Post St.

e0038420_083725.jpg

by scottts | 2009-09-19 00:14 | DP2 | Comments(16)
Commented by Jun at 2009-09-19 00:20 x
どうしてスコットさんが撮ると普通の通りが
お洒落に見えるのでしょうか・・・自転車も
花も、ショーウインドウのTシャツも、ごみ箱
まで光と影でお洒落ですね。
Commented by scottts at 2009-09-19 00:31
Junさん、古い通りは目的がなにもなくてもただぶらぶらしながら疲れたらコーヒーショップに寄って休み、
またぶらぶらと、が幸せです。 有り難うございます。 古くておしゃれな通りですよねえ。
Commented by tullyz2 at 2009-09-19 00:47
アメリカって地震、ないのでしたっけ?
こういう古い建物は耐震強度が低いので取り壊しとかってならないんでしょうかね。
海外はこういう古い建物がちゃんと残っているからいいですよね。
Commented by nontan91 at 2009-09-19 01:44
あら?
↓のにコメント入れようかと思ってたら、もう新しいのが出てました^^
このDP独特の色がなんともいいですね。
空は晴れてまだ日が高いようなのに、店のネオンサインが綺麗に出てますね。
店先の自転車が盗まれないか気になってしまいます^^
Commented by NK at 2009-09-19 04:41 x
scottts 名監督のショットは、気を引き締めて隅から隅まで鑑賞しないとなりませぬ。今回も。路地の奥の小さな小さな人のポーズ。(*^^)v
Commented by scottts at 2009-09-19 07:20
tullyz2さん、西海岸は日本ほどでもないですが、地震はあります。
サンフランシスコ、シアトルも日本と同じ地震プレートの上に乗っかっているようです。
大きいのがきたらこの古いビルは崩れるでしょうね。 でたとこ勝負っていうことでしょうか。
Commented by scottts at 2009-09-19 07:23
のんたんさん、たまにR-D1もいいし、このDPもいいですね。 あれこれ使うのがいいということですね。
自転車はおそらくポールにくくってあるのでしょうね。 明るい場所のネオンはいい感じですね。
Commented by scottts at 2009-09-19 07:24
NKさん、またまた見つけましたね。 小さな人の姿は撮った本人でないとなかなか気が付かないと思いますが。
しっかり見ていただいて有り難うございます。
Commented by yoshipass at 2009-09-19 08:04
ああ~!
全部がscotttsさんの写真ですね。
露出・構図・色調・光、そして、点景の小さな人物。
まるで、時間をかけて描いた油彩のようです。
Commented by at 2009-09-19 22:42 x
こんばんわ。
非常階段もまたいいですね~。
ムーンリバーが聞こえてきそうです。 !(^^)!
Commented by chousan-drybox at 2009-09-19 23:26
こういう建物や路地を見ると、アメリカの人のヨーロッパ感に触れる感じが
します。
Commented by scottts at 2009-09-20 05:13
Yoshiさん、古い町というのは日本でもそうでしょうけど、しっとりとした趣があって
いいですね。 ほとんどレンガ建物ですが、耐久性がいいのですね。
そして写すと色調などが好きな感じで出てくれます。
Commented by scottts at 2009-09-20 05:16
bさん、こんにちは。 アメリカ映画はよく非常階段がアクションの舞台になりますね。
そんなことで非常階段を見ると住んでいながら、異国だなあと感じることがあります。
Commented by scottts at 2009-09-20 05:18
chousan-dryboxさん、そうですね、特に古い建物などはヨーロッパそのままの雰囲気ですし、
街もあちこちにヨーロッパの文化を感じさせるものが残っていますね。
Commented by dysphagia at 2009-09-20 21:56
アメリカってこんな風なんですね。
欧州とは似ているけど非なるものですね。

モーゼの十戒の如き青空が中心部から微妙にずれているのが良いのでしょう。
流石です。
Commented by scottts at 2009-09-21 00:08
dysphagiaさん、なるほど割れていますね。
単に路地を撮ったのですが、その発想があるんですね。 すごい。
<< 港に近い通り ひとりになる時 >>