カテゴリ:SUMMILUX 35/1.4( 472 )

a quiet lunch

ウイークデイはいつも仕事仲間や友人とランチをする。でも時には一人で郊外のあまり知られてないレストランへ遅めに行く。ゆっくりと自分のペースで食事ができるし、時間をかけてもほっといてくれるので静かにランチタイムを楽しむ。初夏の雨が降りそうな少し暗い日がいいんだ。
e0038420_07353348.jpg
[M8]

by Scottts | 2019-07-12 07:53 | SUMMILUX 35/1.4

her eyes

e0038420_07173583.jpg
[M8]


by Scottts | 2019-03-29 07:19 | SUMMILUX 35/1.4

それぞれの人生

今、彼女の心は青春を過ごしたシュトゥットガルトのぶどう畑やライプツィッヒの菩提樹の下にある。
e0038420_10433742.jpg
[M8}



by Scottts | 2019-02-25 10:52 | SUMMILUX 35/1.4

西を望む 東京新宿

今回の10泊は新たな出会い、友との再会、仕事など実り多い旅だった。ありがとう。
e0038420_07495233.jpg
[M8}

by Scottts | 2019-02-19 07:56 | SUMMILUX 35/1.4

Spring breeze in extremely cold Tokyo

e0038420_07442103.jpg
[M8]

by Scottts | 2019-02-11 08:31 | SUMMILUX 35/1.4

銀座はにぎやかだワン。は、はいご主人さま。

e0038420_15434353.jpg
[M8]


by Scottts | 2019-02-08 15:45 | SUMMILUX 35/1.4

真冬の銀座、春のような輝く陽気についつい下りてきてしまったかぐや姫

e0038420_22320913.jpg
[M8]

by Scottts | 2019-02-04 22:37 | SUMMILUX 35/1.4

Hello Tokyo! Hello Scott!

e0038420_23370231.jpg
[M8]


by Scottts | 2019-02-02 23:38 | SUMMILUX 35/1.4

白バラ

プレゼントでいただいた一本一本を感謝の気持ちを込めて花瓶に生ける時、贈られたこの「白」の意味は、自分の単に継続しつつある人生に安住せず、更に未知の色ずけをしていく行動を起こすことを期待されているように感じた。
e0038420_11573296.jpg
[M Monochrom]


by Scottts | 2019-01-21 12:39 | SUMMILUX 35/1.4

都会の香り

パイオニアスクエア(Pioneer Square)はシアトルの発祥の地だ。今でも19世紀後半に建てられたレンガ造りの建物が多く残っている。アートギャラリーやカフェ、レストランなどあっておしゃれなエリアだ。しかし少し外れると特に夜などは危険な地区でもある。これらが交わった独特な雰囲気が自分が思う「都会」を感じさせるのだろうか、写真をよく撮ることがあるプラタナス通りもここにある。

その「少し外れた」雨上がりのストリートを歩いていると、後ろからコツコツと靴の音を響かせた男がマリファナの匂いを残して追い越して行った。皮のハットに左肘は汚れ、少し生地がほつれている黒いコートを着てだらしなくバッグを手に提げていた。何となく彼を撮りたくなってカメラを構えた時、若い男が車道を小走りに駆け抜けたので咄嗟に右へ移動した。彼が(麻薬の入った)バッグを強奪するため振り向きざまにハットの男を銃撃する延長線にいないようにしたのだ。

近くのカフェに入って苦いエスプレッソを飲みながら、カメラのファインダーを覗き撮る一コマにストーリーを想像するといっても、もっとのどかな場面を選べないものかと新年早々思ったものだ。
e0038420_05154768.jpg
[M Monochrom]

by Scottts | 2019-01-14 10:33 | SUMMILUX 35/1.4