婦人服売り場

e0038420_23582850.jpg

R-D1s / ELMARIT 28mm f2.8
by scottts | 2007-06-21 00:05 | ELMARIT 28/2.8 | Comments(12)
Commented by qjo-s-koshi at 2007-06-21 00:31
いや~~~、、お国は違ってもご婦人に付き従う殿方の姿って変わらないのですねぇぇぇ(^^♪
思わず笑ってしまいました。(失礼)
あ、scotttsさんもここで奥様を待っていらしたんですか??
我が家のダンナ様は買い物に付き合ってなんてくれませんよ~
なんだかニコニコ顔で売り場から戻ってきた奥様とほっとしたご主人が大きな荷物を抱えて帰っていく姿まで想像しちゃいます。(^^♪
Commented by nontan91 at 2007-06-21 00:52
ははは^^
スコットさんのユーモアのセンスには笑ってしまいます。
一緒に服を選ばないのですかね~私なんか高いのを買おうとしたときに
ストップをかけるために、側についてます「それ似合わないよ」って(笑)
私のレンズの分を確保するためですが(笑)(笑)
Commented by Scottts at 2007-06-21 05:05
qjo-s-koshiさん、文化はちがってもこの図は同じということですね。
私はここでは待たなくて時間を打ち合わせて勝手に自分の好きな
ところへ行ったりします。 最後まで見届けませんでしたが、二人仲良く帰ったんだったらいいですね。
Commented by Scottts at 2007-06-21 05:21
のんたんさん、笑いますよね、この姿。 待ちくたびれて、
赤いシャツの人はもう切れかかっているし、真ん中の人はあきらめて
本をまた最初から読みなおしている(こちらは左から開きますから)
様子ですし、向かって右の人は雑誌を読みながら本越しにまだかと
向こうをながめてる。 勿論この写真は構えて撮ったのでなく
シャッター速度を上げて歩きながら腰だめで撮ったのですが、
気がつかれたら叱られたでしょうね、いい加減いらいらしている時で
しょうから。
なるほど高いの買うのをうまく止めなければいけないですよね、今度は
横にくっついてその作戦でいきます。
Commented by travelster at 2007-06-21 08:19
(^^)題名がナイスです!
どこの国も同じですねぇ〜。
でも、手持ち無沙汰でもなくカッコイイ。
Commented by heita39 at 2007-06-21 10:10
NORDSTROMのエスカレータ脇のソファーで3人3様の姿がとてもリアルに捉えられていますね。お見事です!
家内はいつもスコットさんの奥様に連れて行ってもらってましたよね(笑)
奥様は掘り出し物の服を探す名人なんだよ!ていつも言ってました。
一度ご一緒に売り場を回られれば如何でしょうか? きっと掘り出し物を見つけ出す極意を見抜けるかもですよ!
そしたら秋葉原でも役立つかも。。。ちーと対象物が違うか(アハッハ)
Commented by yoshipass at 2007-06-21 20:39
今晩は!
すごい写真ですね・・・
皆様のコメントで、言い尽くされてますので・・・(笑)(笑)
Commented by Jun at 2007-06-22 00:01 x
すごく基本的な疑問なのですが、どうして歩きながら、構えないで、
こんなちゃんとした構図の写真が撮れるのですか?
私は構えてもちゃんと撮れません。しかも相手に気がつかれないで
撮れるのは、魔法のようです!
Commented by Scottts at 2007-06-22 02:35
travelsterさん、そうですね、同じですよね。
こちらのお父さん達はほどんどの人が本などを準備して、
覚悟した待ちの態勢をとっています。
Commented by Scottts at 2007-06-22 02:50
タッドさん、問題は目的もなく買い物をするという潜在意識のもとに
町歩きに出かけて、掘り出し物ととなえて不必要なものを購入して
しまうという、叡智に長けた商売人の餌食になることで、更に問題は
友人をさそってその連鎖を広げていく、げに恐ろしきそのサークルの
拡大でございましょう。 そのために旦那さま方はデジタルカメラの
バッテリー一本を買うのを涙を凌ぎ、下唇を噛んで耐え偲ばねば
ならないのでございます。

Commented by Scottts at 2007-06-22 02:54
Yoshi-Aさん、おはようございます!
有り難うございます、苦笑してしまう写真ですね。
待っている方々の気持ちを見透かすようで失礼とは思いましたが、
我が身を撮っているつもりでした。^^;
Commented by Scottts at 2007-06-22 05:31
Junさん、いろいろな方法はあるでしょうけど、この時はカメラを左肩から
吊り左腰に安定させ画面の左から右に歩きながら右手をまわして
シャッターボタンを押しました。 
ピントはオートフォーカスでないので被写界深度が深い広角レンズを
使います。 室内ですと絞りをなるべく開けなければなりませんので、
ピント深度の有利性をあまり期待できないのですが事前に大体の
距離を予測してピントの成功率を上げます。 フィルム感度を上げ早い
シャッターがきれるようにしてブレを最小限にします。 構図は
思ったように撮るのは難しいです。 なかなかうまくいかなくて、
ほとんどはボツです。
この時は時間をおいて4枚ほど撮りましたがこれだけがまあまあでした。
でも傾き補正とフレーミング補正を写真ソフトで少ししなければ
なりませんでした。 例えば5月にアップしました「夏日の敬礼」は
なんの修正もなく100%生のままで、腰だめショットとしてはうまくいった一枚です。
<< 気力 路上アート >>