敗戦の帰途

e0038420_012922.jpg

R-D1s / ELMARIT 28mm f2.8
by Scottts | 2007-10-05 00:04 | ELMARIT 28/2.8 | Comments(10)
Commented by nontan91 at 2007-10-05 00:12
あらら、マリナーズ戦でしょうか?
みんな意気消沈してるでしょうね。サッカーもそうですが、みんな押し黙って
だれもあの時こうだったら~とか言わないんですよね。そんな雰囲気が
ものすごく感じられます。
Commented by Scottts at 2007-10-05 03:11
のんたんさん、そうなんですよ。 シーズンの終わりの方はこんな日が
続きました。 画面もザラザラ、気持ちもザラザラ。
Commented by NK at 2007-10-05 08:26 x
野球を知らないボクには、「敗戦の帰途」というタイトルにドキッとさせられました<(_ _)>
Commented by Scottts at 2007-10-05 13:23
NKさん、そうですよね、「敗戦」などと言えば何事がおこったのかと
思いますよね。 説明不足でした。
私が住んでいるシアトルにはメジャーリーグのマリナーズというチームが
ありまして、日本から来たイチロー選手も活躍しています。 優勝戦にからまるかと
期待していたのですが、バッテリーが無くなったかのように急に負けだしてしまいました。 
その負け試合で、皆意気消沈の帰り道の写真です。
Commented by yoshipass at 2007-10-05 18:43
こんばんは!
新潟にも、サッカーの、アルビレックスという地元チームがあって、
フランチャイズが、根付いてきていますが、負けたときは、
4万人ほど集まったサポーターが、結構静かに、意気消沈して帰るんですね。
何処も同じ、期待度が高ければ高いほど。
Commented by tad64 at 2007-10-05 18:43
ああ、懐かしい風景ですね! 私もここを通って駐車場までとぼとぼ帰った記憶があります。
勝った時のセフィコフィールドの雰囲気とは全く違うんですよね!
それにしてもスコットさんは感情を写し込むのがお上手ですね。
Commented by Jun at 2007-10-06 00:36 x
コロンビアタワーが今でも一番高いのでしょうか・・・
懐かしくて気持ちが高揚してしまい、写真の
トボトボに気がつくのが遅れました。反省・・・・
Commented by Scottts at 2007-10-06 02:25
Yoshiさん、おはようございます!
日本はサッカーがとても人気のあるスポーツと聞いていますが、4万人も
入るんですね。 アメリカはやはりアメフト、ベースボール、バスケットですね。
負けた時は同じ風景なんですね、上の写真も皆街灯の明かりをさけて
暗いところを歩いているのが面白いです。
Commented by Scottts at 2007-10-06 02:28
タッドさん、勝ったときは皆威勢がよくておしゃべりしながら上を見て歩きますよね。
ビルの明かりも淋しそうに見えますが、負けた日は本当に疲れますよね。
Commented by Scottts at 2007-10-06 02:34
Junさん、そう思います、70数階でしたか、このコロンビアセンター(タワー)が
今でも一番高いと思います。 ベルビューも建設ラッシュで巨大クレーンが
恐竜のように10数本建ってますよ。 こんど来られたら街の変貌に
びっくりされると思います。
<< 冬の準備 夕べの秋 >>