アメリカン フラッグ

町にいつものような静かな一日が過ぎて行くひととき。 しかし、実は、金融危機の風が吹き荒れてパニック寸前でぎりぎりに耐えている人々の
眠れない夜が始まるのだ...。  私はこの虚飾の風景を美しく思う。
e0038420_0592133.jpg

by scottts | 2008-11-14 01:00 | ELMARIT 28/2.8 | Comments(24)
Commented by pretty-bacchus at 2008-11-14 01:55
すごい〜〜〜!
揺れる星条旗は、まさに今のアメリカですね!
シャッポーです、、、

おやすみなさい、スコットさん、

Commented by nontan91 at 2008-11-14 02:01
どこでも今回の危機はかなりきついもののようですね。
とくに震源地の米国は深刻なのでしょう、はためく米国旗がいつもは
誇り高く見えるのに、スコットさんのコメントを読んだからでしょうか、
unstableな現況を象徴しているようにもみえます。
でも何も言われなければ、美しい建物と湖が垣間見える素敵な写真であります。
Commented by scottts at 2008-11-14 02:24
pretty-bacchusさん、威風堂々とはためいている国旗が
息を切らしそうな人々の呼吸に見えてしまいます、私も含めて。
おやすみなさい。
Commented by scottts at 2008-11-14 02:35
のんたんさん、なにか日本の方々に申し訳ないような心情です。
住宅バブル、石油パニック、金融破たんそして大統領選とアメリカは疲れていますね。
キャプションなしで風景だけ見ていただいたほうが良かったかもしれません。
Commented by tamo at 2008-11-14 18:56 x
明るい未来を思わせるSHOTです、日本では祭日に国旗を掲げるのをほとんど目にしなくなりました。アメリカに行ったときに連れて行ってもらった旗専門店の大きさ、国民の旗に対する気持ちの大きさに驚きました。
Commented by shingai at 2008-11-14 20:49 x
泣いてる人達には申し訳ないですが、全部必要なプロセスなんでしょう。米国だけでなく世界レベルらしいですが、それもまた必要なプロセスなんでしょうね。
Commented by Jun at 2008-11-14 22:19 x
日本の総選挙をアメリカでは無視でしょうが、
日本はアメリカの大統領選挙は夢中で見て
います。このアンバランスがすごい・・・・
国旗の下に団結できる国と、自分の国を恥て、
国旗を掲げることを拒否する人が多い国と・・・
Commented by yoshipass at 2008-11-14 22:32
ブームとパニックの繰り返しという循環が経済の流れにあることは、解ってるはずなのに、
流れをとめることができない愚かさは、変わっていないのですね・・・
写真は、良いですね(^^)
Commented by scottts at 2008-11-15 04:10
tamoさん、そうですよね、こんな経済の低迷状況でもこの国旗のように元気よく
はためいて回復すると思います。 確かにこちらでは国旗への関心は高いですね。
Commented by scottts at 2008-11-15 04:13
shingaiさん、不思議ですね。 何でも物事は上り詰めると頭を打たれて、
(ときにはそれに飽きて自分から)どーんと下へ落ちますね。
上がったり下がったり人間というのは忙しい生き物ですね。
Commented by scottts at 2008-11-15 04:22
Junさん、それは私も感じます。 普通(?)の人も地域社会、あるいは国の方向性に
関心が高く、大統領選についての知識も意見も驚くほど持っていました。
各々しっかりした考えをもっていますから賛成不賛成もはっきりしていますね。
Commented by scottts at 2008-11-15 04:28
Yoshiさん、そうですよね、同じ事の繰り返しのように見えます。
それをなぜ学習できないのでしょうね。 予測できにくい要因もあるのでしょうけど
プロがそれでは困ります。 一番被害を被るのは一般の人たちですね。
これは平和な写真としておきましょう。
Commented by tullyz2 at 2008-11-15 10:47
星条旗が素敵ですね。奢れる者も久しからず、でしょうか。投資銀行なども次々と破綻してしまい、結局誰が儲かったんでしょうね。誰のためにもならなかったからバブルなんでしょうね。欧米もリセッションが始まっているようなので、日本の景気減衰が心配です。
Commented by casta6c at 2008-11-15 15:04
しかしアメリカの消費が冷え込んで、
世界的にモノが売れない時代になりましたね。

せめてカメラだけでも買おうかな。
世界経済のために。^^;
Commented by scottts at 2008-11-15 17:28
tullyz2さん、こうして勢いよくはためいているとなかなか勇ましくて恰好いいですよね。
しかし今の米国の市場状況は最悪で、年末にはどうなるんだろうというひどさです。
日本には踏みとどまってほしいです。
Commented by scottts at 2008-11-15 17:30
casta6cさん、今は皆お金を使わないですよ。 今後どうなるか分かりませんから。
どうぞカメラもレンズも買って下さい、そしてすばらしい写真を皆に見せて元気を
与えて下さい^^。
Commented by tad64 at 2008-11-15 17:36
米国発の金融恐慌は今や世界にまで広がり、しがない年金生活者にまでも衝撃的な打撃を与えちゃいましたね!
でもこの星条旗を見ていると、それに耐えてまだまだ負けられないぞ!
と言う意気込みが感じられます。そう理解したいからなんでしょうが。。。
Commented by ramble-leica at 2008-11-15 19:40 x
こんばんは。手前の揺れている星条旗。時が経てば必ずや向こうにみえている世界を静観する星条旗に成るんでしょうね。相変わらず、素晴らしい画角ですね・・・
Commented by chousan-drybox at 2008-11-15 20:39
星条旗を揺らす風は、来年になると穏やかになるのでしょうか。
夕方のアンバーの光と風は、いろいろ考えさせてくれます。
Commented by scottts at 2008-11-16 01:16
タッドさん、米国発で肩身が狭いです。
星条旗は元気よさそうですし、町にも明るい灯がともっていますが
将来を案ずる気持ちは切迫していますね。
Commented by scottts at 2008-11-16 01:21
ramble-leicaさん、こちらの空気は緊張感があって、皆がんばって耐えている感じです。
今の状況は時間が解決してくれると思いますが、こちらの金融危機で世界に及ぼした責任を
どう始末するのでしょう。 有り難うございます。
Commented by scottts at 2008-11-16 01:26
chousan-dryboxさん、誰もが来年の好転を望んでいるのですがそれまで耐えられるか
緊迫感があります。 ドル安もどう影響してくるのでしょう。
この星条旗の風にはためく元気よさと町の落ち着いた光が虚像に見えます。
Commented by 音羽屋 at 2008-11-18 13:57 x
いいすね「虚飾の風景」。アメリカとはなんなのか。アメリカ人でもないのについつい考えてしまいます。
日本の地方の国道沿いの風景はそれとは対照的に「等身大の風景」って感じですよ。でかい看板、ムダに明るいだけの電飾。
Commented by scottts at 2008-11-18 16:38
音羽屋さん、まあ虚飾でもきれいそう良さそうに見えるのはいいです。
アメリカも遂にリーダーシップを失ってしまいましたね。
等身大の風景も素朴でいいかもしれません。
<< 晩秋 夜・深まる気配 >>