出会い

湖に沿った小道を歩いていたら、一羽のカモが尻を振りながらこちらへ泳いできた。
まるで旧知の友人に会ったかのように、ごく気楽に足下まで寄ってきてじっとこちらを見つめるのであった。 「どうしたんだい?」と聞くと、
「いやね、この前世話になったからお礼を言わなくちゃあと思ってさ。」と応えた。 耳にはぐわっぐわっという鳴き声しか聞こえないのだが、
言っていることは良くわかる。
そういえば随分前の話だが、ここら辺りで疲れ切ったようなカモがいて、持っいてたパンを分け与えたことを思い出した。 それから暫く話し合って、
再開を約束しその場を離れた。 次の世はきっと自分はカモになるのではないかと思った。 できれば雄でいたい。
今日も秋の風がさわやかに湖面をながれていた。
e0038420_073339.jpg

by scottts | 2008-10-23 00:13 | ELMARIT 28/2.8 | Comments(22)
Commented by tullyz2 at 2008-10-23 00:29
かもに当たった光がいいですね。
↓の話で写真の創り方に関する考えは同感です。
レンズの描写を見たい方も多いので、あまり手を加えずにアップすることも多いですが、
私も作品として作るときは一番感動できるように加工します。
でもいろいろと加工していると、撮りっぱなしの方がよかったりすることもあるので
なかなか難しいものがあります^^
頭で考えた写真より、そのままがよかったりするとレンズの力の偉大さを感じます。
Commented by scottts at 2008-10-23 02:18
tullyz2さん、この日は柔らかないい日でした。
レタッチはRAWファイルから基本的にホワイトバランス、トーンカーブと露出補正です。 
次に必要でしたらカラー調整ですか。 時にはトリミング、傾き補正することもあります。
おっしゃるように結局オリジナルに戻すこともよくあります。
Commented by fields24 at 2008-10-23 05:10
28ミリでこのカモの大きさは相当近いですね。
彼との対話が真実味を帯びています。
Commented by scottts at 2008-10-23 07:32
fields24さん、R-D1sですから実質42mmぐらいでしょうか。 足下まで来てましたよ。
カモとおしゃべりができるのはすごいでしょう^^。
Commented by chousan-drybox at 2008-10-23 09:33
丁度柔らかい光が鴨にあたり、湖面に浮かび上がってますね。
キャプションの前半のお話だけで、scotttsさんが鴨語に長けている事が分かります^^
湖の深い色に心を奪われそうです。
Commented by 武蔵野婦人 at 2008-10-23 10:14 x
童話の一ページを見ているような写真とコメントです。
優しい目のカモと穏やかな水面に向かって会話しているスコットさんが
見えますよ。
Commented by scottts at 2008-10-23 11:42
chousan-dryboxさん、強くなく弱くなく、この季節の光はいいですね。
あ、流暢に話していたのが分かっていただけましたか^^。
水に反射すると思いましたが、光の射す方向がよかったですね。
Commented by scottts at 2008-10-23 11:45
武蔵野婦人さん、本当にびっくりするほど無防備にこちらへ寄ってきました。
そこで私の語学力を駆使してカモ言葉を話したのです^^。 実にやさしい目のカモでした。
Commented by casta6c at 2008-10-23 12:32
いやはや、交友関係が広いですねえ。^^;
なかなか寄っては来ませんけどね、普通。
Commented by scottts at 2008-10-23 15:02
casta6cさん、あ、ちょっと知り合いなもんで。
久しぶりに会いました^^。
Commented by ramble-leica at 2008-10-23 18:07 x
深みのあるいい絵ですね。このカモは、ずーとscotttsさんを待っていたのですね。姿を見つけ、焦るきを押さえて、今ゆっくりと近づいて来ています。
Commented by tad64 at 2008-10-23 22:14
スコットさんってバイリンガルだとは知ってましたがまさか鴨語までおできになるとは思ってもいませんでした! 
ひょっとして飼っておいでの猫ちゃんともお話してるんじゃないでしょうかね。
一度奥さまにお尋ねしようかな?「そうなんですよ!」なんて答えが帰ってきたら大変だ!!
Commented by Jun at 2008-10-23 22:51 x
写真とコメントの両方で癒されました。
ちょっとシャイなカモですね。横顔が
素敵です。scotttsさんはカモでも
雄になりたいのですね・・・・・・ウ・・・・ン
Commented by nontan91 at 2008-10-24 00:55
あの~、また雄でいたい、というスコットさんの気持ちがおかしい^^
しかしよくパンなど持って歩いているものですね。
と思ったら、自分もリュックにおにぎり入れて歩いていました^^
斜光線と水面の波紋が美しいです♪
私は一度雌になってみたい(笑)
Commented by scottts at 2008-10-24 02:31
ramble-leicaさん、日の光の加減がよかったかもしれませんね。
目があったと同時にこちらに向かって来ましたのですこし驚きました。
Commented by scottts at 2008-10-24 02:37
タッドさん、そうなんですよ、特にかも語は得意なんです。
「ぐわっ」「ぐえっ」を基本し「くわっ」「くえっ」と展開していきます。
接続語に「けっ」などがあります。そして「ふぇっ」「ふわっ」などは
方言です。
Commented by scottts at 2008-10-24 02:41
Junさん、それは良かったです。
そうなんです、恥ずかしがってなかなか会話が始まりませんでした。
自分の性格を考えると「雌」では奔放になりすぎるのではないかと
思うんですよ。
Commented by scottts at 2008-10-24 02:46
のんたんさん、雄の方が行動範囲をより広くとれるのではと思いまして。
かも君はパンは好きでしたが、おにぎりはどうでしょうね。 梅干しは入って
いないほうがいいかもしれませんね。
のんたんさんは「雌」にいきますか、まあその願望もなくはないのですが。
Commented by NK at 2008-10-24 04:14 x
このやわらかな光の描写はどうだ!などと書こうと思いながら読み進めていって、「できれば雄でいたい」に、吹き出してしまいました。(@^^)/~~~
Commented by qjo-s-koshi at 2008-10-24 09:31
>「雌」では奔放になりすぎるのではないかと・・・
う~む、そうなのか・・・
私は雄になりたいと思ったけれど、奔放な雌カモも悪くないな・・・・
方言もこなすなら、瓢湖の白鳥おじさん(野生白鳥を餌付けした方です)になれますね(^^)
白鳥で有名な瓢湖ですが、それ以上にカモがたくさんきます♪
カモたちも喜びますが、私はスコットさんをスナップするために毎日瓢湖へ通っちゃいます(^^)
Commented by scottts at 2008-10-25 00:10
Nkさん、本当にそう思っちゃいましたので^^。
今の時期の光は夏の半分くらいのエネルギーのように感じます。
Commented by scottts at 2008-10-25 00:16
たまらさん、どうでしょうか、雄の本分、雌の本分などありますよね。
とまあそれは常識的なことで、それを外すと奔放なんて言われるのですが、
そのほうが面白いのは事実かもしれません。
一度瓢湖をお弁当持ちで訪問して、白鳥語と鴨語でおしゃべりして交際を広げたいですねえ^^。
<< 街へ下る小道 階段 >>