午後9時

e0038420_23461132.jpg

R-D1s / SUMMICRON 35mm f2.0
by scottts | 2007-06-09 00:04 | SUMMICRON 35/2.0 | Comments(12)
Commented by travelster at 2007-06-09 00:17
なんと明るい!
これはscotttsさんの一日の終りなのかな!
それとも旅立ちの始まりなんでしょうか?
ボクにとって空港のロビーは非日常ですが、この写真の印象はとても日常的な雰囲気がします漂ってます!
Commented by nontan91 at 2007-06-09 00:58
しかし凄いな~と思ったのは、外の明るさと、中の明るさが
ちょうど釣り合っていて、どっちも適正露出になってる!
ちょうどいい時間帯なのか、スコットさんの魔術か?
ちょっと見とれてしまいました^^
たった一人しか座っていない男の人が写真を締めてますね。
Commented by scottts at 2007-06-09 01:37
travelsterさん、こちらは今、日没が9時頃です、明るいでしょ。
日帰りで戻ってきて出口ゲートへ向かっている途中でした。
普段混み合っているゲートもこの時間は閑散としています。
向こうに見えるのはアラスカ航空の飛行機で尾翼のエスキモーの
顔がシンボルです。 腹へったなあ早く帰ろうと思っていたのに
立ち止まって写真なんて真面目ですねえ。
Commented by scottts at 2007-06-09 01:58
のんたんさん、ISO感度は800で少し露出補正をしました。
丁度よかったでしょうか。 外と中の明るさも割とバランスが
とれている時間だったのでしょうね。 ここはシアトル空港の
一角ですが、飛行機に乗る人か、着いた人でないと入れない
ゲートで出口へ向かう途中、この場所はもう最終便が出た後で誰も
いなく大きな旅行カバンがこの人の横に置いてあってボヤっとテレビを
見ていたので、乗り遅れちゃったのかなあと思いました。 
サンフランシスコ、ロスアンジェルスあたりでしたら2時間半くらいで
着くので、今日中に家に帰りたかったのではと少し気になりました。
Commented by qjo-s-koshi at 2007-06-09 14:36
午後九時日没・・・夜明けは何時なのでしょう?
向うの空は日没後の淡い夕空なのかなぁ。。
この人の今宵の宿はとれたのかしら・・・
それとも一緒にと約束した人と会えなかったのかしら・・・
なんだか、映画やドラマのはじまりみたいですね・・・
Commented by tad64 at 2007-06-09 15:19
シータック空港だ! お腹減らしながらこれだけの写真を切り取られるなんて、もう完全に中毒症状ですよね(爆)
それにしても全てばっちりですよね!ますます腕上げて私かをどんどん突き放して行くんだから。
たまには振り返って待って欲しいものですね。。。(苦笑)
Commented by yoshipass at 2007-06-10 00:20
モノクロ、いいですね!
荒木じゃありませんが、センチメンタルです。
Commented by scottts at 2007-06-10 02:32
qjo-s-koshiさん、おはようございます。
日の出は午前5時過ぎです。 今の時期は夜が短くて睡眠時間も
アンバランスになってしまいます。 エアーポートには来る人去る人達の
いろいろなストーリーが詰まっているでしょうね。
Commented by scottts at 2007-06-10 02:36
タッドさん、そうですよね、いつもきょろきょろして歩いているみたいで
いやですね。 カメラをカバンに入れなければいいんですね。
タッドさんこそカメラは分身みたいなものじゃないですか。
Commented by scottts at 2007-06-10 02:41
Yoshi-Aさん、おはようございます。 モノクロはまだ慣れていませんが、
皆さんのを見ていいなあと思い少しずつ撮り始めています。
この人は私が気遣った状況とは全くちがうかもしれませんが、
写真というのは勝手に想像をめぐらすのも楽しいのかもしれませんね。
Commented by Ykuma at 2007-06-12 13:05 x
スコットさん、夏時間を使用している国にいくと日本では考えられない時間まで明るくてたまに時計を見忘れるとミスすることありますよね。エスキモーが二人微笑んでいますね。
Commented by Scottts at 2007-06-13 02:29
Ykumaさん、夜は遅くまで明るいのであれこれ動いてしまい
おっしゃるように時間を忘れて結局睡眠不足になります。 
先祖が日本人と繋がるエスキモーについてはとても興味があり、
シアトルからはさほど遠くないので将来一度彼の地へ行って
みたいです。


<< 無題 ゼラニウム >>