カテゴリ:SUMMICRON 35/2.0( 112 )

ビジネスミーティングに

相変わらずのアウトロー。 無断撮影とはけしからん、そして無断掲載も。 ごめんなさい、村山さん。
e0038420_7475458.jpg

[M Monochrom]
by Scottts | 2013-09-27 07:53 | SUMMICRON 35/2.0

なんといったらいいのか...

おいしかったけど写真で見ると...
ヨドバシのKさん、いしずかさん、かよさんと神楽坂にて
e0038420_8325417.jpg

[M Monochrom]
by Scottts | 2013-09-26 08:34 | SUMMICRON 35/2.0

リバーサイドホテル

日が落ちてくる頃、石の建物も情感を帯びてなまめかしく変貌する。
e0038420_105688.jpg

[M Monochrom]
by Scottts | 2013-09-25 10:13 | SUMMICRON 35/2.0

珈琲店

パイプたばこを薫らせ、香り高いコーヒーを楽しみながらゆっくり時間をすごせれるのは昭和が残る銀座のこの辺りならではの一コマかな。
e0038420_82118.jpg

[M Monochrom]
by Scottts | 2013-09-24 08:11 | SUMMICRON 35/2.0

二組の家族

こうして友人家族と休日の食事をいっしょにするっていいなあ。 会社の同僚だろうか、学生時代の同級生だろうか。 自分の年代になると喜びや悩みも共有していた友はいなくなり、こんなシーンが昔を思い出させてくれるんだ。
e0038420_841851.jpg

[M Monochrom]
by Scottts | 2013-09-23 08:51 | SUMMICRON 35/2.0

昭和の天ぷら

高円寺北の商店街は正に昭和の匂いを残すスポットで、来たことがないのに何となく懐かしさを思わす通りだ。 もう何でもありでとてつもなく面白い店が多くある。 その路地の奥まったところに、すっとは開かないガラスの引き戸の一見屋台のような店がある。 カウンターに精々10人くらいが座れて、揚げている天ぷらの油がこちらへ飛んでくるくらいの目の前でのぶさんと二人の若いアシスタントが無駄のない動きで料理や配膳をする。 ここは「天すけ」という屋号の店だ。

活け車エビや小魚に軽くてかりっとした衣が絶妙だ。 塩を少しつけてひと噛みしただけで、もうのぶさんのこだわりの味が、がつんと飛んできた。
e0038420_9303166.jpg

稚鮎やウニのアボカド巻きや貝柱とチーズをレンコンではさんだ天ぷらなどなど
e0038420_9303510.jpg

あれこれ食べ進んだところでいよいよのぶさんのパフォーマンスが始まった。
生卵をすぱっと割って
e0038420_9304355.jpg

前を向いたまま殻を後ろのかごにひゅっと投げ入れ
e0038420_9304974.jpg

衣を卵の上にばんばんと振りかけて揚げ上がり、締めは天ぷら卵丼だ。
e0038420_9305623.jpg

ごはんは少しにしてもらって、これがまた最高、撮ろうと思う間もなく胃の中へ直行。

カメラの上に霧雨のように飛んだ油を指で念入りにすり込んだら鈍い光で黒が輝いている。 「天すけ」ブランドのMMができあがった。
[M Monochrom]
by Scottts | 2013-09-21 11:57 | SUMMICRON 35/2.0

中秋の名月

日本で見る満月は格別のもの
e0038420_1436462.jpg

[M Monochrom]
by Scottts | 2013-09-20 14:44 | SUMMICRON 35/2.0

スナップ

一脚を使わないときはカメラを首ではなくどちらかの肩からたすき掛けするか、右手にストラップを巻き付けて持つことが多い。そしてノーファインダースナップはたいてい左脇腹からショットする。
e0038420_16115654.jpg

[M Monochrom]
by Scottts | 2013-08-19 00:00 | SUMMICRON 35/2.0

バイオリンを弾く少女とおじいさん

e0038420_15231675.jpg

[M Monochrom]
by Scottts | 2013-08-17 00:00 | SUMMICRON 35/2.0

ライトスタンド

e0038420_15304353.jpg

[M Monochrom]
by Scottts | 2013-08-07 00:00 | SUMMICRON 35/2.0