<   2010年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ノースウエストの空

入江に低く覆い広がる雲、すーっと冷たい風、もう7月というのに冬に戻ったような日に出会うことがある。 この土地特有の冷涼な天候の中に身を晒すと、まるで催眠術にかかったように気持ちを落ち着かせてくれる効果さえ感じるのだ。 そしてどこからともなく聞こえてくるカモメのけたたましい鳴き声に目を醒ます。
e0038420_23571497.jpg

[R-D1s]
by scottts | 2010-06-30 00:02 | SUMMICRON 35/2.0 | Comments(28)

ナイス デイ

e0038420_022292.jpg

[R-D1s]
by scottts | 2010-06-28 00:07 | ELMARIT 21/2.8 | Comments(30)

コーヒーとパンの香り

世界保健機構(WHO)がコーヒーに顕著ながんリスク低減効果があると大規模な調査結果を発表。 コーヒーが前にも増して香ばしく匂ってきますねえ。
e0038420_0359.jpg

[R-D1s]
by scottts | 2010-06-26 00:12 | ELMARIT 21/2.8 | Comments(16)

サーカスがやって来た。

e0038420_23554543.jpg

e0038420_23561266.jpg

[R-D1s]
M8は故障。 シャッターはカチンと落ちるが、画像が写ってない。 シャッター音もノーマルではない。 一ヶ月ほど前からたまにこんなことがあったが、最近はたまに撮れている状態。 昨日NYのLeica社に送ってオーバーホールを依頼。
by scottts | 2010-06-24 00:06 | ELMARIT 21/2.8 | Comments(16)

慰霊塔

シアトルダウンタウンから北へ15分位のところに近海漁業では全米の漁獲高の40%以上を水揚げしている大中小の北太平洋船団の母港がある。 シアトル漁港から向かう漁場は北太平洋、アラスカ沿岸、ベーリング海で、サケ、カニ、タラ、サバ、オヒョウなどが主な獲物だ。 北の荒海で毎年海難事故があり写真の慰霊塔の下にある石碑に亡くなった漁師の名前が刻まれていく。 既に2010の文字があり、名前はまだ入ってないが今年も何人か加えられるということだろうか。
e0038420_23563794.jpg

[M8]
by scottts | 2010-06-22 00:03 | SUMMILUX 35/1.4 | Comments(18)

ギグハーバーの初夏

シアトルから1時間半ほど南に小さな漁村がある。 賑わう港をすこし離れると、ここには潮の香りがする心地よい風と静かな時が流れていた。
e0038420_0144490.jpg

[M8]
by scottts | 2010-06-20 00:15 | SUMMILUX 35/1.4 | Comments(16)

Congratulations!

今月高校を卒業した彼女たちはそれぞれの道へ巣立っていく。 この後、上の学校へ通う子や就職する子、共に家を出てアルバイトをしながらでも自立していく青年が多い。
e0038420_23471464.jpg

[M8]
by scottts | 2010-06-18 00:06 | SUMMILUX 35/1.4 | Comments(22)

諦め

諦め、迷い、落胆、苦悩。 伏し目がちに、このすこし開いた唇から吐息がもれている。 いったい何があったのかこの人に聞いてみたい。
e0038420_093815.jpg

[M8]
by scottts | 2010-06-16 00:11 | SUMMILUX 35/1.4 | Comments(28)

雨の予感

時々晴れ。 そのうちに光がいつもと違い少し暗い感じのてらてらした輝きになるのと、風の向きが変わるので雨が来るのがなんとなく分かる。 この五分後には雨が降ってきた。 気持ちのよい雨。 濡れてみたい雨。
e0038420_1511981.jpg

[M8]
by scottts | 2010-06-14 02:05 | SUMMILUX 35/1.4 | Comments(28)

ビーバーが棲むという沼にやってきた。 森の道からはずれ深い落ち葉を踏みながら木々の間を抜けるとその沼があった。 時間は午後8時を過ぎ、曇り空も暮れ始めていた。 辺りは深閑としている。 ビーバーはこの時間あたりに巣穴を出たり入ったり活発に行動をするらしい。 しかしとても警戒心が強く他の動物の気配を感じると沼の中の巣からは出てこないと聞いていたので、ゆっくりとできるだけ足音がしないように歩こうとするのだが、至るところに落ちている小枝を踏んでポキポキっと音をだしてしまう。 沼の中に巣らしき小山や、かじった跡のある多くの木や枝などを見たがビーバーに会うことは叶わなかった。 沼の周囲は湿地になっていて、近づくにつれ所々でずるっと下から足を吸われているような重みを感じた。 いやに静まりかえった沼はビーバーだけでなくて何か得体のしれないものが飛び出てきそうだ。 妖怪はこんなところに棲んでいる筈だと確信に近い不気味さが漂い始めたので、写真を撮るのもそこそこに捕まらないうちにと、妖怪はその国の言語を話すのだろうか、ここのは英語かなあなどとつまらないことを気にしながらその場を急いで離れた。 プロの動物写真家だったらここにテントを張って大きな望遠レンズを構えながら一晩がんばるのだろう。
e0038420_2356396.jpg

[M8]
by scottts | 2010-06-12 00:05 | SUMMILUX 35/1.4 | Comments(26)