カテゴリ:SUMMILUX 35/1.4( 464 )

白バラ

プレゼントでいただいた一本一本を感謝の気持ちを込めて花瓶に生ける時、贈られたこの「白」の意味は、自分の単に継続しつつある人生に安住せず、更に未知の色ずけをしていく行動を起こすことを期待されているように感じた。
e0038420_11573296.jpg
[M Monochrom]


by Scottts | 2019-01-21 12:39 | SUMMILUX 35/1.4

都会の香り

パイオニアスクエア(Pioneer Square)はシアトルの発祥の地だ。今でも19世紀後半に建てられたレンガ造りの建物が多く残っている。アートギャラリーやカフェ、レストランなどあっておしゃれなエリアだ。しかし少し外れると特に夜などは危険な地区でもある。これらが交わった独特な雰囲気が自分が思う「都会」を感じさせるのだろうか、写真をよく撮ることがあるプラタナス通りもここにある。

その「少し外れた」雨上がりのストリートを歩いていると、後ろからコツコツと靴の音を響かせた男がマリファナの匂いを残して追い越して行った。皮のハットに左肘は汚れ、少し生地がほつれている黒いコートを着てだらしなくバッグを手に提げていた。何となく彼を撮りたくなってカメラを構えた時、若い男が車道を小走りに駆け抜けたので咄嗟に右へ移動した。彼が(麻薬の入った)バッグを強奪するため振り向きざまにハットの男を銃撃する延長線にいないようにしたのだ。

近くのカフェに入って苦いエスプレッソを飲みながら、カメラのファインダーを覗き撮る一コマにストーリーを想像するといっても、もっとのどかな場面を選べないものかと新年早々思ったものだ。
e0038420_05154768.jpg
[M Monochrom]

by Scottts | 2019-01-14 10:33 | SUMMILUX 35/1.4

抱負

77歳は喜寿といって長寿を喜ぶ言葉だそうだ。その年を迎えた喜びの大きな実感はないが、胸に手を当てて自分を見つめてみると、今でもほぼ満足な五感を保ち平和に暮らしていけている、このような宿命に巡り会うことができた自分は本当に幸せなんだという気持ちが湧いてくる。この写真は3年前に撮ったものだが好きで再々取り出して眺めている。この優しく遠慮がちな、しかし芯のある光り方が何とも心に響いてきて、よし自分も喜びのともし火をこのように絶やさず持ち続けていこうと。これが自分の2019年の抱負だ。
e0038420_08193050.jpg
[M9-P]


by Scottts | 2019-01-10 08:30 | SUMMILUX 35/1.4 | Comments(14)

パラマウント劇場の二人

e0038420_08514492.jpg
[M8]


by Scottts | 2018-12-03 09:03 | SUMMILUX 35/1.4

パイクプレースマーケットにて

市場で買い物ってのは思わず気持ちが開いちゃって笑顔になってしまうんだ。
e0038420_12334194.jpg
[M9-P]

by Scottts | 2018-11-21 14:17 | SUMMILUX 35/1.4

秋の光

弁当を買ってきて友と語りながらひとときを楽しんでいるのだろう。ぐっと冷え込んできたから日向ぼっこができる場所でランチなんていいな。
e0038420_06530299.jpg
[M8]




by Scottts | 2018-11-12 07:46 | SUMMILUX 35/1.4

Lake Sammamish にて

今はレイニーシーズンに入ってぐっと寒くなったけど、ほんの一ヶ月前はこんな日が続いたっけ。季節の変化っておもしろい。
e0038420_11224566.jpg
[M9-P]


by Scottts | 2018-10-29 11:25 | SUMMILUX 35/1.4

あの日 - Lake Union

e0038420_07533763.jpg
[M8]

by Scottts | 2018-10-26 07:55 | SUMMILUX 35/1.4

予感

e0038420_13022950.jpg
[M9-P]

by Scottts | 2018-09-21 13:04 | SUMMILUX 35/1.4

ぴりっっっとオレンジピールが効いていそうなベルジャンホワイトビール


e0038420_08132508.jpg
[M9-P]


by Scottts | 2018-08-14 08:14 | SUMMILUX 35/1.4