万葉の月

月が大きく見えたり小さく見えたりするのは、目の錯覚や大気の屈折の効果でそう見えるらしい。 黄色く見えるのは大気の汚染で黄色などの長い波長が通って来るからという。 確かに地平に近いと大きく黄色く見えたり、高く昇ると青白くて小さいことがある。 まあそんなことより、月はきれいだなあ、ロマンチックだなあ、感情を揺さぶるなあ、とだけ思ってる方が心豊かだね。 古代人も見てただろうし、万葉集で月を詠んだ人たちもこの月を見てたんだなどと思いを馳せるのも楽しい。
e0038420_1019283.jpg

[M8]
by Scottts | 2016-10-31 10:54 | Hektor 135/4.5
<< レッド シグナル シアトルに雨季が来た、そして秋も来た >>