リズムと味 日本

静寂な雰囲気の中、鱧を切っていくすっすっすっ、さくさくさくと軽快な音。 気持ちのよい夕べに外は初夏の爽やかな風が流れている。 ここは東京の天現寺近く、表通りから奥まったところにある入り口をしだれ桜が被さる小さな料理屋である。 以前テレビで放映されていた「料理の鉄人」という番組でその鉄人に勝った、魯山人の流れを汲む和食名人の隠れ家だ。 食の味は器、装いはもちろんのこと料理をするテンポにも大いに関係があるのではないかと思った。 隆次さんが奏でるリズムで食欲は更に増し、味への期待感が高まっていく。
e0038420_0233256.jpg

[M8] SUMMILUX 35/1.4
ヨドバシカメラのレンジファインダーな人達が掲載されscotttsのすべてが...さて撮り手の現実化がここに載せていく写真のイメージにどう影響するだろうか、興味がある。
by scottts | 2011-05-31 00:38 | ヨドバシカメラサイト掲載記事 | Comments(45)
Commented by evecookymama at 2011-05-31 02:12
scotttsさん
そうですね。料理を作る時は時折「リズム」を感じますね。
これから関西のおうちでは、この「鱧」が登場してきます。これだけは
上手な職人さんがいるお店で「ほね切り」をしていただかないと大変です。
ヨドバシカメラ・・とても興味があります。すべて・・とは?(フ、フ・・)
Commented by pretty-bacchus at 2011-05-31 02:13
フォワグラの次は鱧! それのあの名店ですか!
すばらしいご滞在だったのですね。

Commented by pretty-bacchus at 2011-05-31 02:19
「レンジファインダーな人達」第一回を拝見しました。
素晴らしい企画と編集ですね!
ますますファンが増えることでしょうね、、、、。
更なるご活躍をお祈りいたします。

Commented by scottts at 2011-05-31 02:33
eveさん、やはりリズムがあるんですね。鱧は関西でも人気がある旬の食材ですよね。ほね切りは特別な技なんですね。香ばしく焼いた鱧のにぎりなんか大好きです。
ヨドバシカメラ、まな板の上に乗ったわたしです、お好きなように料理してください^^。

Commented by scottts at 2011-05-31 02:37
pretty-bacchusさん、見ていただきましたか、ありがとうございます。
いっぱいさらけ出しましたね、でもまだ秘密がありますから、それは次の機会に^^。
Commented by k7003 at 2011-05-31 03:58
なんというご縁だったんでしょう!!!! Lode Runner こそボクの後半生(京都から神戸へ)の記念碑だったのです。ライフル、ブラ2、M5・・・と、もう言葉に絶しています。これにメルクリンと河内の鮒池が加われば、もう、ぼくは、悶絶してしまいます。今夜は眠れません。(^_-)-☆
Commented by k7003 at 2011-05-31 04:06
追記:
すばらしい編集者を得て、幸せですね。
ボク自身、そうだった昔を思い出しています。講談社の鷲尾さんと御一緒に世に出た幸せを。
人生、イイですね。うれし。
掟やぶりのコメント、ごめんなさい。もう寝るっきゃない!!!!
Commented by scottts at 2011-05-31 04:31
NKさん、Lode Runnerファンとは知りませんでした。とてもうれしいです。いろいろな接点がありますね。人生、面白いですね^^。
Commented by scottts at 2011-05-31 04:33
NKさん、ありがとうございます。今後どのようにシリアスにカメラに関わっていくかは全く計画もありませんが、
先ずは楽しければいいと思っています。よろしくお願いしますね、先輩!
Commented by sa55z at 2011-05-31 06:24
どっきゃー!!!
こんな素敵な方と、コメでお話しさせて頂いていたんですね!感激。
Commented by bell73221 at 2011-05-31 08:56
scotttsさん
私の人生に彩りを与えてくれるすばらしい人なのですね、ありがとうございます。
Commented by scottts at 2011-05-31 09:51
sa55zさん、ありがとうございます。でもそんないいもんでもないですよ。もう化けの皮がはがれているでしょう^^。
Commented by scottts at 2011-05-31 09:53
bellさん、そうですか、そんなすばらしい役目を担えるんでしたら、
とてもうれしいことですよ^^。
Commented by yoshipass at 2011-05-31 10:02
Scotttsさんの写真のんたんさんのブログからだったと思います。素敵な写真をとられる方だなと思っていましたが、ご本人にお会いできた時、やっぱりご本人も素敵でカッコイイと思いました。そして、記事を拝読して、うわぁ、! 人生も烈しくカッコイイんだ!と、仰天しました。これからも楽しみにはいけんします。
Commented by minton at 2011-05-31 15:28 x
ロードランナーは母が大好きでした。
もう20年前に亡くなりましたが、棺に入れました。

サイトを拝見しました。
驚きよりも納得。ああ、こういう方だったのかと再認識しました。
この写真にも、リズムが感じられますよね。
Commented by bishamonjuku at 2011-05-31 17:29
ごきげんよう、塾長です。
昨日夫婦で訪れた料亭の厨房でも小気味良い音で魚や烏賊を捌いていたことでしょう。
写真もそんなリズムで撮れたらよいのにといつも思っています。
サイトを拝見いたしました。尚一層精進します。
Commented by sofia at 2011-05-31 18:51 x
拝見しました。格好いい~~~~。(*´ー`*)
あまりにすごい方なので、気後れしてしまいました・・。

でもScotttsさんの撮られる写真の雰囲気と
Scotttsさんのプロフィール、なるほど~~~と納得です。
自然体の写真、これからも見せてください^^。

Commented by tullyz2 at 2011-05-31 19:43
今日の写真、いいですねぇ。職人の仕事ぶりが球面ズミで絶妙に表現されています。
RANGEFINDER、読みましたよ。あらためて大きな写真を拝見するとブログで見たときの
感動が蘇ってきます。それにしても生き方がかっこいいですね^^
お料理までなさるんですね。シアトルも素敵な町ですが、そこで暮らすscotttsさんが
また素敵です^^
Commented by speedstar-dhy at 2011-05-31 20:42
いい写真ですね。構図も素敵です。
その場の雰囲気が良く感じられるような、透き通った空間のようです。レンジファインダーサイト拝見致しました。
読み応えのある記事、素晴らしい写真の数々に感動しました。
ひとこと、scotttsさんかっこよすぎです(*^_^*)。
Commented by 楽書家・岐葉 at 2011-05-31 20:52 x
先日、私のホームページに書き込んでくださいまして、ありがとうございました。感激です!自分のホームページの方にお返事コメントさせていただきましたので、お時間ある時にご覧くださいますと、嬉しいです。この写真、かっこよくていつまでも眺めていたくなります。私の書、飾っていただいてありますね。恐縮です。これからも、魂こめて書いていきます!
Commented by Hologon158 at 2011-05-31 21:44
「レンジファインダーな人達」拝見しました。
scotttsさんの人生も素晴らしければ、
掲載された写真も、まさにscotttsさんでなければ撮れない、
節度と品格に満ちたものばかり。
これから、さらに豊かな人生を歩んで行かれることを予感させる、
素敵な企画でした。
これまで拝見してきた写真の数々の背後には、
こんな素敵な人物がおいでになったのですね。
a1photoさんや新潟のブロガーのみなさんが、
とにかく別格なんだとおっしゃっていた理由がよく分かりました。
これから写真を拝見するのが、ますます楽しみになりました。
Commented by tad64 at 2011-05-31 22:18
スコットさん鱧料理に続いて「レンジファインダーな人達」を拝見してもう懐かしい写真でうるうる来ちゃいました!
もう一度ゆっくり読ませていただきますね。兎に角一言カキコしたくて・・・
Commented by hishiayame at 2011-05-31 22:42
こんばんは。
見ました!何度も何度も!読みました!^^
待ちに待ったんですから〜。

Kさんの取材でもありウキウキ拝見させて頂きました。

しかし、
ブログを通してこんな素晴らしい方(大先輩)と繋がらせて頂いていたとは・・・。恐縮致します。
(今ブログで繋がらせて頂いているみなさんもそうに違いない)

Scottさんのシューティングされた写真。
その絵を通して「音」や「音楽」も目の奥で聴こえていたから
心に響いていたのですね。
Commented by trial05 at 2011-05-31 23:44
オヒサでした。
告知されてた「レンジファインダーな人達」、まだかと心待ちにしておりましたッ!
読み応えのある記事内容でしたが、「・・・やっぱり!!」 てな印象でしたよ。^^:
記念すべき第1回目に相応しい人を選んだ記者の方も、見覚えがあるような・・・^m^
Scottさんというお人にスポットを当てた意味もうなずけます!
お写真もさながら お人柄に魅せられているワタシでしたン♪ 
Commented by scottts at 2011-06-01 04:04
Yoshiさん、そうでしたねえ。雪の新潟もとても懐かしいです。寒風が吹きすさぶ日本海の風景が目に浮かびます。
有り難うございます。残る人生はできるだけ穏やかに渡っていきたいと思っていますよ。
Commented by scottts at 2011-06-01 04:08
mintonさん、お母様がロードランナーファンだったのですね。次の世界へも一緒にとは、感激です。
纏まりの人生を読んでいただいたのですね。ありがとうございます。そして納得とはうれしいお言葉ですよ。
Commented by scottts at 2011-06-01 04:10
塾長さん、こんにちは。そうですね、一度そのすばらしい料理の厨房を撮って下さい。
結果はともあれ楽しんで精進して下さいね。
Commented by scottts at 2011-06-01 04:14
sofiaさん、ありがとうございます。でももう体のあちこちがごきごきぎしぎしと音をたてていますよ。
あ、それもメロディのうちですね^^。私のプロフィールと写真とが一致しているとはうれしいお言葉ですよ。
Commented by scottts at 2011-06-01 04:21
tullyz2さん、ありがとうございます。よだれを垂らしそうになりながら撮ったのが良かったかもしれませんね^^。とりとめのない生き方をしてきましたが、
そう言っていただくと、それもいいのかなと安心します。「料理をする」というほどのものではないのですが、焼く程度でしたら^^。
Commented by scottts at 2011-06-01 04:30
speedstar-dhyさん、写真、これでよかったですか、ありがとうございます。長い記事を読んでいただいたようですね、略歴は読んでいても
混乱してきますよねえ^^ディスクローズしすぎたかなと思ってます、でもポジティブに受けとって下さったのでしたら幸いです。
Commented by scottts at 2011-06-01 04:34
岐葉さん、この写真の「隆次」に書ともう一枚見ましたよ。隆次さんと書の話をして、お名前をいただきました。
心のこもったいろいろな書を見せていただきます。ありがとうございます。
Commented by scottts at 2011-06-01 05:07
Hologon158さん、ありがとうございます。私のプロフィールが写真の背景に見えるのでしたら大変うれしいことです。
これからの人生と写真の関わりがどのように歩んでいくのか私も想像つかないところですが、無理をせず両者が気楽に楽しめるようにと思っています。
Commented by scottts at 2011-06-01 05:09
タッドさん、ありがとうございます。いろいろオープンしてしまいました。さてどうなりますことやら。
シアトルの風景は懐かしく思われるでしょうねえ。また時間を作って訪ねてきてください。
Commented by scottts at 2011-06-01 05:20
hishiayameさん、こんにちは。じっくり読んでいただいたのですね、ややこしいでしょう、ありがとうございます。Kさんのお上手なインタビューで
なにもかもオープン^^。大先輩と言われると少々恥ずかしいです。普段は特に深い考えで撮っていないのですが、問いかけられると、自分の内面はこういうことかなあと思いました。
Commented by scottts at 2011-06-01 05:28
trialさん、どうもでした。大体こんなのかなと印象を持っていただいていたのですね。ふたを開けてエーっと驚かれなくてよかったですよ^^。
この企画のスタートに自分が登場するのは??と暫し返事を躊躇しましたが、むしろ行き当たりばったり人生の紹介は面白いかなと思いました。
Commented by yuki at 2011-06-01 21:34 x
scottts さん、こんばんは。
 「R・F な人達」 興味深く読ませていただきました。
   感無量です。    他に言葉がありません。
Commented by でか at 2011-06-01 23:02 x
レンジファインダーな人達、拝見しました(^^)
もう~ますますファンになります。
かっこいい生き方が素晴らしい写真の骨太なバックボーンになってるんですね。
インタビュアーの方の記事も写真も素晴らしく、
一息に読み切ってしまいました。
Commented by scottts at 2011-06-02 00:57
yukiさん、おはようございます。ありがとうございます。
いろいろやってきました。 またたつみ橋で会いましょうね^^。
Commented by scottts at 2011-06-02 01:00
でかさん、見ていただいたんですね、ありがとうございます。
そんな雑多な人生が写真に反映しているとすればうれしいのですが、どうなんでしょう。
Commented by thejetmole at 2011-06-02 01:49
scotttsさん
自分で想像していた以上のお方でした
状況が変化しても、自分の軸がズレない、男から見ても、カッコいいですね

M5とワルサーP38 確かに相通じる所が有りますね、スライド部品なんか
PPKが女性的であるのに対して、P38は男性的に思えます(もちろん本物は、見た事がないのですが)
一番手前、戦前のワルサーですか?
Commented by scottts at 2011-06-02 15:36
thjetmoleさん、いろいろやってきましたが、そしてアメリカまで来てしまいましたが、まだ進行中なんです。ありがとうございます。
PPKは携帯用として興味があります。手前のはMICRO DESERT EAGLEでポケット拳銃です。
Commented by molsheim at 2011-06-02 18:17
おっ~
出遅れた^^;すごーい!
創造通りのナイスガイ
Commented by scottts at 2011-06-03 01:46
molsheimさん、ありがとうございます。
でも今後どんな皮がはがれていくでしょうね^^。
Commented by kazu-m at 2011-06-03 21:26 x
レンジファインダーな人達、読ませていただきました。
コメントさせていただいてまだ日は浅いですが、いつもの写真達のバックボーンに触れられて興奮してます。
馴染みのゲームが出て来て、親近感も湧いてしまいました^^
この料理人の写真の格好良さ。
今までの経験があればこそ撮れたショットなんですね。
これからの写真を拝見させていただくのが、ますます楽しみです。
Commented by scottts at 2011-06-04 01:34
kazu-mさん、ありがとうございます。読んでいただいてありがとうございます。カメラの後ろにある姿が現れて、写真のイメージも変わるのかと思いましたが、
それはそれということで落ち着きそうです。ゲームでkazu-mさんとも昔からつながってたのですね^^。料理は焼くだけですし^^。人生経験が写真に反映すればいいのですねえ。
<< 和の彩り 日本 飾り窓 日本 >>