Wild horses

e0038420_0332392.jpg

ELMARIT 28mm f2.8
by scottts | 2007-05-14 00:34 | ELMARIT 28/2.8 | Comments(15)
Commented by yoshipass at 2007-05-14 08:03
すごい写真ですね・・・
写っている主題も、その写り方も。こちらでは撮れませんね!
でっかいプリントにして、飾っておきたいと思わせる写真です。
Commented by qjo-s-koshi at 2007-05-14 16:51
モノクロと空の様子が荒涼とした大地を思わせます。
大地を渡る風の音まで聞こえてきそう・・・
もう後の言葉はyoshipassさんとおんなじです。
ここはscotttsさんの住んでいる町から近いところなのですか?
こんな広大なところに一人立ったらきっと泣いてしまう・・・
Commented by nontan91 at 2007-05-14 23:54
うおお~、これはまた珍しい風景に出会いましたね!
夕方なのか、明け方なのか判然としませんが、wildです。
近くじゃないんでしょうね、湖があるのは知ってますが、
こんな砂漠ふうなところがあるとは聞いてません。
それにしても素晴らしいタイミングで出合って、よく撮れましたね!いいな~
Commented by scottts at 2007-05-15 00:04
Yoshi-Aさん、この写真インパクトあるでしょう。
小高い丘の上のワイルドホースはアイアンホースで生き物では
ありません。一瞬びっくりしましたが、動いていませんでしたので
登って確認しました。明日種明かしをします。
Commented by scottts at 2007-05-15 00:09
qjo-s-koshiさん、自分でも好きな写真が撮れました。
ここは実際荒涼とした場所です。私の家から200マイルほど東へ
行きます。この馬は生きている本物ではないのですが、
ここに立つと昔の西部開拓時代の空気を感じました。
Commented by scottts at 2007-05-15 00:21
のんたんさん、ちょっと瞬きをしてしまうでしょ。
夕方近くですが、家から車でアメリカ大陸を横断する90号線の
ハイウエイを2時間半あまり東へ走るとコロンビアリバーがあり
橋を渡るとこのモニュメントが見えてきます。 鉄板でできた
馬です。なんの記念碑か知りませんが、高い丘からリバーを
望んで野生の馬のグループが嘶いています。
ここはハイウエイを除けば正に荒野という感じのすごい場所です。
のんたんさんがこの写真をみてすごい!ワイルドホース!と
思ったように、一瞬目を疑いました。
Commented by travelster at 2007-05-15 13:32
おぉっ...かっこえ~~。
風景とシルエットがマッチしすぎです♪
地図を見ましたがI90だとシアトルから2時間半で行けてしまうんですね。。。
マジで見たくなりました(^.^)
Commented by nontan91 at 2007-05-15 13:33
げぇ~っ!だまされた~(笑)
でもだまされても、小気味いいような素敵なモニュメントです、
早く正体教えてください^^
Commented by tad64 at 2007-05-15 21:33
この写真開けた途端、「何じゃこりゃ!すごいじゃん!」と思わず声出しちゃいました。
後でコメント読んで、もう一度驚きました。考えることが凄い、流石西部開拓時代を乗り越えた国だけある。
それにしても登って確認するスコットさんも又凄いじゃん。。。

I-90でコロンビアリバー辺りまで行った事ありますが、こんなの見なかったなーあ。
セキュリティーシステム漸く正常に戻りました。ご心配かけましたです。
Commented by Jun at 2007-05-15 22:36 x
Iー90を走ったことがありますが、こんなモニュメントを見たことも
聞いたこともありませんでした。タイトルにもだまされて「どこに
こんなWild Horsesがいるのだ・・・・」と驚きました。とても
素敵な写真です!
Commented by scottts at 2007-05-16 01:41
荒野を駆けることがすきなtravelsterさんには魅力的な場所でしょうね。
ワシントン州の中央あたりに位置しますが、ここは一見の価値があります。
Commented by scottts at 2007-05-16 01:43
のんたんさん、えっへっへかかりましたね。
でも作ったものとしてもなかなかすごい被写体でしょ。
Commented by scottts at 2007-05-16 01:50
タッドさんおはようございます。PC正常にもどってよかったですね。
運転しているときはきょろきょろして下さい、きっと面白い物を
見つけますよ。乾いた土で急な勾配を登るのは本当に大変でした。
カメラを2台ぶらさげて降りるのは、まじで恐怖でしたが、まあ
だれかさんよりは若いですから。
Commented by scottts at 2007-05-16 01:56
Junさん、I-90を走りながら遙か南のほうの丘のてっぺんに小さく
見えます。コロンビアリバーの景観に目をうばわれてなかなかこれに
気がつきません。本物でなくてもこの野生馬の群れは自然の大地を
感じさせるのに十分なインパクトがありました。
Commented by ichi-some at 2008-05-24 22:23
これですね!
今度は銅像ではなく、鉄板ですか。
やはりそちらの文化でしょうか、「粋」ですね~(ミスマッチな言葉?)
<< Iron horses 午後7時のスローバラード >>