Iron horses

↓の写真の種明かしです。鉄板で作った等身大の馬たちです。
下から見ると本当の野生馬の群れが高い丘の上で大空を背に嘶いているように見えます。
アメリカンインデアンのアーティストの作品でコロンビア川を見下ろしている野生馬を讃える彫像です。
ここへ登るのは結構急な勾配で滑りやすく大変でした。後から聞いたらガラガラヘビがいるので
草むらへは入らないようにとか、知らなかったので写真を撮るのにわさわさと入ってました。
ここへ立つと風の音と広大な空と雄大なコロンビア川の景観に包まれて、実際に野生馬が疾走しているようにも
思えて大自然に畏敬の念を抱きました。
コロンビア川を望んだスライド写真も撮りましたので出来上がってきましたらまたUPします。
e0038420_0123539.jpg

ELMARIT 28mm f2.8
by scottts | 2007-05-16 00:45 | ELMARIT 28/2.8 | Comments(6)
Commented by qjo-s-koshi at 2007-05-16 14:55
ねえ、本当にだまされちゃいましたねぇ~(^^ゞ
しかし山頂からの眺めは、なお一層広大ですね・・・
ガラガラヘビがいるのですか?何事も無くてよかったです・・・
カラーの写真も楽しみです。(^^)
Commented by yoshipass at 2007-05-16 16:59
まんまと、やられましたね~(笑)
日本とまったく違う景観、いつも楽しみにしています。
コロンビア川を望んだスライド写真・・・心待ちにしています。
Commented by nontan91 at 2007-05-16 18:08
まず気がついたのが、下とかなり高低差があるということ。
登るのが↓の写真の道しか無いとしたら、スコットさんのおっしゃるとおり
かなりの急勾配ですね、乾いた土の道なら滑りやすそうで怖いですね。
近くへ寄ってみた作品もかなり迫力です。背景もまさにアメリカで、
これはほんとに一見の価値ありですね^^
Commented by scottts at 2007-05-17 02:05
qjo-s-koshiさん、この広い景観は実にダイナミックでした。
ハイウエイがあって、コロンビア川の向こうには荒い岩肌と砂漠が
ずっと続きます。カラガラヘビはこのぽつんぽつんとある草の中に
棲んでいるらしいのですが、それを知っていたら見つけて
撮りたかったです。

Commented by scottts at 2007-05-17 02:12
Yoshi-Aさん、うまくいきました。わたしも下から最初見たときはドキッと
しましたが、動かなかったので彫像だろうと思いました。それでも
感動させられる姿でした。アメリカンインデアンが昔の自然を偲んでの
この作品は並大抵のアピール度ではなかったです。しばし絶句でした。
Commented by scottts at 2007-05-17 02:20
カメラマンの努力を分かっていただいて有り難う。
のんたんさんのように決して体育会系の体力があるわけでもないのに、
カメラ2台ぶら下げてずるずる滑りながらガラガラヘビの巣に向かって
なんとか頂上を極めたのですよ、降りるときはなお悲惨でしたが。
<< 地下道 Wild horses >>