだろうけど、そちら側に行くことはできなさそうで。ましてや、レンズがその描写を変えるとあってはますますその思いは増すばかりです。
Commented by speedstar-dhy at 2012-12-12 22:28
本当に繊細な描写ですね。
きっと使い手とレンズの気持ちが通じる瞬間があるのでしょうね(*^_^*)。
Commented by nontan91 at 2012-12-12 22:31
こんばんは〜ご無沙汰でした(^^)
このレンズ、近くのもを撮っている時は気がつかないのですが、
このように緻密なものを撮った時に、あれ?Summicronとは違うな?
って思うことがありますね。やっぱり滑らかで繊細なんです。
50mmという焦点距離に騙されているんでしょうかね〜
そちらももうすぐ本格的な冬になりますね、お体に気をつけて
良い写真をバシバシ撮ってください!
Commented at 2012-12-12 22:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yoshipass at 2012-12-13 00:04
こんばんは!
繊細ですね。
色の出方もやさしい感じがします。

ボクは現在王道のSUMMICRON50mmは持っていません。
このレンズが気に入っているので、50mmの主力です(笑)
Commented by izumi-suzuki at 2012-12-13 02:22
こんばんは。
曇天の柔らかい光が、全てを包み込むように全体を優しい仕上がりにしてくれたんですね。  空気も澄んでいて清らかですね。
カサッカサッと枯れ葉を踏むScottさんの足音や、枯れ葉の下の湿った土の感触とかが、ここまで届いてくる気がします。 うまく言えないのですが、、写真の画角の外の部分まで感じ取れる臨場感があります。
レンズの描写力のことも確かにすごいとは思うのだけれど・・・・Scottさんご自身の五感で感じとった全てを、写真を見る人に伝えてくださっていることにすごく感動しています。このレンズもScottさんの手元でその描写力を最大限に引き出せてもらえて、幸せなんだろうなと思います。
Commented by Scottts at 2012-12-13 07:54
cobag2さん、Photo Yodobashiサイトは充実してきましたね。参考になる内容が多いです。理論的な根拠は知りませんが、8と9で同じレンズを使っていて
8の方が描写が繊細になるような気がしてます。センサーのサイズとレンズの有効径の関係でしょうか。買うなら8.2でなく8ですね。
Commented by Scottts at 2012-12-13 08:07
tullyz1さん、そうですか。持ってないのですが、ノクチの描写力には驚愕します。小さくて軽いこれはスナップには気楽でいいですね。
SUMMILUXの味が感じられて好きなレンズです。
Commented by Scottts at 2012-12-13 08:09
bishamonjukuさん、きっとレンズも好む或いは好まない被写体というのがあるのではないでしょうか。
それによってパフォーマンスが変わりますよね。
Commented by Scottts at 2012-12-13 08:16
sacra-fragolaさん、こんにちは。そうですか、でもASPHの描写から比べたら太刀打ちできませんよね。
なんか最近そんな気がするんです。レンズも「私にも写す対象を選ぶ権利がある」なんて思っているようなふしがあるんですよ。
Commented by Scottts at 2012-12-13 08:18
eureka_kbymさん、なかなかよく描写されてますよね。ライカレンズはそれぞれ個性がありますね、それも設定や撮り方で変化しますから、レンズ自身に被写体の
好き嫌いがあるのではないかと思ってしまいます。eurekaさんの使っていらっしゃるカメラやレンズも被写体や写し方でとんでもない絵を見せてくれますよね。
Commented by Scottts at 2012-12-13 08:22
speedstar-dhyさん、このレンズがこれほど細いラインをだすので驚きました。
そういう時はだれにでもありますよねえ。何かぴたっと気持ちが収まってシャッターを切れるときです。
Commented by Scottts at 2012-12-13 08:28
のんたんさん、こんにちは。こちらは寒さで間接がきしむ以外は結構調子よく動いてますよ。のんたんさんも、「やるな、おぬし」と思うときがありますか。
確かに焦点距離の条件がいいのかも知れませんね。まだそちらほど本格的な冬ではないのですが、苦手な寒さがもう来てます。がんばりま~す。
Commented by Scottts at 2012-12-13 08:31
鍵コメさん、そうですか、そこは行きたいところのリストに入っているんですよ。タイミングが合えば、じゃあ駅前でなんて、会えますのにねえ。
お話を聞くのを楽しみにしていますから。
Commented by surgeon24hrs at 2012-12-13 08:35 x
こんばんは。

ライカレンズ、いつかは実際に使ってみたいものです。私はとりあえずMマウントと言うだけのレンズを使っていますので、車にたとえると安アパートでインスタントラーメンをすすりながらポルシェに乗っているような、不釣合いな状態です。早く脱却したいものです。  : )
Commented by Scottts at 2012-12-13 08:35
Yoshiさん、こんにちは。すっきりとコンソメ現像が丁度よかったのかもしれません。普段は濃くて熱いスープなんですが。
気に入ったのがあればそれ一本の方が気がちらなくていいですね。結局使う玉は決まってきますよね。
Commented by Scottts at 2012-12-13 08:40
izumiさん、こんにちは。こんな曇り日は風景をすっぽりと柔らかく見せてくれますから、安心して身をまかせれますね。雨が降ったりすれば空気も
すかっと抜けてくれます。自分が感じレンズも感じてくれると充実した気分でシャッターが切れますね。結果はどうでもよく、その快感は忘れません。
Commented by Scottts at 2012-12-13 08:48
surgeon24hrsさん、こんにちは。いやその使い方もなかなか粋ですよ。不釣合いなことを平然とすることこそオシャレというものです。
画一的なことから抜け出すことは「価値」があるんですよー。いやりっぱ。
Commented by tad64 at 2012-12-13 13:11
ご無沙汰しております。私の所にもお立ちより下さりありがとうございました♪
カメラの機能が年々凄い勢いで進歩して行くのに比べレンズはどうなんでしょう。
私には詳しいことが分かりませんがライカのレンズが如何に当初から凄かったのかを物語っているようですね。
こんなレンズと同じようにイブシ銀の人にもあこがれてしまいます。(スコットさんの事ですよ!)
Commented by Sofia at 2012-12-13 21:55 x
優しい、ほっとするような色合い。
寒い冬の始まり、ちょっとだけほんわかしました。(*^_^*)
Commented by minton at 2012-12-13 23:32 x
とても緻密で精緻なのに、ほわっとした気持ちになれるのは、scotttsさんの気持ちの余裕が作品に出てるんでしょうね。
優しい色合いが落ち着きます。
Commented by Scottts at 2012-12-14 04:52
タッドさん、そうですね、レンズもカメラと同じく進歩して最近のものはどんな条件下でもすばらしい描写ができるようになりましたね。
スマートフォンでもいい写真が撮れる時代になりました。古いレンズを楽しむのは趣味ですかねえ。最近はいぶしすぎて焦げてきましたよ。
Commented by Scottts at 2012-12-14 04:56
Sofiaさん、時にはこのような浅めの色もすっきりしていいですね。
これからは何か優しさや温かさを求めたい季節になりますね。
Commented by Scottts at 2012-12-14 04:59
mintonさん、景色の落ち着いた優しさがそう思わせてくれるのでしょうか。
こんな場所では自分の気持ちもオープンになって自然に帰れますね。
Commented by yuki at 2012-12-14 22:31 x
scottts さん、こんばんは。
 《優空間》 いいですね^^。
  これから冬に向かう木々たち。やさしい空間を謳歌してますね。
  すばらしい描写です。
Commented by Scottts at 2012-12-15 09:47
yukiさん、こんにちは。 さらっとした描写ですが、レンズがしっかりと細部を見せてくれました。
力強さはないのですが、やさしい風景ですね。ありがとうございます。
Commented by bell73221 at 2012-12-28 09:52
いつのまにか、秋が過ぎて冬になってしまいました、
いつもいつも、きれいな光と、人々の悲喜哀のすてきな表現を
魅せていただき、ありがとうございます。
良いお年をお迎えください。
Commented by Scottts at 2012-12-28 10:45
bellさん、また一年が過ぎますねえ。冬に一年の終わりを迎えるのは淋しい気持ちが増幅されます。新年といってもまだ寒いし。
いつも見ていただいていてこちらこそありがとうございます。ベルさんも来年がすばらしい年になりますよう。
<< 水上アパート ナイスタイム >>