<   2007年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

Short trip to Hurricane Ridge - 9

これぞアメリカ屋台立ち食いレストラン、ここのスペッシャルメニューは特大のスチームオイスター。 何十年間も使い込んだような道具類、
冷蔵庫も傾いていたって外から違法に引っ張ってきた電気でなんとか動いてるようだし、修羅場をくぐってきてこんなに頑丈そうになったけど
若い頃は手当たり次第にイケメンのにいちゃん達を手玉にとって捨ててきたもんだわさ風のおばちゃんがグッとこちらを睨んだ!
「ちょっとそこの旦那こっちへ来てみーな(なぜか関西弁風)、どや海の匂いがきっつうするやろ、あったりまえやんけ、
こいつら(オイスターを指さして)今朝のとれとれやでうまいに決まっとるやんか、疑(うたご)うたらバチ当たるで。 
あんた男前やさかい(注:これは個人的翻訳)に安うしといたるわ、どやこのバレーボールみたいなのを3コとクラムチャウダーも付けて、
清水の舞台から飛び降りたつもりで10ドルにしといたるわ、文句有るんだったらフランス直輸入のパンも付けたるで、
どや、ここまで言うとるのに喰わんかったらお前大バチがあたるでほんまに。 どや、ど~やねん、はよ返事せんかい、お前、頭の回転が悪いのお。」
「...ハイ、いただきます、すいません。」
e0038420_21581391.jpg

これがまた今まで食べたオイスターで一番の味。 ちよーど頃合いにふっくらと蒸しあがったのを口いっぱいに噛めば
次の瞬間香ばしい海のミネラルと牡蠣独特の深みのある複雑なうまみが絶妙なバランスで口腔内を駆けめぐり
ついには舌の上に着陸したカケラが味覚受容体細胞の隅々にまでこれでもかとグルタミン酸、イノシン酸などの存在を知らしめる所業には
スコットもたじたじとなり、たまらず鼻孔からその気を吹き出すに至ったのであります。 
付いてきたクラムチャウダーもパンもすこぶる旨く今回の旅の食は大当たりの巻と相成りました。
R-D1s / SUMMICRON 35mm F2.0
by scottts | 2007-08-31 22:09 | SUMMICRON 35/2.0 | Comments(10)

Short trip to Hurricane Ridge - 8

今日は日曜日、町の一角で小さなアートフェアをやっているが皆教会へ行っているのか人はまばら。 聞こえてくる軽快なカントリーミュージック。
お~、オールドボーイズの年季の入った歌と演奏は本物だ!
e0038420_2356198.jpg


リズミカルな音は無機質に響き、この小さな町の空へ消えていく。 見物人は計一名。
e0038420_02555.jpg

R-D1s / SUMMICRON 35mm f2.0
by scottts | 2007-08-30 00:07 | SUMMICRON 35/2.0 | Comments(10)

Short trip to Hurricane Ridge - 7

ここはポートギャンブルという小さな港町で19世紀中頃は製材で栄えたという。 その頃の町長さんが住んでいたロマンチックなクイーンアンスタイルの家。
e0038420_23403494.jpg

R-D1s / ELMARIT 28mm f2.8
by scottts | 2007-08-28 00:01 | ELMARIT 28/2.8 | Comments(11)

Short trip to Hurricane Ridge - 6

ポートアンジェルスの街角で寄ってきたおじさん、「よう、元気?たばこある?持ってたら一本頂戴。」 「あ、持ってないです。」 「あっそう、いいカメラ持ってるねえ、
わしも昔は女の子をカメラでびんびんいわしてたもんだ、ワッハッハ。」 「.....?」
「何してるの?」 「ディナーをどこで食べようかとぶらぶらしてたんです。」 「そりゃナイスタイミングだねえ、わしはそこの中華屋でバーテンダーやってるんだよ。
うまくて評判の店。 おいでよ、特別料理をオーナーに頼んでやるからさ。」 「あ、どうもありがとう。 でも今日はイタリアンレストランへ行こうかと思ってたんです。」
「中国はやめて伊太利亜か、ワッハッハ。」 「.....??」
「知ってるよ、アメリカで一番の店を。」 「あ、そうですか。」 「ここをまっすぐ行って、角を右へ回った右にあるよ。」 「じゃあちょっと行ってみます。」
「うん、うまいよ。」 「有り難うございました。」 「わしもこんど日本へ行くから、又その時に、ワッハッハ。」 「.....???」
とても気のいいおじさんだった。
e0038420_2195248.jpg

R-D1s / SUMMILUX 50mm f1.4

さてこのイタリアンレストラン[Bella Italia] 、いままで食べたイタリア料理で一番おいしかったかと思うほどの本格的で最高の味。 ビバおじさん!!
http://www.bellaitaliapa.com/ 
e0038420_025440.jpg

R-D1s / ELMARIT 28mm f2.8
by Scottts | 2007-08-26 00:14 | SUMMILUX 50/1.4 | Comments(10)

Short trip to Hurricane Ridge - 5

霧に覆われる前に撮れた雪渓の中の縦長に青く光る氷河...
e0038420_23441371.jpg

R-D1s / Thambar 90mm f2.2
by scottts | 2007-08-24 00:05 | Thambar 90/2.2 | Comments(12)

Short trip to Hurricane Ridge - 4

このカメラは50mmレンズで中望遠になるので山を近づけたりカラーにしたり、モノクロにしたりあれこれ試してみる..と..なんだか暗くなってきた。
e0038420_320440.jpg

R-D1s / SUMMILUX 50mm f1.4

突然、ホントに突然霧が視界を遮った。 寒い! 急いでレンズを21mmに交換する。
e0038420_024772.jpg

R-D1s / ELMARIT 21mm f2.8
by scottts | 2007-08-22 00:11 | SUMMILUX 50/1.4 | Comments(10)

Short trip to Hurricane Ridge - 3

オリンピック山脈の一辺ハリケーンリッジがあるオリンピック半島はワシントン州の西部にあり、西は太平洋、東はピュージェット湾、
北はファン・デ・フカ海峡(向い側はカナダ)にそれぞれ面している。 オリンピック国立公園の面積は3,734平方キロで、奈良県とほぼ同サイズ、
東京都の約1.66倍。そのほとんどは国有林である。
オリンピック山脈の標高は約8千フィート(2,670メートル)だが、太平洋から吹きつける湿った暖かい風が山脈の西側斜面に大雨を、
そして頂上には大雪 をもたらすため、山脈の頂上付近の降雪量は125フィート(38メートル)にも及ぶ。
また、 冬は雨、夏は霧という気候のおかげで、常に高湿度が保たれる半島の西側には世界遺産に指定されている針葉樹のレイン・フォレスト(温帯雨林)がある。
木膚 を緑の苔やヒカケノカズラに覆われたこの温帯雨林はオリンピック国立公園の目玉の1つ。 この地域の年間平均降雨量は米国本土最大。
e0038420_0447.jpg

R-D1s / ELMARIT 21mm f2.8
by scottts | 2007-08-20 00:07 | ELMARIT 21/2.8 | Comments(12)

Short trip to Hurricane Ridge - 2

キングストーンから一時間半ほど西へ、ポートアンジェルスからガードレールもない道を約30km登り標高1,600mのハリケーンリッジの尾根に着いて先ず目にしたのは
野生の鹿で、この子鹿は花をおいしそうに食べていた。 
この辺りには熊、クーガー(ピューマ)、鹿などの他、いろいろな小動物が生息していると聞く。
e0038420_23595994.jpg

ともあれ曇り気味だった天気が尾根は晴れ間もあったのでひと安心。 
R-D1s / SUMMICRON 35mm f2.0
by scottts | 2007-08-18 00:05 | SUMMICRON 35/2.0 | Comments(8)

Short trip to Hurricane Ridge - 1

シアトルダウンタウンから直線距離で約120キロ北西にある天候の変化がはげしくて名付けられた尾根、ハリケーンリッジを目ざして
朝早く出発 - 少し北のエドモンド港からフェリーに乗り湾を横切る。 
まだ眠く頭はモウロウ、目に眩しい空と海...でもめくるめく心地で見る景色は美しく.. 
e0038420_10131184.jpg

R-D1s / SUMMILUX 50mm f1.4

間もなく対岸のキングストーンに到着だ。 熱いコーヒーで目を覚ます。
e0038420_0241553.jpg

R-D1s / ELMARIT 28mm f2.8
by scottts | 2007-08-16 00:32 | SUMMILUX 50/1.4 | Comments(8)

ジャスミンの誘惑

e0038420_23484385.jpg

R-D1s / Thambar 90mm f2.2
by scottts | 2007-08-14 00:02 | Thambar 90/2.2 | Comments(6)