午後の光 林の中にある家

e0038420_052879.jpg

[G1]
by scottts | 2009-01-21 00:08 | ELMARIT 28/2.8 | Comments(28)
Commented by travelster at 2009-01-21 00:32
なんとなく春の気配すら感じます。
こんなところを散歩出来るのがいつも羨ましく・・・
これから歴史的瞬間を観ようと思っています。
Commented by Jun at 2009-01-21 01:02 x
懐かしい景色です。構図と光でこんなに立体的に
家が輝くのですね。昔の家も撮っていただきたかった・・・
アメリカは今日は大変ですね。軟弱なので予約録画して
寝ます。もう少しですが待てませんでした・・・・
Commented by scottts at 2009-01-21 04:08
travelsterさん、日当たりの中はホッカリと暖かかったです。 自然が多いのはいいですね。
"歴史的瞬間"見ましたが感激的でした。人々の期待がすごいですね。
Commented by scottts at 2009-01-21 04:11
Junさん、光の当たり方で趣がすっかり変わります。 午後遅くの光は柔らかく包み込むように
被写体を照らしてくれますね。 就任式は起きてからゆっくり見て下さい。
Commented by NK at 2009-01-21 05:08 x
56mmのエルマリート。絶好の画角ですよね。(*^^)v
Commented by abearcafe at 2009-01-21 08:33 x
アメリカなのにイギリスみたいな感じですね~
ピーターラビットが出てきそう^^
木の動きや全体の構図が東海道五十三次のようで好きです。
勉強になります!
Commented by scottts at 2009-01-21 09:36
NKさん、前は50mmはあまり使わなかったのですが、この28mmは56mmになっているのに
使いやすいのはどうしてでしょうね、慣れれば何でもいいのかなあ。
Commented by scottts at 2009-01-21 09:40
abearcafeさん、この家は古いですねー、イギリスの農家のようですね。
周りにはリスも野ウサギもいますよ、そして手前の芝生のぼこぼこは
モグラ君の奮闘のあとです。 家よりも、日が当たっているこの大きな枝の形が好きでした。
Commented by tad64 at 2009-01-21 11:28
こう言う自然の緑の中に建つ一軒屋に一度で良いから住んでみたかったです。
単身でアメリカに赴いた時は、当初このような家とアメ車の生活を夢見たのですが
友人の強い勧めで両方とも諦めました。
家は庭の掃除が大変で隣家からクレームが出るとか。車は日本車にしないと
メンテナンス費用で大変なことになると言う理由でした。
英語もろくに出来ないのに一人でアパート探しを何日も続けて12thセントラルスクエアにしたのです。
車は当初ホンダのアコードを隣の郡まで買いに出かけました。郡によって消費税率が異なるんです。
今から考えると一人でよくもこんな大胆なことやったなーあと自分のことながら驚いてます。(爆)
Commented by nontan91 at 2009-01-21 13:04
↑tadさんも大変だったのですね。
この木越しの構図がとてもいいですね。こんな空気感と光線は新潟では無理です(笑)
とても素敵なお家ですが、維持するのは大変そう!
メイドが3人、執事が一人、庭師も必要みたい^^;
みるだけで素晴らしいですが、憧れのままにしておきます。
Commented by tamo at 2009-01-21 16:22 x
物凄く大きな木ですね?それともカメラのマジック?
光と空の青さに晴れ晴れとした明るい気持ちにさせてもらいます。
東京も少しづつ日が長くなってきて、何故か嬉しいです!
Commented by scottts at 2009-01-21 17:09
タッドさん、アメリカンドリームですね。 私は最初はサンフランシスコでしたが、
やはり一年ほどは単身でアパート住まいでした。 車はアメ車でしたよ、1968年フォードマスタング中古です。
故障ばかりしてましたが、あの8気筒の低くごろんごろんと唸るのがたまりませんでした。
Commented by scottts at 2009-01-21 17:16
のんたんさん、この木に丁度日が当たってシルエットにならずによかったです。
雨の後の快晴は空気が澄んでいますね。
家の維持だけでなく前庭の芝生をぼこぼこにするモグラ君との追いかけっこも大変そうです。
Commented by scottts at 2009-01-21 17:20
tamoさん、大きな木の枝がぐーっと張りだしていい構図を作ってくれました。
こんな光は気持ちいいですね。 あっという間に春が来そうですよ♪♪
Commented by ramble-leica at 2009-01-21 18:02 x
今晩は。本当に絵心のあるフォトですね。いいですね。落ち着きます。光といい、エルマリートの色が渋い・・・
Commented by casta6c at 2009-01-21 18:47
おお、これはまた良いですねえ。
色もすっきりしてるし、立体感があるような。
日差しの入れ方も・・・ニクい!!
Commented by tullyz2 at 2009-01-21 19:21
きれいですねー。これの美しさはエルマリートなしでも出るのでしょうか?
色のりのよさはエルマリートだからかなと思ったりするのですが。
こういうのを見せられるとG1もいいかもと思ってしまいます。
Commented by ichi-some at 2009-01-21 21:40
気持ちのいい光の差込みですね~
新潟もここ数日は日差しだけは春のようですが、今週末からは、また雪だるまマークのようです。
Commented by chousan-drybox at 2009-01-22 00:13
ほっとする写真です。
エルマリートの堅実な渋さは健在ですね。
G1 使いたくなりますね。
Commented by yoshipass at 2009-01-22 00:13
美しい光、美しい色調、美しい被写体の、美しい写真ですね!
Commented by scottts at 2009-01-22 06:16
ramble-leicaさん、こんにちは。 有り難うございます。 冬の快晴は空気が澄んで
本当にきれいですね。 午後遅くで光も柔らかな頃合いでした。 エルマリートの色は好きです。
Commented by scottts at 2009-01-22 06:18
casta6cさん、今に時期、すっきり晴れためずらしい日でした。
手前の大枝に日が差してシルエットにならなかったので良かったです。
Commented by scottts at 2009-01-22 06:23
tullyz2さん、一度他のレンズと同じ場所で撮って比較すると面白いかもしれませんね。
持っているエルマリート21、28、90mmは皆色がしっかりでてくれて好きな個性です。
G1は軽いしいろいろ便利ですね。
Commented by scottts at 2009-01-22 06:25
ichi-someさん、散歩の通りがけなんですが、光のタイミングはよかったですね。
そちらは又寒くなって今度は本格的な雪世界になるのでしょうね。
Commented by scottts at 2009-01-22 06:26
chousan-dryboxさん、こういう場所は気持ちを癒してくれますね。
人ごとながらこの古い家も維持していってほしいものです。
G1は今のところお気に入りです。
Commented by scottts at 2009-01-22 06:30
Yoshiさん、美しいの四拍子。 女性をいれていたら五拍子でしたねえ。
有り難うございます、お天気のいい時は風景を撮りたくなりますね。
Commented by chomechomen at 2009-01-23 03:09
エルマリートのコッテリ描写は本当に美しいですねぇ。
体調復活おめでとうございます。
ぶりかえさないようくれぐれもご自愛ください。
Commented by scottts at 2009-01-23 11:52
chomechomenさん、エルマリートは21、28mm共色調がすきです。
90mmもありますが、あまり使ってません。
ベッドにつくほど悪くならないうちに直ってしまったようです。 有り難うございます。
<< 午後の光 川辺 快晴 >>