話しかけたいんだけど

でもバリアがある感じ。 で、シャッター切って突入。
e0038420_356139.jpg

[M9-P]
# by Scottts | 2016-05-12 03:58 | ELMARIT 28/2.8

してみたい事

キャンプ道具積んで数日のアドベンチャーね。
e0038420_16344353.jpg
[M Monochrom]


# by Scottts | 2016-05-10 00:01 | Thambar 90/2.2

最も退屈な時

e0038420_16071521.jpg
[M9-P]
# by Scottts | 2016-05-08 00:02 | ELMARIT 28/2.8

企業戦士

これも東京でのことですが私こと「恵比寿野良猫」が小声の英語らしき言語を聞いて目を覚ますと、真剣な顔してラップトップに向かって話すビジネスマンがいました。 今は午前7時1分(いや腹時計で分かるのです)、朝食をとりながら本国と仕事の打ち合わせなんですねえ。 きっとこれ、Skypeっていうんでしょ、相手の顔をみながら話しているのでしょうね。 この後コーヒーとトーストをほおばってさっと出ていきました。 凄いなあ、頑張ってるんだ。 そんなの見て、単なる時差ボケでデレっと締まりのない顔をしている自分が何となく恥ずかしくなってしまいました。
e0038420_651441.jpg

[M Monochrom]
# by Scottts | 2016-05-06 07:05 | SUMMILUX 35/1.4

I am a Cat.

はい、私は東京の恵比寿界隈に住んでいて一般的に(敵意を込めて)野良猫と呼ばれています。 昔、近くのお屋敷に飼われていて名前もあったのですが、ご主人が投機に失敗し、ある日失踪してしまいました。 その後は私も住む場所がなくあちこち転々としてきました。

この店は暖かいのと大好きなコーヒーのいい香りがしているのでとても心地よく、いつもこのテーブルの隅にしばし寝そべらせていただいています。 1月20日の朝でした。 テンポよくキーボードを打つ軽快な音にふと薄目を開けるとOL風の女性がいました。 寝ぼけた頭には自分はどこにいるのだろうと混乱してしまいましたが、この桃子さん(勝手に名前を付けさせていただきました)の真剣な眼差しに見とれながら徐々に状況がはっきりしてきた次第です。

そして桃子さんの方からほのかに匂ってくるのはきっとシャネルの「チャンス」だろうと思ったのは、彼女は午後のミーティングで最高のプレゼンをしようと準備に励んでいるのが分かるのと、とても魅力的な大人の雰囲気を発散していらっしゃったからです。 私はもう我慢できず少しづつ桃子さんの方ににじり寄って小さく「ミィー」と鳴いてみましたら私に気づいた彼女は手を止めて、「まぁ」と微笑んで私の喉を優しく右手で撫でてくれました。 本当に気持ちよくて、春のうららかな陽の下で桃の花に囲まれて横になっている自分を想像しながらまた眠りについたのです。
e0038420_432357.jpg


四肢を思い切り伸ばしながらにじり寄って「ミィ」と鳴いた時、桃子さんが「まぁ」と微笑む直前の写真を追加しますね。
e0038420_4361649.jpg

[M Monochrom]
# by Scottts | 2016-05-04 05:06 | SUMMILUX 35/1.4 | Comments(26)

春の息吹

万葉集でもふじは春の歌として多く詠まれていたそうな。 桜にも見劣りしないんだから。 そんな思いがふと過る185th Avenueにて。
e0038420_09201233.jpg

# by Scottts | 2016-05-03 09:29 | iPhone 6s

今夜のコンサートは

チャイコフスキーの幻想序曲「ロメオと(二人の)ジュリエット」
e0038420_06561742.jpg
[M9-P]


# by Scottts | 2016-05-02 00:00 | SUMMILUX 35/1.4

白頭鷲 vs カラス

騒がしい鳥の声に上を見ると一羽のカラスが攻撃をしかけていた。 白頭鷲はいちいちかまっちゃおれんとただ切り離そうとしているようにも見える。そんなやり取りをしながら旋回しているのを一枚撮り終え、ファインダーから目を離したその時、どこからともなくやってきた二十数羽のカラスが周りを取り囲みはじめ、今度は三羽のアタックに白頭鷲は本気で逃げ出した。 正に多勢に無勢。
e0038420_16214528.jpg
[M9-P]



# by Scottts | 2016-04-30 00:03 | Thambar 90/2.2

決断の時

真っすぐ突っ走るか、右へ迂回するか...人生っていつもこんなんで決断を迫られることばっかし。 そいで大回りはなんかだるくて直線狙ってさ、結局大損することになるんさ。 でもやっぱり回り道はしたくなくてさ。 ダメでも挑戦することに価値がある、とかなんとか言い訳を準備してさ。
e0038420_14510624.jpg
[M8]


# by Scottts | 2016-04-28 00:01 | ELMARIT 28/2.8

こんなんしてみたいけど

こんなふうにジーンズをまくって、こんな入れ墨してさ、こんなカラフルな靴下はいてさ、こんなソフトそうな靴でさ、カメラを肩に街をリズミカルに歩いてみたいと思うんさ。 あかん?
e0038420_9254286.jpg

[M9-P]
# by Scottts | 2016-04-26 09:31 | ELMARIT 28/2.8

昼下がりのレストラン

メルローズ通りにある小さな古めかしいフレンチレストランには客が3組ほど軽く会話しながら午後の軽食を楽しんでいた。 友人と遅い食事をとっているアントワの微笑みの奥底には、店内に小さく流れているタンゴ風の音楽 'Oblivion'(忘却)が溶け込んでいるように見えた。
e0038420_03595345.jpg
[M9-P]

# by Scottts | 2016-04-24 04:14 | SUMMILUX 35/1.4 | Comments(26)

エレベーターホール

e0038420_2362928.jpg

[M9-P]
# by Scottts | 2016-04-23 02:37 | ELMARIT 28/2.8

土曜日の午後

何でもないシーンが自分にとってはとてもフォトジェニックな一コマに見えることがある。 そんな時はこのカメラとこのレンズがいい。 右手にストラップを一巻きしハンドグリップに指を引っ掛けて歩いていて、ひょいと持ち上げて置きピンのままシャッターを切るんだ。
e0038420_8504641.jpg

[M9-P]
# by Scottts | 2016-04-22 00:00 | ELMARIT 28/2.8 | Comments(8)

春の宵 今夜は朧月夜

e0038420_15185820.jpg
[M9-P] VISOFLEX III

# by Scottts | 2016-04-21 15:20 | ELMAR 65/3.5

コワかった時

この女性も連れていたのはペットというより護衛犬でしたね。 無遠慮にスナップするのが良くないのだろうけど、ワンちゃんの顔が警戒モードになったので構図もなにも、とに角カメラ振ってシャッター切って後ずさり。
e0038420_9495369.jpg

[M8]
# by Scottts | 2016-04-20 10:01 | SUMMILUX 35/1.4

まもなく散るりんごの花

きっと実をつける準備はできているのだろう。
e0038420_12504692.jpg
[M8] VISOFLEX III


# by Scottts | 2016-04-20 00:00 | ELMAR 65/3.5

プラタナスの緑

シアトルの女性はかわいいペット犬より、頼りになりそうなのを連れているのを多く見かける。 これもファッションなんだろうか。 もう一か月もすればこの通りも緑でおおわれて、気持ちのいい日陰と風洞で快適な歩道になるなあ。
e0038420_15374978.jpg
[M9-P]

こんな場面は主題をぐっと引き付けて写したくなる。
e0038420_15380480.jpg
[M Monochrom] Thambar 90mm



# by Scottts | 2016-04-19 00:00 | ELMARIT 21/2.8

朝の散歩

e0038420_12203952.jpg
[M9-P]


# by Scottts | 2016-04-17 12:25 | Thambar 90/2.2

ライラックの香り

桜もそうだったけどボタンもライラックも今年は開花が早い。 住宅街を歩くと次々と異なった爽やかな香りが漂ってくる。 そんな空気に包まれる今の時期は大好きだ。 ライラックって姿と香りがマッチしていて、見てると匂いがもっと強くなってくる感じ。
e0038420_4372483.jpg

[M8] VISOFLEX III
# by Scottts | 2016-04-15 04:49 | ELMAR 65/3.5

寛いでいる鷺

気兼ねなくのんびりとね、もう少し一緒にいようね。
e0038420_4383367.jpg

[M8]
# by Scottts | 2016-04-13 04:48 | Hektor 135/4.5

白い自転車と花束と

e0038420_02475984.jpg
[M9-P]


# by Scottts | 2016-04-11 02:49 | ELMARIT 21/2.8

春の空気

いろいろな色の花が咲き、光も柔らかくそしてリズミカルに差し込んでくるようになった。 花も自分も、沈んでいた心の扉が開き春のエネルギーを吸い込み始めたように感じる。
e0038420_02221670.jpg
[M9-P]

# by Scottts | 2016-04-09 02:28 | Thambar 90/2.2

モウ君

大型犬にでも米粒みたいな歯をむき出して喧嘩をしかける彼の名前の由来は、猛獣の「モウ」。 この命名が失敗だったか、自分を百獣の王と思っているようだ。 人間の年だと60を越えたかな、ぼちぼち落ち着かないとね。 熟睡していてもしかめっ面で威厳を保とうとしているみたい。 お~い起きろー、ぼちぼち戦場へでかけるぞー。
e0038420_05581171.jpg
[M8]


# by Scottts | 2016-04-07 06:11 | SUMMILUX 35/1.4 | Comments(10)

キャリア ウーマン

カスター真理さんはシアトルでビジネス動画制作のインストラクターをしていらっしゃる。 そして動画による「魅せる」、「伝える」、「集客する」パワーがマーケティングでいかに効果的かなども教えていただいた。 このノウハウはビジネスに関わらなくても趣味のショートビデオ作りにも利用できそう。 興味あり。
e0038420_07250266.jpg
[M Monochrom]
# by Scottts | 2016-04-05 07:44 | SUMMILUX 35/1.4

大の字で寝る

晴れた!
気持ちいいウイークエンドだ。 思い切り日光を浴びながら目を閉じる。
鳥の声と微かに若葉をゆらす風の音。 吸い込む空気が少し冷たくとてもおいしい。
e0038420_03165803.jpg
[M9-P]

# by Scottts | 2016-04-03 03:26 | SUMMILUX 35/1.4

シアトルにも春が来た

100年ほど前、日本からワシントン大学に寄贈されたソメイヨシノは、3月初めに開花し始め中旬に満開となった。 まだ雨季中で晴れたり雨だったり、しかしそれぞれの風景を楽しめてこれもまたいい。 日本で見る桜とは情緒がすこし違うが、異国で見るこの桜も感動する美しさだ。 古木なので間もなく寿命が尽きるという。 中国と韓国からの留学生が若者らしく興じていた。
e0038420_452193.jpg

[M9-P](ELMARIT 21mm)

e0038420_454587.jpg

[M9-P](Thambar 90mm)

日本の桜の下で桜餅と煎茶の花見をしたかった。 是非来年はね。
# by Scottts | 2016-04-01 04:26 | ELMARIT 21/2.8 | Comments(25)

Vol.50 最終版掲載です。

(本文からの転載ですが)
数か月前から「The Wind from Seattle」はVol.50を最終版にしようと考えていた。先日東京に行った折にKさんと意見交換し承諾を得たのだが、主な理由は、出会った被写体からのシグナルと自分のイマジネーションが呼応した時にカメラを向けるという撮影スタイルが、最近はテーマを考えて被写体を探すようになってきたように思え、本来の、「本能的にシャッターボタンを押したくなる感覚」に反した「写真作り」を意図する撮影が楽しくないからだ。この「The Wind from Seattle」に掲載された550枚の写真やキャプションを見ていると、特に初期の頃の純粋でひたむきな写真撮りの感覚を思い起こさせてくれる。自分に撮影技術とかスタイルの進化は求めない。先ずは初心に戻りたいと思う。

ということで、長い間読んでいただきましたが今回で終了します。将来フォト・ヨドバシでまたお会いできるプロジェクトがあればと、楽しみにしています。

そして当ブログも、いつも読んでくださっていた皆さまのお陰で写真を撮るモチベーションが維持できました。本当にありがとうございました。上記と同じような理由でしばらく休止して、またフレッシュな気持ちで再スタートをいたします。時期としては4月くらいには立ち上がれるのではと思っています。またお会いできればと思います。そちらのブログへはいつでもぶらっとお訪ねしたいと思っています。よろしくお願いいたします。


# by Scottts | 2016-02-18 12:33 | ヨドバシカメラサイト掲載記事 | Comments(68)

ルノワールが描いたモネ

e0038420_10474355.jpg
[R-D1s]

# by Scottts | 2016-02-18 10:51 | SUMMILUX 35/1.4

地下鉄日比谷線

この情景を批判しているのではない。 他に席が空いているので優先席に座るのも良し。 仕事に疲れて居眠りも良し。 オタク的スマホ没頭も良し。 日本に行くと高層ビル街より親しみがある図なんだ。
e0038420_15465039.jpg
数日前シアトルへ戻った途端にインフルエンザ(だと思う)でノックアウト。 機中でリラックスしているうちに忍び込まれたか、医者を訪ねるタイミングもないほど急激に襲ってきて完璧にダウン。 何とか乗り越えて熱も下がりつつある。 ということで少しの間休みます。

# by Scottts | 2016-01-31 16:14 | iPhone 6s

スコット流みかんの食べ方

みかんに手をだすと一個ではすまない。 皮をむいては食べ、むいては食べと小さいものなら五個や六個は食べてしまう。 そんな時は本を読んでいたりパソコンをいじっていたりするので、むく度に指についた皮の欠片や汁を拭いたり舐めたりして手先を清めてページをめくることになる。 そこで吾輩の頭をフル回転してたどり着いた方法がこれなのだ。 一気に何個かむいて適当な大きさに割っておくのだ! そうすれば好きな時好きなだけ、視線を移すことなくつまめばよい。ただ一つの問題点は誰かが横にいる時、いつの間にか食べられてしまうということだけど。
e0038420_16252833.jpg

# by Scottts | 2016-01-24 16:42 | iPhone 6s