<   2014年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ふとこちらに気づいた視線

美術館のレジにいる彼女は人気者だ。「いいわよ」と快く笑顔を向けてくれた優しい眼差しがとてもいい。
e0038420_882765.jpg

その後客に対応している時の2枚目は気づかれてしまって彼女の目線がこちらに動いた。どちらも好きだけど、その瞬間の仕草でこちらを選ぶかな。本人も2枚目がいつもと違った表情なので気に入ったようだ。
e0038420_883860.jpg

[M Monochrom]
by Scottts | 2014-10-30 08:11 | SUMMILUX 35/1.4

Vol.39 掲載されました。

今日本へ向かうためシアトル空港です。詳細は後ほど。

昨夜東京へ着きました。思ったより気温が低く風が冷たいですね。 今午前4時半やっぱり眠れません。
出発前土曜午後から自宅周辺がすごい突風で午後8時から24時間以上停電、不便な中で旅行の準備したり、とにかくこちらへたどり着きました。 昨夜は叙々苑で仕事のミーティングディナー、おいしかったのですがシアトル時間の午前3時に焼き肉とは我ながら元気だなあと感心しました。

The Wind from Seattle Vol.39 は撮った写真をどんなレタッチしているか、過去ブログやヨドバシサイトに掲載した一部の写真でお見せしてます。 な~んだ触ってるのか、と思われる方やへ~えこうなるんだと納得していただく方もいらっしゃるでしょうね。

さあベッドに戻って眠るように努力してみますね。 ではおやすみなさい。
by Scottts | 2014-10-28 03:52 | ヨドバシカメラサイト掲載記事 | Comments(32)

街も郊外も空も

秋らしい透明感が気持ちいいな。
e0038420_534266.jpg

e0038420_541755.jpg

Vol.39は間もなく掲載です。
by Scottts | 2014-10-26 05:04 | HTC

田舎町に似合うハーレー

e0038420_4133254.jpg

by Scottts | 2014-10-24 04:14 | SUMMILUX 35/1.4

夕暮れの街

2枚目は歪み補正したものだが、どちらがいいかな。 広角レンズの特徴がでているパースペクティブな一枚目のほうが面白くて好きかな。
e0038420_6474557.jpg

e0038420_6483514.jpg

[M9-P]
by Scottts | 2014-10-22 06:50 | ELMARIT 21/2.8

挨拶のハグをどうぞ

等身大ですけど、案外ふかふかしてるかも。
e0038420_246304.jpg

[M Monochrom]
by Scottts | 2014-10-19 07:17 | SUMMILUX 35/1.4

夜の帳につつまれる頃

陽が落ちて空が暗い墨色になるまでの間、青く染まる街がうつくしい。 そんな時、街灯の光がとてもやさしく、そして暖かく思えるんだ。
e0038420_635348.jpg

[M9-P]
by Scottts | 2014-10-17 06:44 | ELMARIT 28/2.8

8気筒ピックアップトラック

大排気量の低く腹に響くごろんごろんと音が聞こえてきそう。 丸い一眼がいいねえ。 優しそうに見えるけど、怒らすと凄いんだ。 ライセンスプレートじゃないからもう動かないんかな。 横のソファはなんでだろう。 興奮を終えて、ぼちぼちゆっくりしようかって謎かけかなあ。
e0038420_9461713.jpg

[M Monochrom]
by Scottts | 2014-10-14 09:48 | ELMARIT 28/2.8

ランチ

雨がひどく降ってきた。 二年前に火事で焼けた向かいの家が最近着工して残骸を見なくていい。 さてランチは何にしようか、と、雨を見ていたら閃いたねえ。 そうだ、細麺があったはずだ、うどんにしようってね。 それも冷やしうどんだ! 自分の発想力は衰えてないなあ、そして品もある、と思ったねえ。 (自意識過剰だってだれかがいってる。)
e0038420_6374112.jpg

右耳で雨音を聞きながら、左耳は鍋がぐつぐつと和音を奏でている。
e0038420_638948.jpg

氷で冷やして「雨の土曜日の冷やしうどん梅干し添え」のできあがりだ。 味? 聞くまでもないでしょう。 いいに決まってるじゃん。 ちょっと辛いだけだ。
e0038420_6383384.jpg

by Scottts | 2014-10-12 06:54 | HTC

満席のコンサート

ドボルザークの交響曲第9番は名曲中の名曲でさすがにシアトルシンフォニーのホールも満席になった。 先週は自分の好きな8番だったけどこれほどの入りではなかった。 9番は「新世界より」という副題がつけられているように、曲からは、彼がアメリカに移り環境も文化もちがう新しい世界で暮らす希望、不安、寂寥感が交互に現れ、作曲者の心情がひしひしと胸に迫ってくるのだ。 故郷のボヘミアを想って重いホームシックにかかり、その療養中に作曲されたものと聞いている。 特に第2楽章のイングリッシュホルンの奏でる旋律は、後に歌詞がつけられた「Goin' Home」として有名で日本でも「家路」で親しまれている。 これを聴くともうだめ、自分の心の奥底にある感情が掘り起こされて涙がでそうになる。
e0038420_321399.jpg

[M9-P]
by Scottts | 2014-10-12 04:14 | SUMMILUX 35/1.4