<   2008年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

冬の日差し

雨シーズンでもたまにあるのどかな日は気持ちもほころび喜びを与えてくれる。 ここはこの州でいちばん大きなLake of Washington。 少し寒いけど天気がいい日は近くの駐車場に車を止め、目的も定めずにぶらぶら歩くのにいい場所だ。
e0038420_11392276.jpg

犬もうれしそうに湖に飛び込んで泳ぎ回っていた。 今の時期、ちょっと真似できないなあ。
e0038420_11423275.jpg

by scottts | 2008-01-31 11:49 | SUMMILUX 50/1.4 | Comments(10)

立春

明るく、日が輝くようにこういきたいものだ。
e0038420_1013135.jpg

間もなく日本を離れる。 今回の旅は本当に実りがあった。 プライベートな部分で新たに知る人との出会いはなんと素晴らしいことだろう。 さようなら、お元気で!
by Scottts | 2008-01-29 10:12 | SUMMICRON 35/2.0 | Comments(12)

八ッセルの誘惑

東京でハッセルブラッド博学のHさんと会いいろいろ教えていただいた。 まだ買うつもりはないんだけど...
e0038420_10303176.jpg

by Scottts | 2008-01-28 10:34 | Thambar 90/2.2 | Comments(12)

ハッピーなひととき

初めて訪ねた新潟。 NKさんと東京駅で落ち合い上越新幹線で一路雪国へ。 NKさんは会う前思っていた大学教授的イメージとちがっていて、初対面で十年来の友人のように心を開かせるフレンドリーな方、車中で互いに自己紹介して驚いたのは住んでいた場所、知っている人など非常に近い関係での共通点がいっぱいあった。 これは奇遇ですねえと意気投合。 NKさんが執筆された発売直前の「新・英会話上達法」本をいただいた。 これはNKさんの撮られたすばらしい写真満載で英語をすこしちりばめた大変おもしろいエッセイ集で、帰米のフライトで読むのを楽しみにしていたがすこし読み始めたらぐいぐいひっぱられもう半分は読んでしまった。
新潟駅にはこれも会うのは初めてのYoshiさんが出迎えてくださって、昼食前に一気に日本海へ車を走らす。 そこは寒風吹きすさぶまさに北の海だった。
e0038420_14421216.jpg

その後和食料理店の「梅の花」に行きのんたんさんとたまらさんとの夢のような出会い。 のんたんさんとは2年程前ブログを始めた頃、東京で一度お会いしているが相変わらず暖かいお人柄で、初めてのたまらさんは想像していたイメージぴったりのとてもやさしい方だった。 Yoshiさんも気さくな方でこちらの肩がぜんぜん張らなく楽しく会話が出来た。 こんな方々と知り合えて感激の日だった。 「梅の花」ではおいしいホット梅ジュースと豆乳鍋からはじまる豆腐ずくしでやっぱり日本はこれだ、と内心うなずきながら幸福感いっぱい。 その間プリントされたいろいろな写真を見せていただきその美しさに感激しプリントに関するいろいろな情報もいただきNKさんは写真の更なる挑戦素材を発見したようで今にもプリンターを買いにいきそうな勢いだった。
和気あいあいの昼食のあとは新潟の町探訪で古町(ふるまち)という繁華街へ向かった。
e0038420_14425097.jpg

細い路地の露天焼き魚屋さんでししゃも(?)をいただき(これがまた最高の味)、ぶらぶら皆で歩きながら商店街へ向かう。 ぶらぶらといっても風も強く時折あられや雪が降ってきてまるで扇風機付き冷蔵庫の中を歩いているようで仲間と一緒でなかったらとっくに退散していたが、誰ともなくホットコーヒーを飲もうとの提案で足早に喫茶店に入り熱いコーヒーでやっと生き返った。
Yoshiさんがいつも撮り歩いている通りや3人展を開かれた場所など、ブログの写真でしか知らなかった世界をこうして目の当たりに見るのはとてもロマンチックな心地だった。
e0038420_14433113.jpg

e0038420_1443514.jpg

このあと蕎麦屋で熱い辛み大根入りそばをふーふーと食べ、大満足に微笑みを浮かべながら外に出た瞬間、鼻から吸い込んだ密度の高い冷えきった空気が口内のそばつゆの味と相まって、これがまちがいなくミシェラン3つ星級の香しい高級だしの混合気体となり肺にこれでもかと進入するに至っては、このまま友の腕に抱かれ新潟の地に倒れ込んでもいいではないかと決意を新たにするのだった。 皆様本当に有り難うございました。 暖かく迎えてくださって感謝の言葉がみつかりません。
by Scottts | 2008-01-27 14:56 | Thambar 90/2.2 | Comments(14)

香炉

床の間に飾られていた古い香炉は何を語りかけてきたのだろうか。
e0038420_7485395.jpg

by Scottts | 2008-01-26 07:51 | Thambar 90/2.2 | Comments(14)

粉雪の舞うとき

こんな日は暖かい部屋のこの窓際に座って本でも読んでいたい。
e0038420_23585855.jpg

by Scottts | 2008-01-25 00:03 | SUMMICRON 35/2.0 | Comments(10)

地下道を歩く男

ゆっくりゆっくり歩くこの人にとって「時間」という観念はあるのだろうか、時間に縛られている自分の身を思った。
e0038420_8111257.jpg

e0038420_8122944.jpg

by Scottts | 2008-01-24 08:39 | SUMMICRON 35/2.0 | Comments(10)

意気消沈

ディナーアポがキャンセルになり、はらへった~と飛び込んだめし屋さん。 いいぞいいぞやっぱり日本はいいぞ。 食べるぞたべるぞ思い切って食べるぞ。 すごいぞすごいぞこの品書きは食べたいものがいっぱいあるぞ。 と上をみたら、あっやめて!!! 「肥満、糖尿病相談、なんとかクリニック」の看板が目に飛び込んできた。 血糖値が高めの身にとっては衝撃的な啓示なのだ。
e0038420_975839.jpg

挫折感を味わいながら少しだけ食べ、おばちゃんの「あらもういいの?おなかすいたと言ってらっしゃったのに..」というのを無視して早々に勘定をすませ、とぼとぼとホテルへ歩いて帰った。 寒いなあ今夜は、雪が降るかなあ。
e0038420_9104540.jpg

by Scottts | 2008-01-23 09:25 | G9 | Comments(8)

都会のところてん

入りたいのに入れない! で、いじわる言ってやった。
e0038420_931553.jpg

by Scottts | 2008-01-22 09:32 | SUMMICRON 35/2.0 | Comments(6)

出会い

日本へ着いて日曜日は時差ボケ調整日、昼間歩くことが自分のやり方で、有楽町のビックカメラへ(何でウオーキングにそこへ行かなきゃならないの?いいとこ他にいっぱいあるのに)向かった。 と、ビルの谷間の横の広場で大規模な古物市をやっていた。 (ビックカメラでの収穫は、ライカのM8を横目で見ながらNintendoDSのソフトで昔の日本文学名作100冊が収録されているソフト。 指先に乗るメモリーカードに100冊は凄いし2520円也も安い!)
e0038420_5555315.jpg

写真を撮っていたら声を掛けてくださったのが写真家の徳岡勉jさん(通称Monsieur TOKUOKAさん)でR-D1sとライカレンズの組み合わせにとても興味を持っておられた。 本人は随分使い込まれているアナログのペンタックスで、挨拶代わりにお互いパチリ。 さっと構えた形はやはりプロだ。
e0038420_65027.jpg

2月5日から3月2日(11:00-21:00)まで六本木ヒルズヒルサイドB2Fで個展を開かれるとのこと、主にパリで活動をしていらっしゃるようだ。
by Scottts | 2008-01-21 06:14 | SUMMICRON 35/2.0 | Comments(12)