晴れた一日

野を歩いて雑木林の入り口に差し掛かる。 空は限りなく青く、荒れた暗雲がこのように一夜で姿を変えるのも、ノースウエストにあるこの地の冬独特の気候なのだろう。 まだ新芽も出ていない野生のブラックベリーの繁みがずっと続く小道は、年中緑の下草が生え、昨日までの雨にもぬかるんでなく歩きやすい。 春が間近かなことを告げているのか、時折ピリョピピーツンツン、ピリョピピーツンツンと小鳥のさえずりが聞こえてくる。 午後4時、この頃から日が落ちるのも早いし急激に気温も下がってくるので、さてこのまま林に入るかどうか迷うところだ。
e0038420_0114096.jpg

[M8]



e0038420_0242229.jpg

by scottts | 2011-02-21 00:17 | ELMARIT 21/2.8 | Comments(32)
Commented by pretty-bacchus at 2011-02-21 04:10
イチジョウの光に希望をいただきました。tks!
あよ9時間でまな板の上の太った鯉です。
もう少し寝るとしましょう。
アイパッドで、、、、

Commented by dysphagia at 2011-02-21 05:25
ホントに青いですね。もったいなくてモノクロに出来ないですよ、ワタクシなら...
Commented by scottts at 2011-02-21 06:26
pretty-bacchusさん、いま西を向いて、フレーフレーと心の中で叫んでます。
頑張って下さいね。いつものpretty-bacchusさんのように...大丈夫です。
Commented by scottts at 2011-02-21 07:06
dysphagiaさん、モノクロにしてみて、この増幅された光と影の描写や
階調がなかなか面白くカラーは出さないでおこうと思ってましたが、青さも捨てがたく。
Commented by k7003 at 2011-02-21 11:57
[more]にこれだけの驚きを仕掛けることなんて、凡人には思いつきません。そのうちに真似させていただきます。(*^^)v
Commented by nontan91 at 2011-02-21 12:56
きっと早朝は真っ白に霜が降りているのでしょうね。
このまま林に入っていったら、凍えて動けなくなっちゃいます。
捜索願が出されるといけませんから、どうぞ引き返してください(笑)
Commented by scottts at 2011-02-21 16:12
NKさん、このモノクロが気に入ってカラーはボツのつもりだったのですが、やはりこのブルーは捨てきれず、、、、というところです。
Commented by scottts at 2011-02-21 16:16
のんたんさん、そうなんです、まだ寒さは厳しいです。日が落ちる前から急激に気温が下がりますから、
いい陽気でコート無しのピクニックのつもりで油断して奥へ入ってしまうと大変なことになります。はい、Uターンしましたよ^^。
Commented by qjo-s-koshi at 2011-02-21 17:03
本当に青いですね♪♪
私ももったいなくてモノクロにできません(^^)
今日はこちらも負けないくらいの青空でとっても気持ちがいいのに、
事務所で仕事なのが残念です~。
Commented by tad64 at 2011-02-21 17:58
NKさんがおっしゃるように何と凄いサプライズ狙いですよね!この手法私もぱくらせて頂きますね。(笑)
確かにモノクロも良いですがこの写真はカラーでしょう!(こう言うのは素人考えなんて言わないで~!)
Commented by Jun at 2011-02-21 18:37 x
私はまだまだ経験がないので、青く見えない!
モノクロに色を感じられるようになりたいです!
Commented by tullyz2 at 2011-02-21 19:57
これはモノクロの方がずっといいですね。
青空もつい見せたくなってしまいますが、モノクロの方が圧倒的に詩的です。
文章とセットにするからなおさらなんでしょうかね。
モノクロは深いです。
Commented by yuki at 2011-02-21 21:49 x
scottts さん、こんばんは。
 わたしはモノクロームに・・・。  色を感じました。
   ピリョピピーツンツン  ツグミ? シジュウガラ? ジョウビタキ?
Commented by yoshipass at 2011-02-21 22:38
この場合、ボクはモノクロのほうが、繊細な描写に思えます。
しかし、この空の色は、出したくなりますね。
Commented by trial05 at 2011-02-22 00:10
こんばんは~。
カラーの空色も捨てがたいけど、ワタシもモノクロの方が繊細で詩的と 
うっとりして観ましたッ!
しかしですね~、野生のブラックベリーの繁みがずーーっと続く光景なんて、想像出来ないワタシ!
見たこと無いんですもん!^^;
Commented by evecookymama at 2011-02-22 00:26
scotttsさん
さすが魔術師!寒そうな風景が・・たのしい春の1日に変身!色彩の世界は人の気持ちまでかえてしまう・・恐れ入りました。
Commented by scottts at 2011-02-22 05:27
たまらさん、晴れ日が少ない今の時期にこんな日は特別のプレゼント。できるだけ長い間光に当たっていたいですね。
あ、仕事中、ほっときなさい、仕事放棄、スリリングでロマンチック、青空の下で深呼吸です。
Commented by scottts at 2011-02-22 05:31
タッドさん、住まれてましたからご存じのようにこの時期のこの青空は貴重な日ですよね。やはりカラーで思い切りブルーを楽しみましょうか。
我々写真はアマチュアで趣味ですから、どんな風に思っても考えても自由で~す。生活には関わりありません^^。
Commented by scottts at 2011-02-22 05:36
Junさん、この空のグレーが青だーと自分に催眠術をかけて下さい^^でもやっぱりグレー色ですねえ。そう見えなくても漠然とそう想像するので十分です。
このモノクロ画像の明暗、階調、描写、白黒のバランスなどをこの風景とともに楽しんでください。あ、無理矢理努力をさせてますねえ、ごめんなさい。
Commented by scottts at 2011-02-22 05:52
tullyz2さん、この写真がモノクロを鑑賞するのに適切かどうかは別にして、白黒写真独特の描写性、光と陰、階調など味わえますね。
そして、カラー写真を見るよりは右脳が働いて画像のテイストも深く楽しめる時もあるような気がします。
Commented by scottts at 2011-02-22 05:58
yukiさん、モノクロームの描写性もお好きなようですね。写真の表現性の成果が見る人の想像力に頼るところが多いようにも思います。
さてこの小鳥はなんでしょうか、お詳しそうですね。興味がありますからまた調べてみますね。
Commented by scottts at 2011-02-22 06:09
Yoshiさん、モノクロはよくされてますから、鑑賞の目を持っておられると思います。モノクロの神髄はフィルムにあるのでしょうけど、
Yoshiさんの写真を見る限りデジタルでもそれなりのポジションを築いたのではないかと思います。カラーの情報を省いてより画像が純粋に繊細になりますね。
Commented by scottts at 2011-02-22 06:32
trialさん、その詩的という言葉に弱いんです。有り難うございます。この写真のどこを楽しむかは様々ですね。空のブルーや枯れ草の茶色の階調や、緑の草など
色も楽しいし、一方色の情報を省いて描写の繊細性や階調などを味わうのも楽しいですね。夏、ブラックベリーの実が食べ頃の時あちこちの野生の茂みを撮りますね^^。
Commented by scottts at 2011-02-22 06:36
eveさん、たまにこんな春の日がポンと来て喜ばせてくれます。カラー写真はそんな暖かな楽しさを直接伝えてくれますね。
eveさんでしたら、野生のブラックベリーをいっぱい摘んでおいしいジャムを作ったり、いろいろな料理に使われるでしょうね^^。
Commented by tamo at 2011-02-22 07:15 x
モノクロが本、カラーがその本が映画化されたように私には写ります。本を読んでから映画を見に行くとやはり本のほうが良い事が多いです。想像たくましく見られます。
Commented by nori at 2011-02-22 15:40 x
写真エッセイを読むがごとく
声をだしてテキストを朗読しています
とても落ち着き、写真とともに情景が心にしみこんできました
「ピリョピピーツンツン」を少し高い声で

すると導かれるように林の中にはいっていきます
最初に出会ったのは雑食のカラス君でした
Commented by scottts at 2011-02-22 16:27
tamoさん、なるほど、そういう見方もあるんですねえ。それいいかもしれない。
モノクロで描写を眺めて右脳を活性化し、その後カラーの情報をゆっくり見ればいろいろ想像の展開が広がりますねえ^^。
Commented by scottts at 2011-02-22 16:36
noriさん、そんなにしっかり読んでいただくと文章の荒さや稚拙さが分かっちゃいそうですが、ありがとうございます。
風景を自分と同じように感じていただければうれしいです。野はピリョピピーツンツンの小鳥で、暮れだす林の中はカッカーカーとカラス君がこちらの不安を笑います。
Commented by bell73221 at 2011-02-22 17:13
ピリョピピーツンツン・・・可愛い声ですよね
たぶんですけど、シジュウカラかな、可愛い声なんですよね
私もいつも、森に入って耳を澄ませています。
Commented by shatome at 2011-02-22 21:38
まだまだ日が落ちると冷え込みます。
こちらも昨日、今日といい天気ですが外に撮りに行けません。
これはいけませんね(^^;
Commented by scottts at 2011-02-23 01:44
bellさん、小鳥のさえずりは最高のBGM、ほほえんでしまいます。よくご存じですね、シジュウカラですね、きっと。
森の楽しみは鳥のミュージックがかかせませんね。
Commented by scottts at 2011-02-23 01:46
shatomeさん、そちらもそうですか、朝夕の冷え込みは相当着こまないと外で歩き回ることはできませんね。
間もなく暖かな春が来ますから、それから始動してください^^。
<< プラタナス通り 午後の装い もう一人 >>