静穏なひととき

e0038420_0131115.jpg

R-D1s / Thambar 90mm f2.2
by scottts | 2007-06-01 00:14 | Thambar 90/2.2 | Comments(10)
Commented by nontan91 at 2007-06-01 00:47
う~、R-D1sにタンバール!
なんと神秘的な写りでしょう!!
凄いですね~後ろもつぶれず、手前も飛ばず、しっかり描写されているのに
柔らかい。まるでこのカメラのために作られたようです^^
しかし。この色と光線の具合のいいところをとらえましたね~
後ろの建物が、一瞬鎮守の森の神社のように見えました(笑)
Commented by Scottts at 2007-06-01 05:43
のんたんさん、有り難うございます。
タンバールが合っているようでとりあえずホッとしています。
結構しぼっていますが(といっても4.5くらい)描写はまだ柔らかいですね。
あの神社は民家です。
Commented by tad64 at 2007-06-01 10:38
タイトルそのものですね、なんとも素敵で癒される写真だ!
nontanさんの様な技術的なことは分かりませんが、この写真はどなたが見られても
心休まるのではないでしょうか。私には真似できない感性とテクニックですね。
光が一瞬差し込んだのでしょうか? この瞬間を待たれたのか、それとも偶然出会われたのか???
カメラアイなくしては捉えることの出来ない作品ですよね!
Commented by Jun at 2007-06-01 22:24 x
日本でお買いになったカメラが活躍しているのですね。
このゴルフ場はサハリでしょうか?私が昔だふって
土ばかり掘っていたゴルフ場に、こんな静かな時間が
流れている・・・・素敵です。
Commented by qjo-s-koshi at 2007-06-02 00:28
芝が・・・まるで柔らかなビロードのよう・・・
タンバールって本当に不思議なレンズですね~。
民家の住人はまだ眠っているのでしょうか・・・
ゆっくりと散歩して・・・早朝の休日を楽しむScotttsさんを想像するのですが・・・
う~ん、、それともゴルフにこられたのでしょうか?(^^)
Commented by Scottts at 2007-06-02 03:25
タッドさん、おほめのお言葉ありがとうございます。
ここでディナーをしての帰り道でコースを少し歩いていましたらこのような
場面に出会いました。まだレンズのテスト撮りのようなつもりでしたが、
思ったよりうまくいきました。
Commented by Scottts at 2007-06-02 03:31
Junさん、取りあえずせっせと使っています。そうです、ここは
サハリC.C.ですよ。フェアウエイのあちこちにある穴はモグラ君の
作業のあとだと思っていましたが、Junさんの努力のあとだったの
ですね。
有り難うございます。午後8時半頃ですが、もうプレーヤーもいなくて
静かなひとときでした。
Commented by Scottts at 2007-06-02 03:39
qjo-s-koshiさん、タンバールのボケ方は時としてこのようにふんわりと
柔らかく見せてくれます。まだ写り方の一定の法則が分かっていませんが、
楽しいレンズです。ここはゴルフコースでクラブハウスで夕食を終え、
午後8時半頃陽がほとんど落ちる前ですが、早朝のようにも
見えますね。民家の人も夕食を終わって家族とゆっくり過ごしている
時間と見受けられますね。
Commented by yoshipass at 2007-06-02 07:32
おはようございます!
タンバールもすごいですが、
光の入り方がたまらないですね・・・
すかさずシャッターを切るScotttsさんの感性が、
それ以上にすばらしい!
Commented by Scottts at 2007-06-02 08:00
Yoshi-Aさん、こんにちは!朝は早いんですね。
有り難うございます!オンラインで注文した中古の
135mmビューファインダーがまだ届いてないので、アバウトで撮って
フレームをLCDで確認しながらの一枚です。(こんな時はR-D1は
便利ですね。)
光の効果はYoshi-Aさんやのんたんさんから学ばせていただいて
います。
<< おしゃべりに夢中の奥様方 洋々たるかな悠久の流れ >>