<   2010年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ランチ

ランチタイム前にオフィスを出てTULLY’Sでサンドイッチとコーヒーを買い、やって来たのはいつもの湖畔。 天気が悪く、暗くて寒いけどこんな時はコーヒーが余計にあたたかくおいしい。
e0038420_0155952.jpg

[G1]
by scottts | 2010-01-31 00:19 | ELMARIT 21/2.8 | Comments(22)

逃避

退屈な早朝会議は同じ議論のくりかえし。 ここから逃れたい私をワープさせようと霧の隙間から眩しい光が差してくる。 目を閉じ、深呼吸をすると朝露にぬれた草の香りがしてきて周囲の雑音も消えていった。 私はもうここにはいない。 気持はあの向こうの野や湖へ...そして耳にはピアノコンチェルトのアンダンテが流れ、前奏からピアノが入ってくる頃にはメルヘンの世界にいる。
e0038420_0281041.jpg


そして現実へ
by scottts | 2010-01-29 00:31 | GRDII | Comments(28)

若人

音楽院で学びながらプロを目指す二人、近い将来このステージに上がることができるだろうか。 チャレンジしている姿は光を放つ、自信と不安の入り交じった輝きだ。
e0038420_0105640.jpg

by scottts | 2010-01-27 00:14 | DP2 | Comments(24)

ワシントン湖 西岸より

e0038420_2411049.jpg

[G1]
by scottts | 2010-01-25 02:42 | ELMARIT 21/2.8 | Comments(26)

レストランの中から

窓をパラパラと打つ雨、ライト、汽笛を鳴らしながら出ていく船、そして暮れていく日がこのエキゾチックな雰囲気を盛り上げている。 そんな気分に浸っていると食事の注文なんかどうでもよくなり、濃いコーヒーとなにかデザートでも食べてゆっくり港の風景でもながめていようかという思いになる。 中は心地好い暖かさで客の会話する声も柔らかく...ああこのまま暫くほっといてほしいなあ。
e0038420_042289.jpg

[G1]
by scottts | 2010-01-23 00:44 | SUMMICRON 35/2.0 | Comments(20)

アーティスト

或いは単にアーティスト風なのか分からないけど、気になって咄嗟にカメラのシャッターボタンを押した。 着ているものや身に付けているものになかなか拘りがあって、自分の生き様に自信を持っているように見えた。 彼のカメラも見たことがない、なんだろう。 これも個性的だ。 拘りって味があっていいなあ。 レンズに指をかけているから、こちらも撮られていたかもしれない。 そうであれば体勢から互いに抜き打ちで、向こうはこちらの胴をたたき、こちらは相手を下から斜めに打ち上げ、相打ちというところだ。 いや彼は撮り終わっているからこちらの負け。
e0038420_062262.jpg

[G1]
by scottts | 2010-01-21 00:25 | ELMARIT 21/2.8 | Comments(30)

下町 スポーツバー

e0038420_0495442.jpg

[G1]
by scottts | 2010-01-19 00:50 | SUMMILUX 35/1.4 | Comments(26)

SHERLOCK HOLMES

これまでに描かれたシャーロック・ホームズとはまったく異なるタイプの人物像、なかなか面白かった-。 映画みながら映画の写真までとらなくてもいいのにね。 でもこの初体験はちょっとスリルがあったなあ。
e0038420_074760.jpg

by scottts | 2010-01-17 00:08 | DP1 | Comments(22)

湖を望む

遠景が少し霞んで薄く、近景と2枚の別の絵のように見えた。 こちら側も曇っていたが光は鋭く差し、眩しい照り返しでなんだか虚ろな世界のようだった。
e0038420_0105039.jpg

by scottts | 2010-01-15 00:12 | DP2 | Comments(24)

冬 船着き場

「枯淡」という言葉が好きだ。 とにかく何でもあっさり、さっぱりがいい。 そしてその中に趣があるのがいい。 お茶漬けが大好きなんだ。
e0038420_039195.jpg

[G1]
by scottts | 2010-01-13 00:43 | ELMARIT 21/2.8 | Comments(22)