春景

「江は碧にして鳥いよいよ白く、山は青くして花燃えんと欲す」高校の漢文の教科書にあった杜甫の絶句がふと浮かんだ。 エアポート午前4時30分、空港内のディスプレイに春を感じる。
e0038420_04465.jpg

[G1]
by scottts | 2009-03-06 00:05 | SUMMILUX 35/1.4 | Comments(22)
Commented by tullyz2 at 2009-03-06 01:05
にじみなどの描写は球面ズミですが、色はG1らしくストレートですね。
昨日はかなり雪が降って10cmくらい積もりました。春を感じたいところですが、まだまだです。
それにしてもすごい時間に空港にいるんですね^^
Commented by k7003 at 2009-03-06 03:07
この杜甫のことば、だいすきです(^_-)-☆
人年老いていよいよカラオケで麗声、とも。
Commented by scottts at 2009-03-06 04:05
tullyz2さん、この程度の滲みはあまり邪魔にならなくていいですね。
雪なんですか、さてぼちぼちと思っていただろう草木の芽がひっこんじゃいますね。
この日のフライトは午前6時でしたがセキュリティチェックが厳しいので早めに着きました。
頭もうろうでこれが春に見えたかも^^。
Commented by scottts at 2009-03-06 04:10
NKさん、英語の大家も漢詩がお好きなんですね。
カラオケ、、、もう15年以上してませんねえ、夢一夜って
まだ残ってますかねえ。
Commented by nontan91 at 2009-03-06 13:07
よくこんな漢詩が思い浮かびましたね~ここでスコットさんの書かれたものを見て
頭の中に杜甫、李白・・・次々何十年ぶりによみがえってきました。
このような現代の花器でも古い漢詩の記憶を呼び起こすような力があるんですね。
ディスプレイというのは大事なんだ^^
Commented by scottts at 2009-03-06 16:28
のんたんさん、なぜこういうところで漢詩なぞ思い出すんでしょうね。
「春」が欲しかったのと、このディスプレイの彩りで連想したのだと思います。
暗い部屋で照明に浮かぶこの色は刺激的でした。
Commented by ichi-some at 2009-03-06 17:56
この壺の絵柄が漢詩を連想させるのでしょうか?
写真意外のものからインスピーレーションを右脳に蓄積することも大切ですね!
こうして皆さんを訪問して、音楽や読書に親しんでる方が多いんxだなとつくづく感じてます。
ご無沙汰している読書をしようかな。^^
Commented by casta6c at 2009-03-06 19:48
良く見ると、なかなかポップなデザインの陶器ですねえ。
そんな自由な発想が春っぽくていいです。^^
Commented by ramble-leica at 2009-03-06 21:43 x
今晩は。G1でズミのいい描写ですね。
また、きれいな色彩の壷。あったかいですね。
Commented by yoshipass at 2009-03-06 21:46
いつもながら良い発色です。
しかし、書き下し文までリズムがよいです。
あまり勉強しなかったので、浮かびませんが(笑)
Commented by at 2009-03-06 23:22 x
こんばんわ。
色、形、質感から春を感じとるスコッツさんの感性がすばらしい。(#^.^#)
そちらは春を過ぎた常夏なのに、、、
こちらは観梅の季節です。
桜のあたたかさを ひとあし早く 味わったのですね^^)  (シアトルでしたか?、まだ冬ですよね?)
Commented by scottts at 2009-03-07 02:43
ichi-someさん、春が早く来ないかなあ(潜在的欲求)→(ディスプレイを見て)春の野山のようだなあ、花もいっぱい咲いてる(想像)→そう言えば春を愛でるこんな漢詩があったっけ(記憶)→は~るよ来い、カチリ(シャッターボタンを押した音)(願望)とこんなことでした。
Commented by scottts at 2009-03-07 02:46
casta6cさん、この派手派手は春のきらびやかですよねえ。
まだ冷たい気候にはうれしい色です。
Commented by scottts at 2009-03-07 02:48
ramble-leicaさん、特に暗めの場所はこのレンズの出番ですね。
けして品がある彩りではないですが、春のように力がありますね。
Commented by scottts at 2009-03-07 02:50
Yoshiさん、総天然色的な色でしょう。
漢詩の風流さにいつも憧れます。 ほとんど覚えていませんが、たまに読むといいなあと思います。
Commented by scottts at 2009-03-07 03:03
bさん、おはようございます。
ichi-someさんの返事に書いたようなプロセスの発想ですが、暗い中で強烈なアピールをしていました。
↓の写真はハワイ島へ行ったときのものですが、住んでいるのはシアトルで、まだ冬の気候です。
この写真はシアトル空港です。 梅ですか、いいなあ、観梅しながら熱くて苦い日本茶を飲みたいなあ。
想像の世界に入り込むのが好きなんです。
Commented by tamo at 2009-03-07 08:58 x
これらの壷に以前会った事が蘇ってきました、ヨーロッパでしたか、アメリカでしたか定かでは有りませんが、(私の友達に良く似た作品を作る人がいて、陶器ではなく七宝焼きですが)はっきり覚えています、ポップな色で
春爛漫な感じですね。庭の緋寒櫻が満開です、そめいよしのの開花が待たれます。
Commented by scottts at 2009-03-07 16:53
tamoさん、サイケ調、ポップ調、とに角華やかですが、これは自然光より
ライトの方が深く映える色ですね。
緋寒桜、何年も見てませんが濃紅色が冷たい空気の中で咲き誇っているのが
目に浮かびます。
Commented by Jun at 2009-03-07 21:01 x
外が暗いので、空港の中は派手になったのでしょうか。
春を感じる素敵な色たちです。春の詩では、すぐには
春の小川しか思い浮かばない・・・教養の貧困ですね。
Commented by scottts at 2009-03-08 00:06
Junさん、早朝にこのような総天然色を見ると目が覚めます。
よく知るような知識はないですが、漢詩の味わい深さは好きです。
春の小川、春よこいなど、童謡もとてもよく情景を表現していて「春」の
歓びを感じます。 連想が春の小川でも全くよかったです。
Commented by chousan-drybox at 2009-03-08 21:59
春らしい楽しい写真ですね。
かるい滲みが素敵です。
Commented by scottts at 2009-03-09 03:52
chousan-dryboxさん、こんなディスプレイでも春をきちっと
表現してくれているんだなあと思いました。 
<< 暮れ方 あの日 >>