Vol.45です。

ご無沙汰しました。日本は猛暑が続いているんですってね。体調にお気をつけください。こちらも例年にない暑さが続いています。こんな時はクーラーに頼らず思い切って外へ出てみるのもいいですね。

The Wind from Seattle Vol.45

フォトヨドバシもどうぞ
by Scottts | 2015-08-06 15:20 | ヨドバシカメラサイト掲載記事 | Comments(24)
Commented by tullyz1 at 2015-08-06 20:52
1枚目、涼しげでいいですねぇ。日本は暑くてたまりません。
ファンタジー小説、scotttsさんも応援する人がいるんですね。
私もクラフト作家さんやイラストレータさんで応援する人がいます。
タンバールの画はは相変わらず衝撃的ですね。すばらしいです。
たまには潔くタンバールだけで出かけてみようかなんて思いました。
Commented by Scottts at 2015-08-07 08:18
こちらは暑いといっても日本ほどではないでしょうから、不満をいってはいけませんね。日本の本エージェントや出版社も訪ね回ったのですが、まだいい話はありません。
タンバールは他のレンズとはちがう面白さがありますよね。最近はヘクターの135mmをよく使ってます。色づきが浅く水彩画的な感じがでて、結構気に入ってます。
Commented by cobag2 at 2015-08-07 09:16
お暑うございます、
さっそく拝見致しました^^
いつもながらの多才なレンズワークにこれまたいつもの様に
見入ってしまいました。
scottts さん独特の色使いが今回も際立って魅了されます。
そちらの暑さはは如何ですか?
お身体ご慈愛のほどを!
Commented by Scottts at 2015-08-08 03:25
cobagさん、そちらは特に猛暑とのこと、体調にお気をつけくださいね。ありがとうございます。今日こちらは26℃くらいです。
暑い夏は心身がだれて写真を撮ろうという積極的な意思はないのですが、カメラを持っていればレンズを向けたいシーンはあるものですね。
Commented at 2015-08-08 04:00
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Scottts at 2015-08-08 07:48
鍵コメさん、ありがとうございます。大丈夫です。
その暑さが続くのは本当にまいりますね。そしてクーラーで体を冷やしすぎることになりますよね。お気を付け下さいね。
Commented by chura-photo at 2015-08-08 08:19
最初のショットに池の鴨、涼をいただきました^^
日本では今日(8月8日)は立秋です。

くそ暑い京都ですが、まだまだ忍の一字。
頑張ります(笑)
Commented by izumi-suzuki at 2015-08-08 14:06
スコットさん、お帰りなさい。ず〜〜っと首を長くしてお待ちしていました。

シアトルの水辺の風景はまるで小説を読んでいるように、私にたくさんのことを語りかけてくれました。水辺の風の清々しさ、カモ達ののどかな鳴き声、草の香り、風の音、涼やかな風の中で誰かが囁く声も・・・
写真は目の前のものを切り取るだけでなく、たくさんの物語を心の中に呼び起こしてくれるのですね。

古い工具達、私も素敵だなって思いましたよ!! ( 一応、女性だけど・・( 笑 ) ) 使い込まれた金属の鈍い輝きや、少し錆びついて古びた様子とか、なんだかすごくダンディな感じ。 ロマンチックな写真だなぁって思いました
Commented by Scottts at 2015-08-08 15:33
chura-photoさん、猛暑の最中でも立秋なんですね。そんなに暑いと秋が待ち遠しいでしょう。
京都は夏の美味しい料理がいろいろありますよね。鱧料理なんていいですねえ。いっぱい食べて頑張って下さい。
Commented by Scottts at 2015-08-08 15:37
izumiさん、はい、ただいま。ありがとうございます。これから秋にかけて風景の色彩も豊かで自然が楽しめる時期です。
そうなんですか、あの工具の粋なところ、お分かりなんですねえ。それは失礼しました。izumiさんのパンチでしたか。ロマンチックという表現はいいですね。
Commented by tad64 at 2015-08-09 11:57
スコットさん、ご無沙汰しておりました♪
お元気そうで何よりです。でも今年は世界各地で猛暑日が続き大変な夏になりましたね。
でもスコットさんの水辺の写真を見て爽やかな気持ちにさせて頂きました!(ありがとう)
ワシントン大学の湖は知ってますがカヌー遊びが出来るなんて知りませんでした。
親ちゃんを誘ってあげてください、きっと気に入られるかと思いますよ♪
Commented by Scottts at 2015-08-10 15:49
タッドさん、こちらこそご無沙汰です。ありがとうございます。日本もすごい異常に暑い日が来ていると聞いています。
いかがお過ごしでしょうか。湖の水の冷たさと景色は暑さに緩んだ体をリフレッシュさせてくれます。そうですね、きっと喜ばれると思いますよ。
Commented by fusami at 2015-08-10 17:55 x
お久しぶりです。
日本も猛暑が続いておりますが、スコットさんの写真に涼を頂きました。
夏の水辺の風景はいいですよね
私も先日 琵琶湖の花火大会に行き、涼しい風のふく湖面の花火に魅了されました。
Commented by Scottts at 2015-08-11 02:10
fusamiさん、お元気のことと思います。そちらの暑さは聞いております。お体をお気をつけくださいね。夏はやはり「水」に引かれますね。
しかし日本の花火はすばらしいですね。情緒もありアートもあり、こちらの丸であろうが歪であろうが、光の輪が開くだけのとはちがいます。また見たいものです。
Commented by minton at 2015-08-12 12:00 x
いつもながら人物と会話してパシャっと撮影しているscotttsさんの姿が浮かびました。
2台持って撮影ということ。これ最近僕も考えています。
レンズを取り換えて1台というより2台を持つことはいいように考えています。
そういえばひさしぶりにM8が登場していました。どの道具でもscotttsさんの世界はそのままですね。
Commented by Scottts at 2015-08-13 04:28
mintonさん、最近は状況次第ですけどそんな人物の撮り方をすることが多くなってきました。レンズ交換でタイミングを逃すことが多く
どうしても2台ぶら下げてしまいます。望遠を1台持ちたいですしね。M8はより望遠にという思いで持ちます。3台の時にあります。

Commented by Jimmy at 2015-08-13 12:38 x
シアトルも随分暑いようですね、それでも30℃を越える程度とは羨ましいです。
お元気でお過ごしのご様子なによりです。
今回は清々しいショットが何枚か続いたあと、いつものScotttsワールドの優しい
まなざしでの人物ショット、どれも好きです。それに金属の塊も。
M8に135mmのヘクトールを付けてサブで持たれるアイデア頂きます。でも、ライカ
の最長レンズは90mmしかないし、ボディーはフルサイズですから後でトリミング
ってことになるでしょうか。
Commented at 2015-08-13 22:44
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Scottts at 2015-08-14 11:47
Jimmyさん、今は30℃を切ってますが、まだまだ夏天気です。ありがとうございます。相変わらずで過ごしています。暑いと神経がぴりっとこなく被写体からうける感度も、
カメラ扱いの動作も鈍くなりますね。フルサイズ90mmで、構図によって必要であればトリミングも全く問題ないと思いますよ。好みの絵になればそれでいいですね。
Commented by Scottts at 2015-08-14 11:52
鍵コメさん、こちらこそご無沙汰です。ありがとうございます。最近は望遠で撮ることも楽しんでいます。ヘクトールの絵は色が浅いですが、それも個性ですね。
いろいろな画角で撮りながら新鮮な気持ちを持ち続けたいと思います。そうですか、またお訪ねしますね。日本の暑さは北から南まですごいんですってね。お気をつけください。
Commented by Jun at 2015-08-23 00:29 x
シアトルの水辺はこんなに素敵なのですね。
海も湖もすぐ近くにあるのは羨ましいです!
もっと両方を楽しめば良かったと後悔してます・・・
Commented by Scottts at 2015-08-25 03:33
Junさん、そうですね。周辺が水に囲まれていることはとても気持ちが潤います。生活の便利さは日本の方が断然有利なので、うらやましいです。
結局無い物ねだりなのでしょうか。こちら半分、日本半分で住めればいいですよね。いやいや日本とアメリカのどこかとヨーロッパのどこかと3分の1ずつがいいですね。
Commented by k7003 at 2015-08-27 06:21
バシッ、イテ〜、、、がイイネ(^_-)
Commented by Scottts at 2015-08-29 04:29
ビンタ覚悟の言葉でした、両頬が真っ赤になりました。
<< 真夏 暑中お見舞い申しあげます。 >>