<   2010年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

氷河湖を望む

シアトル周辺の山々には何十と氷河があるが、このディアブロ湖もその氷河から溶けた水に浮遊している岩粉の微粒子が、森の緑色と空の青色を反射してこのような不思議な水色を見せているという。 蕩蕩たる悠久不変の自然を眼下に、感動のひと時だった。
e0038420_23465442.jpg

[M8]
by scottts | 2010-07-30 00:05 | ELMARIT 21/2.8 | Comments(18)

レンガ壁のエントランス

19世紀後半の建物を覆うツタをくぐると右手に階段があり、降りるとギャラリーや工房がある。 以前は各種小売りのアーケードだったが今はアーティストのたまり場になって、味わいのある一角だ。
e0038420_2115581.jpg

[R-D1s]
by scottts | 2010-07-28 02:13 | SUMMILUX 35/1.4 | Comments(14)

山間の夏

土曜日はすっきりした風景が見たくて北西へドライブ、写真を撮る目的というよりただ夏の山あいを走りたかった。 気温は高かったが空気は澄み、車窓から吹きこむ木々や草の香りがする夏の風が気持ちよく、何時間もハンドルを握るのが全く苦にならなかった。
e0038420_002113.jpg

[M8]
修理から戻ってきたM8、シャッターユニット交換とオーバーホールは保証期間内で無料だった。 これでR-D1sとの2丁拳銃で完璧装備だ。
by scottts | 2010-07-26 00:17 | SUMMILUX 50/1.4 | Comments(32)

ニーナとモウ

ニーナをエスコートしなくてはならない筈のモウだけど、怖そうなのが来たり強い風が吹いたら彼はいつも風下に回るんだ。 情けない。 前からかわいいのが来たり食べるときは颯爽と風上へいくんだ。 調子いいヤツ。
e0038420_021085.jpg

[R-D1s]
by scottts | 2010-07-24 00:03 | SUMMILUX 50/1.4 | Comments(26)

朝のプラタナス通り

e0038420_072278.jpg

[R-D1s]
by scottts | 2010-07-22 00:03 | SUMMILUX 35/1.4 | Comments(22)

ここんところ

どーもうまくいかねえんだ。 オレもついてねえんだよ。
e0038420_033786.jpg

[R-D1s]
by scottts | 2010-07-20 00:05 | SUMMILUX 35/1.4 | Comments(24)

サーファー

ギルバートは友人で年はずーっと下、いつの間にか同年代の友人より若い仲間が多くなった。 彼は大いに貧乏だが、夢をたっぷりもっていて毎日をマイペースで楽しく過ごしている。
e0038420_051410.jpg

[R-D1s]
by scottts | 2010-07-18 00:06 | SUMMICRON 35/2.0 | Comments(18)

謳花

謳花なんて言葉はないと思うんだけど、街は今、花、花、花で眉間のしわも伸ばしてくれる。 ネガティブな思いは取りあえず飛ばして暫しスマイルの世界に無抵抗。 ああ幸せだなあ。
e0038420_23592657.jpg

by scottts | 2010-07-16 00:03 | DP1 | Comments(24)

Mrs. Walton の午後

e0038420_014913.jpg

[R-D1s]
by scottts | 2010-07-14 00:03 | SUMMICRON 35/2.0 | Comments(24)

聴く

e0038420_322137.jpg

by scottts | 2010-07-12 00:12 | DP2 | Comments(26)