東京 四谷3丁目でのダンスvs写真撮影セッション

カロリーナさんの個展で偶然出会ったコンテンポラリーダンサー(86B210)のフミエさんに誘われて四谷のパフォーマンススタジオArt Space Co-Ohをお訪ねし、練習風景に立ち会わせていただいた。 この種のダンスを見るのは初体験でしかも間近でカメラを向けるなんて、(人見知りの強い自分としては)一体どうなることやらと思ったけど、パートナーのケイコさんとお二人はとてもやさしく迎えて下さって、こちらの気持ちが和むよう気づかいをしてくださっているのがよく分かった。 地下のスタジオは既に異次元のような雰囲気で、彼女たちは本番で怪我をするからとウオーミングアップに余念がない。
e0038420_13594967.jpg



いよいよダンスが始まると、目の前で繰り広げられる幻想的なダンスの表現でシャッターを切るのも忘れるくらい不思議な世界へ自分が吸い込まれていくような気分になった。

最初にフミエさんの繊細な表現で始まり、
e0038420_140335.jpg

e0038420_1413263.jpg

e0038420_1414564.jpg



次にケイコさんの迫力のある力強い熱波がこちらに攻めてきて、
e0038420_144695.jpg

e0038420_1441331.jpg

e0038420_1442039.jpg



このスタジオの名前が「呼応」のごとく、正しく自分の撮影スタイルが被写体との呼応なので、デュオのパフォーマンスでは、遂にそのファンタジーの中に自分もどっぷりと入り込んでしまった。
e0038420_14125181.jpg

e0038420_1412593.jpg


[M9-P]
86B210のブログです。
by Scottts | 2016-11-07 14:15 | SUMMILUX 35/1.4
<< 一日の名残り ハンバーガーの店 >>